YASUHIRO  独り言  

医療の本音トーク

Homeへ

4月20日(土)

いよいよ明日は決戦の日、のびのびになっていた剱岳大窓周回である。劔岳を一日で丸ごと楽しめるコースと言うならここが一番であろう。立山川から室堂乗越へ経て室堂に入り剣御前から剣沢の滑降、池の平の登り返しと小黒部谷の滑走さらに大窓に登り返して白萩川を馬場島へ周回する。シーズンに一度は訪れたいコースである。

明日は気温が上がりそうだから服装は気を使う。行動食はどうするか?ちょうど昨日京都観光帰りの患者さんが京銘菓の阿闍梨餅をお土産と持ってきてくれた。阿闍梨餅はもっちりしていて中にあんこが詰まっていて山の行動食にはもってこいである。もうこれだけで十分である。後はゼリーがあれば事足りる。絶好のタイミングで感謝です。

さあ明日はやるしかない。久しぶりに地獄メンバーが6名集合となる。流石にここは外せないだろう。

さあ準備万端 明日は新しい板で行こう

阿闍梨餅 完璧だ!


4月19日(金)

この時期何が怖いかと言うと氷化斜面の滑落である。果たしてこの斜面は安全かどうかの見極めがすべて、不用意に氷化した急斜面にエントリーすると進退窮まって下手すれば滑落となる。先日の剣ヶ峰でピークに立ってさてどこをエントリーするかということになった。できれば山頂から行きたかったが雪が繋がってなく岩が出ていたので直下の写真の場所から最初エントリーしようと思った。

上から見ると雪は氷化していないように見えた。下が見えないような急斜面だったが氷化していなければいけるだろうと思った。しかし名人は首を縦に振らなかった。名人は氷化しているから絶対ダメだと言う、一段下がった場所でなおかつ自分がアイゼンで歩いて氷化していないか確認すると言った。実際アイゼンで斜面に入ると見た目とは違って氷化していた。

更に名人はもう一段下がってアイゼンで歩いて氷化していない場所を見つけてここなら大丈夫だと言った。エライ慎重な姿勢に正直びっくりした。大丈夫だと思った場所でも少し滑ると氷化していてここの切り抜けはかなり慎重に横滑りした。たぶん最初にエントリーしようとした急斜面に入ったら滑落必須だった。入らなくてよかったと安堵した。

自分も名人もこれまでエクストリーム滑降を繰り返してかなりヤバイ目にあっている。その反省から今や名人は慎重し過ぎるくらい慎重だ。僕が行けると言っても彼は自分が納得しなければ絶対追随しない。大体意見が異なると自分もより慎重なことを言う名人に従うことにしている。

山というのはどれだけ慎重にし過ぎても絶対安全ということはない。一瞬の判断ミスが死に繋がる怖い世界である。

あの場所からエントリーしなくて良かった、山スキーは安全第一!


4月18日(木)

お花松原や中宮道から一番存在感を持って眺められるのは剣ヶ峰である。白山の最高峰は御前峰で次は大汝峰そして剣ヶ峰は三番目である。無雪期の剣ヶ峰は登山禁止になっているので登るならこの時期しかない。白山に何百回と行っている自分だが剣ヶ峰から滑降したことは一度もなかった。

昨年は大汝峰から北面を地獄谷へ滑りそして昨日は剣ヶ峰から東面を滑降してようやく白山三山をすべて滑ったことになる。ただの自己満足に過ぎないが嬉しい。お花松原から見上げる剣ヶ峰は中々の急斜面である。昨日上から見ると雪は緩んでいるように見えたが実際はカチカチだった。エッジはキンキンなので安心感はあったがそれでももし滑落すればお花松原まで高度差400mのボブスレーになりただでは済まないのでかなり慎重になった。

それでも少し下ればパウダーも残っていて終わってみればマンダムでした。同じコースを行く場合何か新しい付加価値がないかといつも考えている。

無事帰還できますように

剣ヶ峰からお花松原へ

高度感抜群

パウもあるでよ


4月17日(水)

今日は絶好の登山日和、久しぶりだ。オートルートワンディをやりたかったが名人の強い希望で白山東面周回を行うことにした。何か新しいコースを開拓しようと東面台地から御前峰ではなく剣が峰を目指してここからお花松原へドーンと滑降、中宮道をワリ谷まで滑り左俣から大白川林道へ滑り込んで周回することにした。

深夜1時平瀬ゲート発と約束した。10日前に東面台地へ行った時は林道は除雪がまだで大荒れだったが今日はどうだろうか、深夜23時に自宅を出て0時過ぎにゲートに着くと名人も支度をしていた。名人より5分早くチャリスタート、林道はきれいに整備されていて倒木や大きな石は皆無だった。チャリ力の弱い名人は付いてきているだろうか、間名古谷の橋を渡り後方をずっと見渡せるカーブで名人のライトが見えるかしばし待った。遥か下にライトが見えた。多分その差は20分ほどだろうか、安堵してまた先を急いだ。

東面台地取り付きの橋まで完璧に除雪は完了していた。名人待つこと30分弱、ようやく到着。ここでチャリデポして崖をよじ登る、10日前より雪は減ったが崖を15mほど登るとすぐに雪が出てスキー歩行開始、雪はたっぷりだ。闇夜の東面台地をガシガシ進む。雪はカチカチだった。

コブラツリーに着いてもまだ暗かった。コブラを見送ると東の空がようやく赤くなった。今日は大キレットから朝日が上がった。素晴らしい朝焼けだった。久しぶりの朝日だ。正面には双耳峰がドーンと見える。貸し切りの贅沢な山行だ。

今日は双耳峰の鞍部を目指して右に折れて剣ヶ峰を目指す。剣ヶ峰からの滑走記録はまずお目にかかったことはない。やるしかない。鞍部手前の急斜面でアイゼン歩行にして8時ちょうど剣ヶ峰に着いた。ここから眺める御前峰は素敵だ。山頂で記念写真を撮りさあ滑降だ。

山頂からエントリーしたいところだが雪が繋がって無くて一段降りた氷化していない斜面から滑降することにした。かなりの急斜面、ゆきが緩んでいればなんてことはないがエントリーすると緩んでなくて氷化していてマジびっくり、ヤバイ慎重に滑ろう。二人で凍っていない斜面を探しながらムズい滑降が続く、標高差で150mほど 下るとようやく斜面は良くなり一気にお花松原まで滑り込んだ。うーんマンダム!

お花松原から中宮道へ一旦登り返して振り返る。剣ヶ峰からの斜面はメチャ急に見えた。氷化斜面は際どい滑降だった。登り返すと後は北弥陀ケ原まで快適クルージング、ワリ谷源頭から左俣を滑降、急な谷ではあるが雪は緩んでいて快適だった。ガンガンワリ谷を下り原生林の湿地帯を過ぎるとキャンプ場へ、少し下るとチャリデポに着いた。

後はチャリに跨がれば20分ほどで平瀬ゲートに到着、林道は整備されているから快適であった。名人も大満足してくれたことだろう。

詳細記録はヤマレコで

0.40 630m  平瀬ゲート発
2.08 1240m 大白川ダム付近最初の橋
4.30  1770m  コブラツリー
8.00 2677m 白山剣ヶ峰着
8.35 2677m 白山剣ヶ峰発
9.55  2120m ワリ谷源頭
10.47 1240m 大白川ダム付近最初の橋
11.19 630m 平瀬ゲート着

医療

今日もコブラ君に会いに来たよ

槍穂の空が赤く染まる

大キレットから朝日が

右が目指す剣ヶ峰、左が御前峰

御前峰をバックに

剣ヶ峰ゴール

上部はカチカチ急斜面マジ怖かった

剣ヶ峰からのコース


毎日が完全燃焼できる日々を過ごしたい、人生は長いようで短い

 

                             

HOMEへ