火打山(2461m) 新潟県 (笹倉温泉から)

火打山は一般的に杉野原スキー場から三田原山経由で高谷地ヒユッテ1泊で入山する場合が多い。しかし

笹倉温泉から入山すれば日帰りも可能である。焼山北面台地を経由し素晴らしい展望に酔いしれながら

火打を目指す。しかし標高差はゆうに2000mを越えかなり早立ちすることが望まれる。
九十九折り林道

標高460mの笹倉温泉を起点とし,しばらく進んで橋を渡ればいよいよ最初の九十九折り林道に出くわす。

所々カットし登り切れば標高750mである。雪が多ければこの辺りも格好のゲレンデになる。

アマナ平

アマナ平までうまくルートを取ればアップダウンにはまらない。この辺りは標高1000m右上に

焼山が一部見える。左の急登を登り切れば北面台地の末端に出る。

昼闇山

アマナ平から正面奥に昼闇山が見える。昼闇谷も日本離れした素晴らしい景観を楽しめる谷である。

北面台地にて

無木立の北面台地に上がれば正面に噴煙を上げる焼山が見える。北面台地から焼山山頂に上がり

スキーで滑るのも楽しい。

賽の河原

北面台地にはいくつかの河原があるが賽の河原は最も深い。火打まで3ヶの河原を横断する。

火打へのルート

焼山を左から回り込み進行方向左端の河原をそのまま進み標高1650m辺りから進路を左に取り

写真のように火打(左端)を目指す。山頂までスキー歩行が可能である。このルート取りが

比較的安全で帰りもスキーが楽しめる。

北面台地     

標高2000m辺りから北面台地を見下ろす。

影火打

標高2250m辺りから影火打を望む。この辺りは緩斜面でスキーが楽しい。

火打山

標高2300m辺りから火打山を望む。影火打と火打間の鞍部を目指す。

山頂にて

山頂からは焼山が眼下に見える。往路は快適なスキーである。

パウダーシュプール

標高2300mから標高1650mまで超快適なパウダースキーが楽しめた。深沢君(左),僕(右)

のシュプール競演。

焼山のシュプール

帰りも北面台地にシュプールを刻む。

素晴らしき展望

この展望を見たらもう行くしかないでしょう。火打山手前にて

          山行記録2003年3月30日(日)

今シーズンの課題の一つ笹倉温泉からの火打山日帰りラン。これまで報告は見たこと
がない。好天の今日,山梨からの強力な同行者と共に標高差1000mのパウダーを楽し
むことが出来ました。

【山域】火打山 2461m
【場所】新潟県
【日時】本日 3月30日(日)
【コース】笹倉温泉−焼山北面台地−火打山往復
【メンバー】僕と深沢君
【装備】アトミックβライド9.22 160cm,ディアミール,TR12(僕)
    カービング150cm,ディアミール,TR9(深沢君)
【天気】晴れ時々曇り

このルートも標高差は2000mをゆうに越え,焼山往復より更に200m高く,距離もかな
り長い。問題は如何に安全なルートで火打を目指すかである。ネットで知りあった全
くの初対面の深沢君と熱き山行を行った。

3月29日(土)朝の予報で日曜は晴れるとのこと。急遽一度同行してみたかった山梨
の三井さんにメールを入れた。彼は仕事で無理との返事,代わりに最強のパートナー
深沢君が行きたいとのこと。まるっきりの初対面だが気合い系の深沢君と深夜3時に
笹倉温泉で落ち合い3時半スタートと言うことで話はまとまった。

仕事が終わった夜7時過ぎ金沢を発ち,一路糸魚川へ。以前休みだった寿司屋すし活
を目指す。やはり人気店お客さんで賑わっていた。隣の人は1時間以上も待たされた
とのこと。どれどれ味は。日頃寿司どころ金沢で鍛えている僕はちょっとやそっとで
は満足しない。う〜ん。うまい。やはり地元の噂は嘘ではなかった。大満足して笹倉
温泉に夜10時前到着。笹倉温泉から少し進んだ橋まで除雪されておりここで車中泊と
した。

移動中の深沢君に携帯で連絡を取ると到着は深夜1時頃になるという。ほとんど寝ら
れないが慣れているから大丈夫だという。なかなかの人である。お先に仮眠させても
らう。

3月30日(日)朝2時50分起床。外でトイレをしていると深沢君がライトを付けてやっ
てきた。挨拶を交わし3時半出発と再度確認し急いで支度をする。

3.26 519m 笹倉温泉より少し先の橋発。積雪は此のあたりでも1m以上はありそうだ。
雪は例年より多い。さあいよいよ初対面の深沢君と熱き山行のスタートだ。ライトを
付けて九十九折りの林道をガシガシカットカットで高度を上げる。斜面は堅くちょっ
と危ない場所も場所によっては彼はスキーを担いだ。あっと言う間に集落の明かりが
眼下に。

4.11 750m 九十九折り林道終点。ここまで快調に来た。彼もさすがに三井さんが太
鼓判を押すだけあって気合いバンバンでとても強い。昨日のトレースがあり,またも
やこれを追ってとんでもないところに導かれてしまった。全然原則が生かされていな
い。まさか昼間に来てこれほどルート間違いをする昨日のパーティもあんまりだが暗
闇だからとへんてこなトレースを追った僕はもっと始末が悪い。

おかげで標高差100m以上も下ってまた登り返さなければならなくなった。以前に一人
で来た時はトレース無しでも暗闇で間違ったことはなかった。

5.14 1000m アマナ平。大きく下ってようやくここへたどり着く。そろそろ薄明る
くなってきた。ここからクラストした斜面を登り北面台地の末端に出た。

5.48 1235m 焼山北面台地末端。ここから見る景色はいつ見ても日本離れしている。
さてここからどのようなルートで火打を目指すかである。当初北面台地を横断し火打
の北に延びる尾根に上がる予定だったが,現地でルート変更。焼山を左から回り込ん
だ標高1650m付近からおあつらい向きの斜面を火打影火打間鞍部を目指すことにした。

北面台地から焼山を見て最も左の河原をそのまま標高1650mまで進み,ここで進路を
左に取り鞍部を目指す。北面のためかパウダーがまだかなり残っていた。帰りもパウ
ダーだと嬉しくなる。少し急登になった1700m付近で深沢君はスキーを担ぎ膝下まで
もぐりながらガンガン尾根を目指して登り続けていた。僕は根性でシール歩行を続け
る。彼のパワーをなかなかだった。さすがにこれまで山では人に負けたことがないと
言うだけのことはある。坪足とシールの競争になった。僕は写真も撮りたいので所々
立ち止まるので残念ながら競争にはならなかった。その後も快適に高度を上げ影火打
直下に到達し火打が目前になった。

10.02 2350m 火打と影火打間の鞍部。さあここから残り100mである。クラストした
斜面を一気に登るとそこは誰もいない火打の山頂であった。

10.15 2461m 火打山山頂着。風邪は強かったが素晴らしい展望である。さて帰りは
何処を滑ろうか。山頂から北西ルンゼを滑ることも考えたが,やはりパウダーを楽し
まなければと二人の意見は一致。来たルートをパウダーを求めて滑ることにした。

10.31 2461m 火打山頂発。キャホー素晴らしい眺めと快適なパウダー。やっぱりこ
れだなと歓喜の雄叫び。彼も実に素晴らしい滑りを披露してくれた。

あっと言う間に標高差1000mのパウダーを頂き,北面台地の上部に出た。北面台地上
部もパウダーが残っていた。所々写真を撮りながら一気に下った。北面台地下部から
は雪がぐずってきたが,おおむね登り返しのない快適な滑りだった。

12.15 1000m アマナ平。

12.44 519m 笹倉温泉より少し先の橋着。無事到着。着いた途端に右のブーツのベ
ロが壊れてしまい日帰りの激しい山行を物語った。

下山後二人で焼山温泉に入り,またの再会を誓って解散とした。年齢は一回り近く僕
が上であったがお互い山スキー大好き人間同士,初対面だがまるで違和感無く楽しい
スキーを満喫できた。久しぶりに気合いの入った青年に会えよかった。

HOMEへ戻る