サネカズラ

 今年も赤い果実がたわわに実った。美味しそうに見えるがほとんど無味です。蔓を切ると出る粘液については、昔は整髪料として使ったとか。「和宮様御留」「家」「好色一代男」「古事記」等にも粘液のことは出てきます。拙著「植物生態観察図鑑−おどろき編」(全国農村教育協会)では8頁にわたって解説した。http://mizuaoi.photo-web.cc/023sanekazurasyuusei.htm(ここ)

植物生態観察図鑑 おどろき編 好評販売中!

全国農村教育協会発行の植物生態観察図鑑シリーズ第1弾です。

第2弾 植物生態観察図鑑 ふしぎ編 
   準備中です御期待ください

 オウレンの性型については、植物図鑑では、雌雄異株とか、両性花と雄花とがあるなど、様々な記述があるが、実際の所は「両性花の株、雄株、雌株(希)、両性花と雄花の混ざった株、両性花と雌花の混ざった株(希)」が見られる
 植物図鑑の記述を鵜呑みにするのではなく観察が重要である。
 オウレンの性型についても8ページにわたって詳しく解説。右の画像はオウレンの雌株。
など、どんな類書にもない新情報が192ページに写真607枚で納められています。
 

  価格は2,950円+消費税 です。割引価格でご購入を希望される方は、HP石川の植物の左フレーム「お知らせ」を参考に、著者までご連絡下さい。


 このサイト及び「石川の植物」「mizuaoiの植物記」の全ての写真、文章などの著作権は、引用文・借用画像を除き、mizuaoi(本多郁夫)にあります。著者に無断で転載することはできません。
リンクは自由です。特に承認を求めることは必要ではありませんが、お知らせ頂ければうれしいです。なお、勝手ながら、相互リンクはお受けいたしておりませんので、ご了承下さい。