YASUHIRO  独り言  

        山と医療の本音トーク

Homeへ

7月1日(金)

今日は白山の夏山開き、今朝は多くの登山者が御来光を楽しんだ事だろう.仕事前に行けない事もなかったが一昨日行ったばかりなのでいいだろう.

さて大汝峰と七倉山の鞍部に御手水鉢と言う名所がある.この水は巨岩の凹みに空中の水分が凝縮して溜り、毎日補給されるため好天続きでも枯れることはないと云われる。昔加賀禅定道を歩いて来た登山者は白山を目の前にしてここで手を清めて登頂したと云われている.

先日の山行でも水は滔々と今にも溢れるくらい溜まっていた.今年の三月に訪れた際にも水は溜まっておりこの時は凍り付いていた.やはり年中枯れないと言うのは本当の事のようだ.


6月30日(木)

昨日は貴重な梅雨の晴れ間を白山で息抜き出来てよかった.山頂から新岩間温泉までは誰にも会う事は無く貸し切りであった.かみさんは朝まで別当出合で車中泊して朝10時に新岩間温泉に移動して迎えに来てもらう作戦だったので御前峰からはかなりペースを上げてダッシュで下って行った.今年は雪解けが早くてもうアブが出て来て、少しでも立ち止まるともう大変,あっという間にアブに囲まれて刺されまくりとなるからアブを追い払う様にガンガン下りて9時過ぎには車道に合流した。

かみさんと合流して杉ノ子温泉で汗を流して近くの花川に寄ったのが午前11時、ちょうど店が開いたところで奥さんとマスターに挨拶しておいしいそばを頂いた.かみさんに運転してもらったので僕はビールを飲んでおいしいそばを頂いて今日も本当に生きててよかった状態だった.単独だとビールは飲めないがかみさんがいると大助かりである.

昨日の道のり

付け出しと冷えたビール、登山後のビールは格別

山菜たぬきそばも美味しかった

僕の定番 キノコそば


6月29日(水)

梅雨の晴れ間、午前中なら雨は降らないと言うことで速攻で白山縦走路に出掛ける事にした。縦走路の場合登山口と下山口は異なるので今日もかみさんに一肌脱いでもらった.日頃の行いが良いとこういう時でも協力してもらえると言うものだ.

前夜仕事を終え別当出合に向かう。もちろん晩飯はかみさんにお寿司をご馳走する.ケチってはいけない。夜9時過ぎ別当出合に着いて車中泊、深夜2時に目覚ましを合わせていたが1時過ぎに目が覚めた.二度寝もなんなんで仕度をして深夜2時に別当出合をスタート.月がボンヤリ見える、蒸し暑い、汗をかかないペースで登って行く.甚ノ助小屋は誰もいなかった.

黒ボコを過ぎてもまだ暗い、室堂に着いて日の出時間を確認してしばらく時間調節した.ラスト山頂へ、奥社に着くと登山者一団がロウソクに灯をともして祈祷していた.僕ももちろん色々祈祷した。風も無く視界も良好、今日も来てよかった.

一服すると大汝へ向かう.ここは貸し切りだった.折角だから大汝の奥社でもお参りした。さあ北へ進路を取り楽々新道から岩間温泉へ、高山植物に癒されながらドンドン下りて行く.曇り空で涼しくてよかった.

小桜平避難小屋で休憩してさあガンバ、かみさんには10時に新岩間温泉に迎えを頼んでいる.さすが楽々新道、先日の北縦走路のアップダウンに比べれば楽勝だ.この時期ついにアブも出て来た.立ち止まるとアブに絡まれるので休めない.おかげでペースは上がる。ようやく林道合流、しばらく歩いて新岩間温泉山崎旅館が見えた.かみさんも到着していた.

感謝感謝で車に乗り込み、杉ノ子温泉で汗を流して花川でキノコそばを食べて大満足の一日でした。

2.00 1270m 別当出合発
3.05 2005m 甚の助小屋
4.00 2455m 室堂
4.35 2702m 白山山頂
4.50 2702m 白山山頂発
5.23  2684m  大汝峰
7.38  2006m  小桜平避難小屋
9.23 800m  新岩間温泉

信心深い人たちがお参りしていた

取り敢えず御前峰で

大汝峰登りから

岩間道

新岩間温泉ゴール

詳細な行程・写真記録へ


これ以前は全て消去しました。何を書いたかも覚えていません。

毎日が完全燃焼出来る様な日々を送りたい、人生は長い様で短い。

HOMEへ戻る                 since 2013.6.13