YASUHIRO  独り言  

山と医療の本音トーク

9月23日(木)

今日はボッチと以前から約束していた白山一押し周回に出かけた。白山の魅力がぎっしりつまり加えて全く無駄なく周回できるお勧めのコースを案内してあげよう。

ボッチと深夜2時平瀬道登山口に待ち合わせしていたが庄川からの通行止めにあい少し遅れるということで平瀬の道の駅で待っていた。夕方5時に広島を出て一睡もせずに運転して深夜2時半にようやく合流してYSHR号で飛ばして平瀬道登山口に着いた。ボッチには悪いが40分の遅れを取り戻すべくハイペースで暗闇の平瀬道を登って行く。

1時間20分で大倉避難小屋に着いてもうご来光はヨッチャンなので日の出時間を調整して大休止、ここから上は風は強くて寒いので防寒態勢とした。時間調整して2時間50分でピクってお参り、日の出まで10分ほどドンピシャでした。昨日は雨で室堂からの登山者は2名のみであった。

さあここからがアドベンチャー、山頂から御前-剣ヶ峰の鞍部へ落ちていく。ちょうどここでご来光、マンダムな朝を迎えた。鞍部から小白水谷左俣を落ちていく。振り返れば双耳峰が素晴らしい。朝焼けの白山はこのコースの肝、右俣合流点手前は崖で左岸を巻いて無事二俣へ、ここから右俣を詰めるとお花松原だった。紅葉もちらほら始まっていた。

中宮道の合流で先を歩いていたボッチは迷ってはぐれたが引き返して合流できた。ここからワリ谷左俣下降点まで紅葉や庭園を見ながらの贅沢な歩き、左手に火の御子が見えたので教えたら是非登ってみたいとポジティブ発言、機会があれば案内してもいいが命がけだから、安易な気持ちでは案内できない。

さてワリ谷左俣には4ヶ所ほど難所があるがボッチ単独ならどうすると先に行かせたがまだまだルート選定に甘さがある。もっと経験を積めばさらに強くなる。もう暑くてワリ谷では何度もドボンしてクーリング、もう難所はないと言うとボッチはペースを上げて駆け下りていく。あっという間に堰堤に出て後は作業道をジョグして8時間半の無駄のない周回コースが完了。

寝ずに広島から来たボッチも大満足であっただろう。

白山周回詳細記録へ

ご来光を見ながら落ちていく

ワリ谷アドベンチャー


9月22日(水)

昨日聖岳から下山後450kmを飛ばして夜21時に無事金沢に帰ってきた。天気はが崩れそうだったので早めに切り上げた。やることもあったので

久しぶりの南アルプスは楽しかった。毎日が時間との戦いで記録を書く余裕もなかったが今朝早起きして記録を上げた。初日の甲斐駒黒戸尾根はありふれているからいいだろう。

二日目の白峰三山と三日目の聖岳周回は参考にする人もいるだろうから記録に残そう。この時期は暑くも寒くもなく虫もいないし山は最高です。よく働き、よく遊ぶ、人生楽しくて仕方がない!

白峰三山記録へ  聖岳周回記録へ 出来たてホヤホヤです

赤石岳、もう紅葉が始まっていた


9月21日(火)

奈良田を出て急いで井川へ、到着したのは夕方6時、すぐに寝て深夜23時起床。当初畑薙第一ダムから荒川-赤石周回を目論んでいたがワンディなら時間無制限一本勝負となる。直前になって夜9時以降井川からの県道が通れないと知り却下、聖岳周回と決めた。聖沢コースから東尾根を周回する。

畑薙第一ダムからチャリで片道14km大汗をかいて聖沢登山口に着いた。しかし東尾根は冬季ルートで危険と看板がある。誰も行かないということは静かということである。行くしかない!

暗闇の聖沢コースもわかりづらくて一度右往左往した。中々アップダウンがある厳しいコースだ。皆聖平で一泊するのだろう。それにしても長い道のりでもう勘弁して欲しいと思う頃ようやく聖平小屋に着いた。水場で読者ですと声をかけられた。サンキューです。

テントもちらほらもう前泊者は皆聖岳に向かっている。降りてすれ違う人に東尾根は藪ですかと聞くが、誰も知らないと言う。ガシガシ登ってようやく聖岳にピクった。この先も初めてで藪が心配だったが行ってしまった。もう帰れない、たしかに際どい下りもあり一般向けではない、おまけに踏み跡は僅かであった。ただ刈払されていた。前方に一人単独行が見えた。少し安堵、ただこの人めちゃ早かった。

すぐに追いつくかと思ったら追いつかない、中間点でようやく休憩している単独行に追い付いた。中々の玄人と見た。その後一気に転げ落ちるくらいの急登を駆け下りてちょいと林道をジョグしてチャリの人になった。沼平のゲートに正午ごろ着いた。前泊者も皆抜いたようであった。おまわりさんに下山報告をしたらワンディですかと驚いてくれた。

今日も最高でした!


9月20日(月)

深夜に奈良田を出て大門沢経由で農鳥岳、間ノ岳、北岳をピクって広河原に降りた。深夜の大門沢は出だしで間違えて時間ロス、右往左往した。遅れを取り戻すべく以降は気合を入れて稜線に出たが農鳥岳に着いても真っ暗だった。すれ違った数名の方に声をかけていただいた。間ノ岳の下りでトレランに抜かれたが今日は抜き返してそのまま北岳からダッシュで広河原に下山した。まだ11時前でバスの時間まで3時間半もある。

どうするか?20km走るか?ちょうど乗り合いタクシーで兄さんが奈良田まで行くと言う。運賃折半で同乗して無事奈良田に11時40分に到着。時は金なり明日もハードな山行が待っているので良かった。明日は畑薙第一ダムから荒川岳、赤石岳を周回する予定。頑張るしかない!

ご来光、富士山チラ

朝焼けの間ノ岳


9月19日(日)

土曜もめちゃハードな1日だったが走り続けて定刻17時丁度に仕上げた。自宅に戻り仕込みを行って一路南下、久しぶりに南アルプスへ行こう。まずは甲斐駒ヶ岳、最後に来たのはいつだったか随分昔に冬にテントを担いで登ったことがあった。それ以来だろうか、竹宇駒ヶ岳神社に着いたのは深夜、2時間ほど仮眠して黒戸尾根から登り始める。

先に出た三名をスルーしてガシガシ登るが山頂手前で外人のトレランにスルーされた。悔しいがとても追いつけるスピードでなかった。山頂に7時半頃着いて大展望を楽しんだ。帰りはそこそこ飛ばして午前中によっちゃんで帰還した。近場の風呂はまだ空いてなかった。

問題は明日、奈良田から白峰三山をピクるつもり。闇夜の大門沢コースは嫌だな、歩いたこともないし

甲府の夜景

甲斐駒ピンポン


毎日が完全燃焼できる日々を過ごしたい、人生は長いようで短い

 

                             

HOMEへ