2009-2010シーズンの山スキー情報

31南岳周回 2010.5.16

そろそろ上高地経由の山スキーを楽しもうかとMTBを利用して南岳周回を楽しんだ。今
年は雪は多く本谷橋から余裕でスキーが使えた。

【山域】南岳 3032m
【場所】長野県
【日時】20010年5月16日(日)
【コース】上高地−横尾−本谷右叉−南岳−南岳南ルンゼ−本谷左叉−上高地
【メンバー】若者と二人
【装備】フォルクル158cm,TLT,ディナフィット(僕)
【天気】晴れ

2.38  1250m  国道156路肩発
4.22  1610m  横尾
5.23 1780m 本谷橋
6.05 2030m 横尾本谷二股
9.05 2970m 稜線
9.15  3032m  南岳山頂
10.00  3032m  南岳山頂発 南岳ルンゼへ
10.24 1780m 本谷橋スキー終了
11.23  1610m  横尾
12.25  1250m  国道156路肩

折角の楽しいコースを一人ではもったいないと名人を始め4名程に声をかけるが珍しく
皆予定が合わず仕方無く一人で行く事にした。

20010年5月16日(日)朝2時起床、釜トンのずっと下、邪魔にならない路肩で車中泊する
も車がうるさくてあまり眠れなかった。さあMTBで行くぜよ。

2.38  1250m  国道156路肩発 暗闇の釜トンは根性でこぐしかない。重荷を背負っ
ての釜トンは試練以外の何ものでもない。トンネル内の出口までの距離表示を頼りに
ようやく出た。

後は上高地までひとっ走り、誰もこの時間にいるはずも無く梓川の右岸作業道を横尾
までひたすら走る。横尾手前の右岸から左岸に渡る橋がまだ掛かってないかも知れな
いので徳沢で左岸に渡った。(橋は架かっており帰りはずっと右岸で)

4.22  1610m  横尾 無事到着、2時間弱でここまで入れるのはMTBの成せる技、今
日は一人だからのんびり行くかと横尾でゆっくりしているとスキーを担いだ若者がやっ
て来た。

YASUHIROさんのHPを見て今日は多分南岳だとピンと来ましたと言う。僕は坂巻温泉を
朝2時にMTBで出ましたと言う。何と言うモチベーション、素晴らしい。年を聞くと長
男と同じ、一気に親近感がわいた。今日は僕がこのコースをガイドしてあげるからと
心に秘めた。

若者と二人おしゃべりしながら進む。長男と同じ歳なら手抜きはしないよとハイペー
スで僕が先を行く。と言っても親心で所々で待ってあげる事にする。

5.23 1780m 本谷橋 今年は雪は多く、この時期もまだ橋は無くここから豊富な
雪渓をスキーで行けた。うーん涸沢方面も雪はたっぷり6月一杯余裕で楽しめそうだ。

6.05 2030m 横尾本谷二股 帰りはここの左又に出て来るよ。

6.42 2300m 横尾本谷カール 眼前に広がる大カール、素晴らしい景色である。
若者と競うようにガシガシ稜線を目指す。

7.43 2642m アイゼン歩行開始 この辺りが潮時か、板を背負い僕がトップで稜
線を目指す。この辺りから若者遅れ出して来た。ガンバ、先にトレース作りながらガ
ンガン高見を目指す。

最後雪庇を少し崩して稜線に出た。まだ若者はかなり下に見える。

9.05 2970m 稜線 稜線は風が強いので先に山頂を目指して休む事にした。

9.15  3032m  南岳山頂 無事到着です。素晴らしい景色です。南岳小屋も雪に埋
まっている。待つ事30分、ようやく若者到着。お疲れさま、よく頑張り抜きました。
お互い写真を取り合いそれではルンゼへ

10.00  3032m  南岳山頂発 南岳ルンゼへ 山頂から硬い雪を慎重に滑り小屋の裏
のルンゼに飛び込んだ。一昨日の新雪で雪面はフラットで快適なザラメになっている。

若者は怖いもの知らずのハイスピードターンで落ちて行く。さすがにスキー部出身だ。
素晴らしい雪に大満足で落ちて行く二人。大キレットカールもぶっ飛ばしてさあ一気
に本谷まで滑り込もう。

10.24 1780m 本谷橋 もう終わりですか。快楽は一瞬なり、これが山スキー。
ここでズックに変えて板を担いで横尾まで。

11.23  1610m  横尾 さあお楽しみのMTBですね。右岸作業道は今日は工事も無く
車も人もあまりいない。ガンガン飛ばして上高地まで、ここからは自転車を押してバ
ス停まで歩く。バス停からはまたMTBをぶっと飛ばして一気に国道まで下りて行った。

12.25  1250m  国道156路肩 今日は若者のおかげで楽しい一日が過ごせました。
お昼チョイに下りてきましたので若者もかなりの健脚です。本当にご苦労様でした。

コースガイドへ

30白山 2010.5.9

賞味期限間近の白山に大阪の松村君と白峰から速攻で楽しんだ。

【山域】白山 2702m
【場所】石川県
【日時】20010年5月9日(日)
【コース】白峰−別当出合−砂防新道−白山往復
【メンバー】松村君と二人
【装備】フォルクル158cm,TLT,ディナフィット(僕)
    ハーツ,ディアミール,ガルモント(松村君)
【天気】晴れ

3.00 510m 白峰ゲート発
3.42 830m 市ノ瀬
4.35 1240m 別当出合
6.22 1970m 甚ノ助ヒュッテ
7.17 2320m 黒ボコ岩
7.44 2450m 室堂
8.14 2702m 白山山頂
8.35 2702m 白山山頂発
8.59 1970m 甚ノ助ヒュッテ
9.38 1380m 中飯場下
9.54 1240m 別当出合
10.32 510m 白峰ゲート発

20010年5月9日(日)前日大阪の松村君から是非白山に同行したいとメールがあった。来
るものは拒まず、こちらこそ是非と言うことで初めての同行になった。

白峰ゲート朝3時発とメールを送り早々にゲート前で就寝した。朝2時起床。松村君は
既に大阪から到着し数時間は仮眠できたと言う事だった。さあ気合いを入れて行きま
すか。

3.00 510m 白峰ゲート発 落石工事のため今シーズンは当分通行止めのようだ。
MTBしかない、ガシガシ漕いで行く。今日はかなりハイペースで進む。市ノ瀬まで42分
とかなり早かった。

3.42 830m 市ノ瀬 ここからも松村君は早い、毎日通勤に自転車を使っているそ
うでドンドン漕いで行く。あっという間に別当出合に着いた。

4.35 1240m 別当出合 ここまで白峰から1時間35分、過去最速ペースだった。名
人も真っ青だろう。この辺りも雪溶けは早い、しばらく板を担いで進むが中飯場下で
雪は出てシールで歩く事にする。

所々雪は途切れるが雪はドンドン増え中飯場を過ぎればもう雪は豊富でどこでも歩け
た。ここからもハイペースで進む事にする。今日は風は強い。

6.22 1970m 甚ノ助ヒュッテ ヒュッテは8割埋まっていた。ここから斜度は増す
のでアイゼンで夏道沿いに進む事にする。アイゼンに変えてもペースは落ちる事はな
かった。
 
7.17 2320m 黒ボコ岩 ここでアイゼン終了、ここから白山を正面に見てシールで
歩く。

7.44 2450m 室堂 前泊者が一名山頂から下りて来た。緩斜面を快適にシール歩行
する。山頂直下まで雪は繋がっており問題なく標高を上げる。

8.14 2702m 白山山頂 無事到着、待つ事しばらく松村君も到着。白峰から5時間
チョイでした。これも最速ペースでした。360度の展望を楽しんでいざ滑りましょうか。

8.35 2702m 白山山頂発 山頂で板を履いて南面伝いに硬い雪面を滑って行く。松
村君の滑りも素晴らしい。凹凸斜面をものともせずハイスピードで落ちて行く。

8.59 1970m 甚ノ助ヒュッテ ここまであっという間の24分でした。ヒュッテの屋
根でしばらく日向ぼっこしたらさあ行きますか。雪も緩みここからは更に快適になっ
た。

どこまでも雪を繋いで中飯場下1380m までスキーで滑った。

9.38 1380m 中飯場下 ここでようやく板を担いで下りて行く。

9.54 1240m 別当出合 さあ後はMTBショーです。ノンストップで下りて行きましょ
う。スキーと同様チョー快感です。

10.32 510m 白峰ゲート発 別当出合から30分と掛からず白峰に到着した。
松村君お疲れさまでした。若いって素晴らしい。良い勉強になりました。

29剣岳周回 2010.5.3

今日は今シーズンの目玉、馬場島起点の剣岳大窓周回、累積標高差3200mである。
薬師の疲れはほとんど無い、さあ気合い入れまくりで頑張るのみ。

【山域】剣岳周回
【場所】富山県
【日時】20010年5月3日(月)
【コース】馬場島−室堂乗越−剣御前−剣沢−池の平−小黒部谷−大窓−白萩川−馬場島
【メンバー】名人と二人
【装備】フォルクル158cm,TLT,ディナフィット(僕)
    ポケロケ 175cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】晴れ

2.00  760m 馬場島発
6.25 2350m 室堂乗越
8.00 2780m 剣御前小屋
8.55 1600m 近藤岩
10.31  2050m 池ノ平小屋 
11.01 1525m 大窓出合
12.48 2255m 大窓 
14.48  715m 馬場島 

馬場島には夕方6時前には着いたので今日はぐっすりに群れそうだ。宴会も早めに切り
上げ明日に備える。

20010年5月3日(月)朝1時起床。今日も気合い入れまくり。
 
2.00  760m 馬場島発 スキーを担いで歩き出す。300m程歩けばデブリでもう車
は入れない。立山川を渡る橋を過ぎれももう雪は十分でシールが使えた。

雪は多いですね。これまで来た中でも最も雪が多いシーズンだろう。取水口を過ぎれ
ばもうほとんど雪割れはないくらいである。数カ所川が出ているが全く問題なく進め
る。快適ですね。板を脱ぐ事は一度も無かった。

室堂乗り越しを目指してガシガシハイペースで登り上げる。標高2000mまでスキーが使
えたがここからはアイゼンに変えた。奥大日に朝日が当たる。

6.25 2350m 室堂乗越 4時間半弱で到着。名人を待つ事25分、ようやく合流して
剣御前を目指す。既に多くの登山者が御前を目指している。ガシガシ追いかけますか。

8.00 2780m 剣御前小屋 無事到着。剣が眩しい。今年もやってきました。
剣沢はまだカチカチだが快適に滑って行ける。剣を正面にどこまでも快適なり、長次
郎蔵谷を過ぎればさすがに雪は重くなって来た。

ここも雪は多い、どこまでも雪割れは無い。近藤岩手前で雪割れがあったが問題なく
滑って行けた。

8.55 1600m 近藤岩 ここまで実に楽しい滑りでした。さあここからが試練です。
ここから450m登って、500m滑ってまた700m大窓まで登り返すと言う剣周回最ハードコー
スです。

暑い一日だ、汗が滴り落ちる。先行者をガシガシ追って行く。池の平で二人抜き、小
屋付近で二人に追いついた。

10.31  2050m 池ノ平小屋 この辺りからの八ツ峰の眺めは素晴らしい。しばらく
で名人も到着。ここから小黒部谷を滑り大窓出合を目指す。雪は重く試練の滑りであ
る。

11.01 1525m 大窓出合 遥か上空に大窓が見える。先行者が6名程見える。ガシガ
シ追いかけますか。雪はベチャで沈むので辛い。大窓は見えるが中々遠い。雪庇も激
しい。落ちないでくれと祈るのみ。気温も上がり汗だくで進む。

さあ大窓がすぐだ。雪庇を避け右回りで乗り越した。

12.48 2255m 大窓 大窓に着いて名人を待つ。待つ事25分、ようやく名人も無事
到着。さあ後は馬場島を目指して下るのみ。大窓からの下りはデブリと石を避けなが
らの厳しい下り。

白萩川に下りても雪は豊富、ここも快適だ、池ノ谷出合を過ぎてからのゴルジェも完
璧に埋まっており高巻きしなくて良い。

どこまでもスキーが使える。馬場島手前までスキーを走らせ先行者を皆抜いてようや
く馬場島が見えた。

14.48  715m 馬場島 無事到着です。今日も完全燃焼でした。

馬場島周辺も雪は多く、立山川、白萩川もまだまだ楽しめそうです。

コースガイドへ

28薬師岳 2010.5.2

有峰林道もそろそろ除雪されているだろうか?ダメ元でMTBで挑戦してみた。
予想通り折立まで完璧に除雪されており、豊富な雪に大満足し山頂から折立までスキー
が楽しめた。総距離62km 累積標高差2700m だった。

【山域】薬師岳 2926m
【場所】富山県
【日時】20010年5月2日(日)
【コース】亀谷−折立−太郎平−薬師往復
【メンバー】名人と二人
【装備】フォルクル158cm,TLT,ディナフィット(僕)
    ポケロケ 175cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】晴れ

2.30 390m  有峰林道ゲート手前駐車場発
4.30 1100m 有峰ダム
5.19 1350m 折立
8.48 2294m 薬師峠
10.37 2926m 薬師岳山頂
11.00 2926m 薬師岳山頂発
11.20 2294m 薬師峠
12.45 1350m 折立
13.52 390m  有峰林道ゲート手前駐車場

20010年5月2日(日)前夜とろ一で名人と宴会、お腹一杯で大満足し差し入れまで頂き亀
谷へ向かう。女将さんの差し入れを肴にようやく酒が飲める。明日に備え早めに車中
宴会を切り上げ寝るとする。

明日1時半起床。数時間は眠れたので大丈夫だろう。

2.30 390m  有峰林道ゲート手前駐車場発 さあMTBでガシガシ頑張ろう。折立まで
距離20km、標高差1000mの試練である。

暗闇の林道はきれいに除雪されている。ただ一カ所コースを間違えデブリに阻まれ引
き返し30分程ロスがあった。

4.30 1100m 有峰ダム ようやく明るくなって来た。この先も除雪は完璧だが凍結
しているので注意しながら進む。ダムから折立までは急登だ。除雪は完璧で道路脇に
は1m程の壁が出来ていた。

5.19 1350m 折立 うーん、雪は多い今年は楽しめそうだ。ここからすぐにシール
でガンガン標高は上げられる。登山道の左の谷も完璧に埋まっており帰りはこちらを
使おう。

三角点からも雪は多く自在にルートは取れるのでアップダウンは一切しなくて良い。
太郎平からは前泊者がたくさん出発しているのが見える。こちらも気合いで進む。

8.48 2294m 薬師峠 太郎平から少し下ると峠に出る。さあここからラスト600mチョ
イ、前泊者をダッシュで追いかける。抜いても抜いても先に人がいる。先に人がいる
とどうしても飛ばしてしまう。ガンガン抜いてほぼ全員抜かして山頂が見えた。

10.37 2926m 薬師岳山頂 皆抜かしたと思ったが一人山頂にいてガッカリ、待つ事
しばらく名人も到着。お疲れ。素晴らしい展望に酔いしれてさあ帰りますか。

11.00 2926m 薬師岳山頂発 さあ楽しみましょう。良い雪でせすね。薬師峠まで快
適に飛ばして大満足。

11.20 2294m 薬師峠 ここから太郎平まで登り返し、後は折立までまっしぐら。三
角点を過ぎれば後は谷伝いに折立に快適ラン、滝は二カ所で出ていたが問題なく通過。
ドンピシャで折立に出た。

12.45 1350m 折立 さあここからはMTBショーといこうか。帰りは快適です。神岡ルー
トと違い登り返し無く下れるのが嬉しい。自転車好きにはたまりません。ハイスピー
ドでスピードが楽しめます。

13.52 390m  有峰林道ゲート手前駐車場 もう着きましたか。
今日も大満足です。白樺ハイツで汗を流して馬場島を目指す。

3日は馬場島起点で剣岳周回、大窓経由に挑戦です。ワンディは多分記録無しと思いま
すので気合い入れまくりで馬場島を目指す。

27白山東面台地 2010.4.18

快晴の本日、名人と白山東面台地に出掛けました。今年は全く除雪が行われておらず
ゲートから700m地点ですでにデブリで片斜面、何十回と自転車を降りて厳しい歩きを
強いられましたが間名古谷過ぎまで根性でMTBを持ち込みました。

例年以上に林道の通過は難儀し大幅に時間が掛かりましたが雪は多く東面台地は大ゲ
レンデと化していました。東面台地は何時行っても期待を裏切りません。

【山域】白山 2702m
【場所】岐阜県、石川県
【日時】20010年4月18日(日)
【コース】平瀬−東面台地−転法輪谷−白山山頂−東面台地−平瀬
【メンバー】名人と二人
【装備】フォルクル158cm,TLT,ディナフィット(僕)
    ポケロケ 175cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】晴れ

3.00 610m 平瀬道の駅発
4.31 1000m  間名古谷過ぎMTBデポ
6.00 1240m  大白川ダム付近最初の橋
8.25 2150m  転法輪谷
9.18 2500m 白山南面アイゼン歩行開始
10.05 2702m  白山山頂
11.03 2702m  白山山頂発
12.34 1240m  大白川ダム付近最初の橋
13.42 1000m  間名古谷過ぎMTBデポ
14.48 610m 平瀬道の駅

20010年4月18日(日)前夜仕事を終えて名人の待つ平瀬ゲートへ向かう。ゲート前には
既に車が数台止まっており安眠場所を求めて道の駅へ移動した。宴会も早めに切り上
げ朝3時発とした。

3.00 610m 平瀬道の駅発 さあMTBにまたがり行くぜよ。ゲートを過ぎてしばら
くでデブリで通行不能。暗闇の中厳しい自転車押し、暗闇の中一人の登山者が下りて
来た。

とてもじゃないが除雪も無くデブリが多く進めない、諦めて別の山に転進しますと言
う。そうですか。根性無いな。最初から歩いて行くくらいの覚悟が無いなら東面台地
は楽しめません。それでも余りあるコースですから。

この先デブリの嵐、少し進んでは押し歩き、岩や木も激しく散乱の荒し。極めつけは
トンネル前後の猛烈なデブリ、垂直の壁を自転車を担いで登り上げる。試練と言わな
いで何と言おう。

さすがにトンネル手前でMTBがデポされていた。先に進んでいる猛者もいる訳だ。負け
てなるものか。更に進むと今度は幹回り10m以上の大きな大木が道を塞ぐ、すごい光景
だ。

名人久しぶりの自転車でかなり辛そう。間名古谷手前では路面に雪もあるがMTBを押し
て歩く。

4.31 1000m  間名古谷過ぎMTBデポ もう自転車も限界だろう。ここでデポ、片
道15kmの林道の半分ちょいはゲットできたが帰りも難儀しそう。

この先でテント一張り、前日入山したらしい。さらにこの先でもテント一張り、土曜
の朝8時に出たらしい。お疲れさまです。お先に失礼。
  
6.00 1240m  大白川ダム付近最初の橋 ようやく東面台地の取り付きだ。取り付き
はいつものように雪は無い、橋を渡りすぐに崖を登りすぐに雪が出た。ここからは豊
富な雪を快適に東面台地を進む。

静かなブナ林、山スキーヤーの為にある様なコースだ。素晴らしいコースを楽しみな
がら進む。僕たちが本日の先頭だと思っていたら真新しいトレースがあるではないか。
誰か僕たちより早く出発した人がいる。なかなかうまいコース取りだ。

8.25 2150m  転法輪谷 先行者は標高2100mから転法輪に入っている。僕たちもト
レースを追った。遥か先にスキーヤー一人、ダッシュで追いかける。

標高2300m付近でようやく追いついた。YASUHIRO Drですかと松本のOです。何度かメー
ル交換した事のある方だった。聞くと朝2時にゲートを出たらしい。

ここから先頭を変わりガシガシ進む。名人は自転車で足を使い果たし遥か下に見える。
激しい強風を受け根性の登り、頑張るしか無い。標高が上がると次第に雪面は固くなっ
て行く。

9.18 2500m 白山南面アイゼン歩行開始 もう限界、ここから板を担いでアイゼン
で山頂を目指す。疲労感も強いが行くしかない。山頂が目前だ。本日の初登頂なり。

10.05 2702m  白山山頂 無事到着、室堂には別当経由のスキーヤーが二人山頂を目
指している。待てど暮らせど名人が着く気配はない。強風が辛い、早く来てくれ、45
分待ってようやく名人到着。続いて松本のOさん、別当経由の二名のスキーヤーが続く。

11.03 2702m  白山山頂発 さあ行きますか。別当の二人は湯の谷を滑ると言う。僕
たちはカチカチのアイスバーンを山頂から東面台地に滑り込む。山頂直下はカチカチ
でかなり緊張したがエッジが効いて問題なかった。

双耳峰の鞍部からは快適な雪を大満足で東面台地を滑り降りる。どこまでも快適なり、
今日も来て良かった。素晴らしい景観と雪。あっという間に滑り降りる。

東面台地の末端の崖を下りると林道に出た。

12.34 1240m  大白川ダム付近最初の橋 ここからも出来る限りスキーで下るが、ま
たも雪は何度と途切れその都度板を脱ぐ、もう勘弁して欲しい。と思ったらようや
くMTBが見えた。

13.42 1000m  間名古谷過ぎMTBデポ ここからMTBに跨がるがゲートまでも嫌になる
くらいの押し歩きも多く、時間はたっぷりかかる。ゲート前の川で自転車を洗いよう
やく道の駅が見えた。

14.48 610m 平瀬道の駅 疲れました。名人完全燃焼と吠えていた。お疲れさまで
した。果たして今日は何人が山頂を踏めただろうか。

MTB大好き人間にはスキーも自転車もたっぷり楽しめる今年の東面台地です。

26大日岳 牛ノ首周回 2010.4.4

立山藤橋ゲートからMTBをこいで大日岳を目指しました。牛ノ首を起点に山頂を周回し
ましたが中々スリリングでした。今日も上部は快適な新雪でした。

【山域】大日岳 2501m
【場所】富山県
【日時】20010年4月4日(日)
【コース】藤橋−称名滝−牛ノ首−大日平山荘−大日岳南西尾根−大日岳−ザクロ谷
     −牛ノ首−称名滝遊歩道−藤橋 
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ 165cm,TLT,ガルモント
【天気】快晴
 
4.40 480m 立山 藤橋ゲート発
6.08 1050m 称名滝遊歩道
7.45 1430m 牛ノ首
9.11 1750m 大日平山荘
10.34 2200m 大日岳南西尾根稜線上
11.33 2501m 大日岳山頂
11.45 2501m 大日岳山頂発
12.06 1500m ザクロ谷合流
12.25 1430m 牛ノ首
12.42 1050m 称名滝遊歩道
13.00 480m 立山 藤橋ゲート着

前夜とろ一で4月から文登研所長に赴任した渡邊さんと奥さんをお誘いし宴会、今後の
研修会大変でしょうが是非頑張って下さい。はち切れんばかりの山海の幸を頂いてそ
れでは僕は明日大日目指しますからとお別れした。

この時期称名滝方面は藤橋でゲートが閉まっている。ここで車中泊して明日に備える。

20010年4月4日(日)朝3時半起床。寒い朝だった。とろ一で作ってもらった朝食を食べ
ていざMTBにまたがる。

4.40 480m 立山 藤橋ゲート発 久しぶりの自転車だ。距離8km、標高差600mのき
つい登りだ。重いザックとスキーを担いで急勾配をガシガシ登る。

足が悲鳴を上げ出した頃ようやく遊歩道に着いた。除雪は完璧だった。

6.08 1050m 称名滝遊歩道 1時間半かけてようやくスタートラインに着いた。ここ
でスキーを履いて牛ノ首目指して急な沢を登る。放射冷却でカチカチなのでスキーを
諦めアイゼンでガシガシ登る。雪はたっぷりで問題なく歩行可能。登るにつれ傾斜は
急になりようやく牛ノ首が見えた。

7.45 1430m 牛ノ首 随分疲れました。このまま少し登り上げると大雪原に出た。
素晴らしい景色である。鍬崎山、薬師岳、弥陀が原この景色を見るだけでも価値はあ
るだろう。 

アップダウンしないようにルートをうまく取り大日平山荘を目指す。

9.11 1750m 大日平山荘 この辺りから見上げる大日岳は中々威圧的である。今日
は新雪が30cm程あり沢伝いに大日小屋まで登り上げるのは雪崩の危険がある。

1900m辺りで夏道ルートを離れ大日岳南西尾根を目指す事にする。今日は暑い一日だ。
上着を脱いで下着一枚で高度を上げる。モタモタしてると下駄ができるだろう。

10.34 2200m 大日岳南西尾根稜線上 何とか直登で稜線上に出た。しかしこの辺り
から風が強くなり上着を着て完全防備の体勢で山頂を目指す。稜線はクラストしてい
て歩き易かった。さあ山頂が見えた。

11.33 2501m 大日岳山頂 着きました。標高差2000m、7時間の長旅でした。山頂か
らは剣岳が圧巻だった。立山も間近に見える。雪庇に気をつけながら帰り支度だ。

11.45 2501m 大日岳山頂発 山頂から牛ノ首目指してダイレクトに沢を滑り降りる。
滝が出ていないか心配だが、万が一は登り返す覚悟だ。山頂から標高差700mくらいは
快適な軽いパウダーが楽しめた。大満足。

しかし下るにつれ雪は重くなり心配していた滝まで出て来た。最初の滝は大きな釜を
持ち際どい巻きを強いられた。落ちたら終わりである。何とか巻いてしばらくでまた
滝が出た。こちらは無難に巻けたがもう勘弁して欲しい。

12.06 1500m ザクロ谷合流 ようやくザクロ谷に合流すると牛ノ首はもうすぐだ。
牛ノ首が見えたら板を担いで30m程登り返した。スリリングな周回コースだった。

12.25 1430m 牛ノ首 ここからは急な斜面だが雪は緩み快適に遊歩道まで滑り込む。

12.42 1050m 称名滝遊歩道 ここでMTBにまたがり藤橋までぶっ飛ばす。20分のダウ
ンヒルだった。

13.00 480m 立山 藤橋ゲート着 無事到着。今日も疲れましたが大満足。

このコース時期が遅ければ滝に阻まれ通過は困難でしょう。

この周回コース行かれた方はいますか。

詳細なルート解説へ

25鍬崎山 2010.3.31

今日も標高差1500mの厳しいラッセルでしたが上部ではおいしいパウが楽しめ下部では
まずいパウの試練でした。この辺りも今年は雪がめっぽう多い。

【山域】鍬崎山 2089m
【場所】富山県
【日時】20010年3月31日(水)
【コース】粟巣野スキー場−大品山−鍬崎山往復
【メンバー】単独
【装備】バーティクト 180cm,TLT,ガルモント
【天気】晴れ後曇り

4.00  610m 粟巣野スキー場駐車場発
4.29  830m リフト終点
5.15 1000m 貯水池横尾根取り付き
6.51 1420m 大品山山頂
6.59 1330m 大品山下り鞍部
8.35 1756m 鍬崎山北西尾根1756mピーク付近
9.58 2089m 鍬崎山
10.15 2089m 鍬崎山発
10.42 1330m 大品山手前鞍部
11.09 1420m 大品山山頂
11.40  830m リフト終点
11.48  610m 粟巣野スキー場駐車場

滑る山を決めて晩ご飯を食べる店を決めるか、晩ご飯を食べる店を決めて滑る山を決
めるか、今回は後者で久しぶりにとろ一のうなぎ蒸篭が食べたかった。

仕事を終えて高速を飛ばし一目散にとろ一へ、マスターと女将さんに手土産を持参し
てこんにちは。お腹ぺこぺこです。いつものようにうなぎ蒸篭を始め鳥唐、おから、
甘鯛の鍋などおいしい料理をごちそうさまでした。

さあ近くの鍬崎山でも行きますか。粟巣野スキー場に着くと雪が多いのにびっくり、
例年ならこの時期スキー場は地肌が出ているがまだまだ全面滑走可能な状態だ。

満月を肴に一人宴会をして就寝、明日のラッセルに備えてバーティクト 180cmを持っ
て来た。

20010年3月31日(水)朝3時起床、放射冷却で寒い。とろ一で調達した朝食を食べていざ
 
4.00  610m 粟巣野スキー場駐車場発 満月の光を浴びて黙々と登って行く。スキー
場はさすがにちびラッセルですんだ。

4.29  830m リフト終点 この辺りまで高度を上げると数日前からの新雪が50cmほ
どありラッセルは少し厳しくなる。ただ最強ファットゆえ楽勝気分。

5.15 1000m 貯水池横尾根取り付き ここから本格的な尾根の登り、黙々と靴下ラッ
セルに耐えて高見を目指す。今日は単独なのでのんびりも出来ない、ガシガシ行くの
み。

6.51 1420m 大品山山頂 取り敢えず第一関門通過。ここからは強風の中風との闘
い、燃える体を冷ましてくれるにはちょうど良い。この先100mの下りは難儀だ。

6.59 1330m 大品山下り鞍部 もう一度仕切り直しで高見を目指す。ラッセルは冬
に逆戻りしたようにきつくなる、帰りはパウダーを楽しめそうだ。山頂を見上げなが
ら気合いで進む。立山方面の弥陀が原が箱庭のようだ。

8.35 1756m 鍬崎山北西尾根1756mピーク付近 さあ一番の難関だ。尾根通しで進む
と下らなければならないしおまけに急登だ。今日は左巻きでトラバースしてピーク先
の鞍部にドンピシャで出た。これで帰りもシールはいらない。

さあ残り300m、いつもなら上部はクラストして歩き易いのだが今日は最後までラッセ
ルがきつい。さあ山頂が間近に迫る。

9.58 2089m 鍬崎山 やりました。山頂です。眼前に薬師岳がドーン、左に立山が
バーン、その先に剣がチョビット。大満足の展望です。風は強いがハートは燃えてい
るので寒くはない。さあそろそろパウへ旅立つか。

10.15 2089m 鍬崎山発 行くぞバーティクト。ガンガン浮いてくれ。上部はどこま
でも快適なパウを楽しめた。この時期にしては大満足。あっという間に鞍部まで。

10.42 1330m 大品山手前鞍部 快楽は短いものだ。エエーもう終わりですか。ここ
から100mの登り返し。

11.09 1420m 大品山山頂 後は消化試合、もう重くなったまずいパウダーを試練の
滑り、ただ安全に下るだけ。

11.40  830m リフト終点 無事到着。ここからのスキー場は試練の重い雪。もう試
練のスキーは結構です。

11.48  610m 粟巣野スキー場駐車場 やっと終わったと言うのが素直な感想、下り
は1時間半と早かった。後半の滑りは今一だったが前半は二重丸、終わってみれば大満
足。今日も良い運動でストレスも解消。

今年は雪が多く、行き先に悩みそう。この山の賞味期限も当分大丈夫!!

24火打山 2010.3.28

季節外れの寒気到来でまたパウダーでしたが標高差2000mのラッセルは久しぶりに完全
燃焼でした。

【山域】火打山 2461m
【場所】新潟県
【日時】20010年3月28日(日)
【コース】笹倉温泉−アマナ平-焼山北面台地−火打山往復
【メンバー】僕、名人
【装備】ポケロケ 165cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポケロケ 175cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】 曇りのち雪

5.00  450m 笹倉温泉発
5.03  750m 九十九折り林道終点
6.08  1000m アマナ平
7.12  1235m 焼山北面台地
8.06 1359m 賽の河原横断
10.59 2000m 尾根乗越し
12.16 2350m 火打と影火打間の鞍部
12.36 2461m 火打山頂
12.52  2461m 火打山頂発
13.48  1000m アマナ平
14.25 450m 笹倉温泉

前夜笹倉温泉で待ち合わせ、すし活経由で笹倉温泉に入るが激しく雪が降り出しスリッ
プしないように慎重に温泉に入る。雪は多い、例年より1m以上は多いだろう。
早々に宴会を切り上げ朝4時スタートで熟睡す。

20010年3月28日(日)朝3時起床、朝までに笹倉でも10cm程雪は降っただろうか。上部は
かなり積雪はあるだろう。

5.00  450m 笹倉温泉発 いきなりのチビラッセルで始まる。九十九折林道に入る
とラッセルは靴下となり斜度が増すと靴となる。今日は辛い行程になりそうだ。

5.03  750m 九十九折り林道終点 ようやく九十九折は終わり、笹倉温泉の夜景が
きれいである。ここからアップダウンにはまらないように慎重にルートを選ぶ。ラッ
セルを交代しながらルートを延ばす。

6.08  1000m アマナ平 この辺りも雪は多い、北面台地の登りの急登は辛い靴ラッ
セルとなる。板は沈み、根性で先を進む。

7.12  1235m 焼山北面台地 何とか視界は保たれている。ここからもルートをうま
く取らないと帰りが辛くなる。

8.06 1359m 賽の河原横断 第一の難関だ。帰りもシールは避けたいので河原は下
らないようにルートを工作する。名人の腕の見せ所、完璧なルート取りで帰りもシー
ルはいらない。

高度が上がるにつれラッセルが辛くなる。今日は誰も火打には来ないだろう。いや来
れないだろう。時期外れの辛いラッセルをただただ帰りのパウダーを夢見て頑張るの
み。先頭を交代しながらガンバガンバ。

10.59 2000m 尾根乗越し 乗り越し手前はカチカチでビビった。さあ影火打が間近
だ。ここからが一番辛いところだ。ここまで来て敗退はあり得ない。歯を食いしばっ
てラッセルに耐えるのみ。

12.16 2350m 火打と影火打間の鞍部 さあ山頂が間近だ。風も強くなりガスもきつ
くなる。さあ山頂の標識が見えた。

12.36 2461m 火打山頂 やったー完全燃焼です。今日は辛かった。標高差2000mの
ラッセルなんて久しぶりだ。風も強く早くこの地獄から逃れたい。

12.52  2461m 火打山頂発 行くぜよ。どこまでも快適なパウ。雪まみれになりなが
らパウを楽しむ。頑張って良かった。北面台地まではパウ楽しめたが北面台地ではガ
スが濃くなり滑りは楽しめなかった。賽の河原も一切シールを使う事無く完璧なルー
ト取りで下って行く。

13.48  1000m アマナ平 スキーがあれば早いもんです。あっという間に下りて来た。
ここからもガンガン飛ばして九十九折林道はカットカットで楽しく下って行く。
もう温泉が見えました。

14.25 450m 笹倉温泉 無事到着。今日は疲れました。完全燃焼です。山頂に立て
て大満足です。達成感もひとしおです。

23赤岳 大門沢 2010.3.22

かねてから名人に誘われていた赤岳大門沢、高崎に用事があったので帰りがてら付き
合おうかと本日挑戦した。数日前の雨の影響か2600mより上はカチカチ状態で山頂から
のエントリーは出来なかったがそこそこ大門沢を楽しめた。

【山域】赤岳 2899m
【場所】長野県
【日時】20010年3月22日(月)
【コース】大泉清里スキー場−大門沢−県界尾根−赤岳−大門沢−大泉清里スキー場
【メンバー】僕、名人
【装備】ポケロケ 165cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポケロケ 175cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】 晴れ

5.25 1691m 大泉清里スキー場発
6.09 1872m シール歩行開始
7.58 2465m 県界尾根上
8.25 2533m アイゼン歩行開始
10.12 2899m 赤岳山頂
10.44 2899m 赤岳山頂発
10.55 2752m 赤岳展望荘
11.55 2644m 大門沢エントリー
13.00 1872m スキー終了
13.30 1691m 大泉清里スキー場着

行きの前日に巻機山でスキーを行い、日曜高崎で用事を済まし夜9時高崎を出て名人の
待つ八ヶ岳を目指した。清里スキー場で待ち合わせ宴会もそこそこに就寝した。

20010年3月22日(月)朝4時半起床。僕にとっては未知の山域だが名人に取っては庭の様
な山域だろう。おにぎり食べてさあ出発。

5.25 1691m 大泉清里スキー場発 例年の同時期ならここからシールで歩けると言
うのだが今年は雪不足でスキーを担いでしばらく歩く。前夜少し雪が降ったようでうっ
すら登山道に雪が残る。40分程歩いてようやく雪も増えて来た。

6.09 1872m シール歩行開始 しばらくは大門沢沿いに進む。斜度が急になる前
の2200m辺りで進路を右に取り県界尾根上を目指す。樹林の間を問題なく尾根に上がれ
た。

7.58 2465m 県界尾根上 尾根上もしばらくはシール歩行可能だが徐々に斜度は増
し、とうとう限界を感じて板を担いでアイゼンに変える。

8.25 2533m アイゼン歩行開始 この辺りからもうカチカチとなり場所によっては
アイゼンの爪先しか入らない。厳しい尾根だな、話がちと違うが行くしかないか。

上部に上がるにつれ雪面は氷になる。やばいなカチカチやぞ。斜度も増し雪壁登りに
変身、ここはアイスクライミングか。勘弁してや。四つん這いになってどうにか展望
荘に出た。ここからは強風の嵐、必死になって山頂を目指し何とか山頂が見えた。

10.12 2899m 赤岳山頂 無事着いたが果たして山頂から大門沢に入れるか。やばい
なここもカチカチやぞ。斜度も50度を超えておりカチカチ斜面にエントリー出来る訳
が無かった。

10.44 2899m 赤岳山頂発 しゃあない、アイゼンで展望荘まで下りるしかないか。
硬い斜面を慎重に下る。雪の状態が良ければ山頂から滑れると言う事だったが。

10.55 2752m 赤岳展望荘 ここまで下りればようやくカチカチ斜面からコチコチ斜
面に変わった。それでもコチコチ斜面は気が抜けない。ここでスキーに履き替えトラ
バース気味に滑って大門沢のエントリーを探る。

11.55 2644m 大門沢エントリー この辺りでようやく入れそうだ。山頂からは入れ
なかったがザラメ以外は無理だろう。大門沢は快適な沢だった。雪質もまずまずでド
ンドン下って行く。途中で滝も出て来たが無難に巻けて更に快適に下って行く。

雪が少なくなると日当りの悪い場所に逃げて更に下るがもうそろそろ限界だろうか。

13.00 1872m スキー終了 結局山頂から標高差で1000mは雪が繋がっていた。ここ
で板を担ぎスキー場を目指す。

13.30 1691m 大泉清里スキー場着 無事着きました。今日は緊張の連続でした。十
分満足して金沢まで400kmの運転です。

上信越道では渋滞に巻き込まれもう勘弁して、クタクタになって夜8時ようやく自宅に
到着。疲れました。

22猿ヶ馬場山 2010.3.17

ここんとこ水曜の休みの度に新雪に恵まれている。今日も新雪が10−30cm程あり軽い雪
のパウを楽しめた。猿ヶ馬場も出だしから雪はたっぷりだった。

【山域】猿ヶ馬場山 1875m
【場所】岐阜県
【日時】20010年3月17日(水)
【コース】白川郷−帰雲山−猿ヶ馬場山往復
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ 165cm,TLT,ガルモント
【天気】雪時々曇り

4.00 490m  白川郷 八幡神社発
5.28 1035m 宮谷林道合流
7.14 1515m 帰雲山手前鞍部
7.30 1600m 帰雲山過ぎ鞍部
8.44 1875m 猿ヶ馬場山着
9.00 1875m 猿ヶ馬場山発
9.25 490m  白川郷 八幡神社着

前夜白川郷で車中泊、雪が降るとならば行くしか無いだろう。今日も午後から仕事な
ので午前中の早い時間に下りるつもり

4.00 490m  白川郷 八幡神社発 雪はたっぷり林道はガンガンカット、ラッセルを
避けるため今日は尾根上を登路として利用し、下りは谷筋を下る事にする。快適に尾
根を進みあっという間に林道に合流した。

5.28 1035m 宮谷林道合流 折角だからゾンデで積雪調査、220cmと雪は多かった。
しばらく林道沿いに進み右に折れて尾根に乗る。ブナ林をガスの中進む。

このコース帰雲山を過ぎるまでうまくルートを取らないと帰りもアップダウンにはま
る。今日は完璧なまでにアップダウンを避け、ルートを作る。

7.14 1515m 帰雲山手前鞍部 ここまで無事ルートを作成、これで帰りも快適に戻
れる。当然帰雲山も左に巻いて過ぎた鞍部に出る。

7.30 1600m 帰雲山過ぎ鞍部 これも完璧、ここから先もうまくルートを取って山
頂まで一切アップダウンはしない。新雪のラッセルが心地良い、雪も軽く帰りもパウ
ダーを楽しめそうだ。ルンルン気分でモンスターをぬうように山頂を目指す。

さあお待ちかねの山頂平原が見えた。

8.44 1875m 猿ヶ馬場山着 無事到着、視界は悪いが太陽が出ない分気温は低い。
例年の同時期より雪は多く、この山の賞味期限もまだまだだろう。

9.00 1875m 猿ヶ馬場山発 さあ帰りは本気モードで行く。いかにスキーの機動力
が優れているか久しぶりにタイムレースをやってみる。長い行程をどれだけの時間で
白川郷に戻れるか。

レース開始、完璧なコース取りで一切登り返しは無いから早い早い、雪も軽くパウ三
昧だ。写真も撮らずガンガン滑って行く。林道に合流してからは谷筋を一直線に下っ
た。さあ白川郷が見えた。

9.25 490m  白川郷 八幡神社着 ストップウォッチを押した。さあ何分かかったか。
ピンポン25分。やはり本気モードは早い。ツボ足で猿ヶ馬場を目指した事のある方な
らいかにスキーの機動力が優れているか分かって頂けると思う。

今日もパウに出会えて大満足。まだまだ楽しい日々が続きそう。

21槍ヶ岳 2010.3.14

朝から快晴予報のBig Day、そろそろ北アルプスでもと槍ヶ岳に挑戦した。
予想通り例年より雪は多く超快適な歩行とともに飛騨沢では快適な粉雪を楽しめ大満
足の一日になった。

【山域】槍ヶ岳 3180m
【場所】岐阜県
【日時】20010年3月14日(日)
【コース】新穂高−飛騨沢−槍ヶ岳往復
【メンバー】僕、名人
【装備】ポケロケ 165cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポケロケ 175cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】 晴れ強風

2.00 1110m 新穂高発
3.37 1540m 白出小屋
4.49 1750m 滝谷
5.36 1990m 槍平小屋
7.58 3010m 飛騨乗り越し
8.42 3180m 槍ガ岳山頂
9.07 3180m 槍ガ岳山頂発
9.53 3080m 槍ガ岳山荘発
10.25 1990m 槍平着
11.13 1540m 白出小屋着
11.34 1110m 新穂高着

前夜新穂高で名人と待ち合わせ、明日は気合い入れまくりで頑張ろうと宴会も早めに
引き上げて数時間の仮眠をへて朝1時に起床。満天の星を見上げてモチベーションをあ
げる。今日もやるぞ。

20010年3月14日(日)寝袋で暖めていたおにぎりを二ケぱくついてさあ行くぜよ。

2.00 1110m 新穂高発 林道は工事のためか数百メートル除雪されていたが、そこ
からは豊富な雪をガンガン進む。穂高平山荘へのカーブは無視してそのまままっすぐ
カットして直接白出方面へ。数日前のツボ足トレースの凹凸がひどくとても歩きにく
い。

3.37 1540m 白出小屋 無事到着。ここからも豊富な雪、やはりこの時期は快適だ。
白出沢を少し進んでお約束の河原に下りる。河原も雪は多く好きに歩ける。ブドウ谷
には猛烈なデブリ、数日前に起きたばかりだろう。怖い怖い。

4.49 1750m 滝谷 滝谷はデブリ無しでがっかり、谷を過ぎて川は全面埋まる。雪
は豊富でデブリも埋まりここも快適に進める。足並みは早くあっという間に槍平に。

5.36 1990m 槍平小屋 今年は雪は多いですね。例年の同時期より1mは多いと思う。
冬期小屋は屋根まで雪で埋まっていた。初めての光景。

さあここからアクセル全開。飛騨乗り越しまでの標高差1000mをガシガシ登る。雪はサ
ラサラ、ちびラッセルでサクサク、ポケロケは太いので沈まない。標高2950mまでクトー
無しで歩けた。ここからクラスト斜面を嫌いアイゼンで行く。

ただ猛烈な強風で体がふらふら、今日は特別風が強い。稜線も激しい風で雪煙の嵐、
すごい光景だ。

7.58 3010m 飛騨乗り越し 名人ここでスキーをデポしようと言うが却下、行ける
とこまで担いで行くのが流儀、ここから槍ヶ岳山荘までも風が強く体ごと持って行か
れそう。

歯を食いしばって山荘着、ここも雪は例年より多い。ここで板をようやくデポ、身軽
になって山頂を目指す。雪は多いのでとても歩きやすく、サクサク高見を目指す。
最後エビのしっぽだらけの梯子をこなすと山頂に飛び出した。

8.42 3180m 槍ガ岳山頂 無事到着です。新穂高を出て6時間42分、今日の条件から
してまずまずかも。耐風姿勢を取りながら写真を取り合い、さあ帰りますか。

9.07 3180m 槍ガ岳山頂発 逃げ足は速い、サクサク退散。登りより下りが嫌らし
い槍。

9.53 3080m 槍ガ岳山荘発 山荘に着いたらシールを剥がしさあここから滑ります
か。クラスト斜面を慎重にこなして飛騨乗り越しまで。やはりスキーを持ち上げて正
解でした。スキーの方が強風でも安全です。

それでは飛騨沢貸し切りショーの始まりです。軽い粉雪がクラストの上にたんまり乗っ
ている。パウダーの様な感じでどこまでも快適に滑って行ける。やはり今日は飛騨沢
が正解だったでしょう名人。気温も低くどこまでも快適。

飛騨沢の入り口で2パーティとすれ違う。上部は大変ですが頑張って下さい。

10.25 1990m 槍平着 あっという間に着きました。ワンパーティが休憩してお
りYASUHIRO Drと呼び掛け、サンキュー、君たちも頑張って山頂目指してね。まだ気
温は低いので河原も快適な滑り。

早い早い、いつもの場所で登り返して白出へ。

11.13 1540m 白出小屋着 さあ着きました。ここからも固い雪を新穂までぶっ飛ば
す。

11.34 1110m 新穂高着 白出から20分でした。やはりスキーは素晴らしい。槍の山
頂からも2時間ちょいでした。

今年の槍は今のところ雪は豊富です。河原の歩きも今が旬です。とっても快適に山頂
を目指せます。是非。

20猿ヶ山 2010.3.10

僕にとって近、雪、楽の山それは猿ヶ山北東尾根。家から近くて雪も多くかつ楽しめ
る。おまけに登り返しも一切無いので下りも早い、3月に入ってもまたまたドカ雪が降っ
てくれた。猿ヶ山でも30−60cmの新雪があり底付き無しのパウが楽しめた。

【山域】猿ヶ山 1447m
【場所】富山県
【日時】20010年3月10日(水)
【コース】五箇山小瀬集落−北東尾根−猿ヶ山往復
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ 165cm,TLT,ガルモント
【天気】曇り時々雪

5.00  370m 五箇山小瀬集落手前発
6.59  907m  地図上907
7.26  1000m  第二送電線鉄塔
7.53  1100m  第三送電線鉄塔
8.08  1221m 地図上1221m
9.11  1447m 猿ヶ山山頂着
9.27  1447m 猿ヶ山山頂発
9.58   400m  五箇山小瀬集落

金沢では9日昼過ぎから激しい雪が降り出した。仕事を終えて山に向かおうとするが車
の屋根には雪が15cm程、雪下ろしに一苦労した。

激しく雪降る高速を飛ばしても1時間とかからず五箇山に着くので楽勝だと思ったが高
速を下りて路面は積雪20cm程の新雪が、小瀬集落まで雪をかき分けてアルファードが
行く。集落の駐車は邪魔になるので集落手前の広くなった路肩に駐車して車中泊。

20010年3月10日(水)朝4時起床。雪は一晩中降っていたようだ。さあ今日は激ラッセル
になるぞ。

5.00  370m 五箇山小瀬集落手前発 今日はポケロケを持って来たがポンッーン
かヘルベントでも良かった。雪は深い。集落を過ぎて橋を渡りいきなり急斜面に取り
付く。ポケロケでも膝下ラッセルだ。

この時期にラッセル出来るなんて幸せだ。ガンガンラッセルして林道に這い上がる。
杉林を過ぎて地図上907ジャンクションを目指すがラッセル辛し。

6.59  907m  地図上907 ようやく着いた。ここからは尾根を忠実に猿ヶ山を目指
すのみ。尾根上は風の影響でラッセルは少し楽になった。

7.26  1000m  第二送電線鉄塔 遥か下には五箇山の高速道が見える。対岸の大滝
山も雪は多そうだ。3月の重いドカ雪で木々は垂れ下がり頭を垂れている。

重荷に耐え切れず折れる枝があちこちに。鉄塔でも倒れるくらいだからこの時期のド
カ雪は相当な重さなのだろう。
 
7.53  1100m  第三送電線鉄塔 高度が上がっても雪はサラサラではなく思い雪の
ラッセルが続く。

8.08  1221m 地図上1221m ようやく平坦地まで上がった。ここからはルートをう
まくとって帰りも楽に滑れるように進む。垂れ下がったモンスターたちでお化け屋敷
の森のようだ。さあ山頂が見えた。

9.11  1447m 猿ヶ山山頂着 無事到着。良い汗をかきました。雪も多く山頂は平
原になっている。急いでシールを外したらパウダー行きますか。

9.27  1447m 猿ヶ山山頂発 重いウェットパウダーですがこの時期贅沢は言えま
せん。どこまでも快適に滑って行く。登り返しも一切無く早い早い。今日も貸し切り
ですか。林道はほとんどカットして谷筋を滑る。

9.58   400m  五箇山小瀬集落 エェーもう終わりですか。山頂を出て30分で着き
ました。今日も猿ヶ山は楽しませてくれました。

早く帰ったので昼食はかみさん連れてランチです。今回のドカ雪でまた山は息を吹き
返し、スキーシーズンは2週間くらいは伸びるだろう。

19北ノ俣岳 2010.3.7

山ノ村打保から北ノ俣岳を目指しましたが激しい風雪とホワイトアウトで山頂手前で
敗退しました。一日中雪降る中、帰りは軽い雪のチビパウダーを楽しめました。

【山域】北ノ俣岳 2662m 手前2530mまで
【場所】岐阜県
【日時】20010年3月7日(日)
【コース】打保−神岡新道往復
【メンバー】僕、名人
【装備】ポケロケ 165cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポケロケ 175cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】 一日雪

4.00 946m 山ノ村打保発
5.55 1230m 神岡新道登山口
7.26 1524m 地図上1524m平坦地
8.37 1842m 飛越新道合流
9.53 1998m 寺地山
10.38 2050m 避難小屋
11.44 2530m 神岡新道2530m敗退
12.00 2530m 神岡新道2530m発
12.47 1998m 寺地山
13.31 1524m 地図上1524m平坦地
14.18 1230m 神岡新道登山口
14.52 946m 山ノ村打保

前夜打保で待ち合わせ、集落終点まで除雪がされていた。この辺りで積雪1m弱か。夜
半から雨が雪に変わって来た。朝4時発と言う事で宴会はお開き。

20010年3月7日(日)朝3時起床、朝から雪が舞っている。

4.00 946m 山ノ村打保発 暗闇の中林道をスタート、ちびラッセルしながら林道
を進むが僕も名人も初めてのコースゆえ暗闇で渡るべき橋を見落とす。おかしいと引
き返すも30分以上はロスした。

林道は所々沢からの水で雪が消えているが概ね快適に歩行出来た。道迷いの影響もあ
り登山口まで約2時間もかかってしまった。

5.55 1230m 神岡新道登山口 ようやく登山口、ここから沢沿いに際どい登山道を
難儀しながら高度を上げて行く。新雪は30cm程あるので帰りは楽しめそうである。
GPSを頼りにアップダウンにはまらぬように高度を上げて行く。

7.26 1524m 地図上1524m平坦地 登り切って少し下ると平坦地に出た。小川が流れ
ていた。ここからが神岡新道のメインコースとなる。雪降る中名人と先頭を交代しな
がらハイペースで進んで行く。ペースを上げすぎるとサングラスが曇るのでそこそこ
ペースダウンする。

8.37 1842m 飛越新道合流 ようやく合流、ここから平坦なコースを交えて寺地山
を目指す。

9.53 1998m 寺地山 ようやく着いたが、この先視界はあまり無く北ノ俣岳方面は
真っ白、先を行くかどうするか悩んだが、協議の末行くしかないだろうとの結論に。

ここから避難小屋まではアップダウンがうるさい。

10.38 2050m 避難小屋 ようやく着いたがこの先更にホワイトアウト、またも悩ん
だが協議の末行くしかないだろうと。

しばらくは樹木も少し出ているのでまだましだが無いところは真っ白の世界、山頂な
らGPSで行けるだろうとガシガシ進んで行くが、登るにつれ激しい風雪の洗礼、やばい
なこの先ホワイトアウトで滑って帰れるだろうか。もう体中凍り付いて来た。

山頂まで残すとこ100mチョイだが悩んだ末協議、ヤバイなもう、帰るしかないだろう
との結論に、

11.44 2530m 神岡新道2530m敗退 激しい風雪の中必死になってシールを剥がす。

12.00 2530m 神岡新道2530m発 さあ逃げ帰るぜよ。ホワイトアウトで視界が無いか
らGPSだけが頼り、トレースを着実に追って行く。帰りは早い、まだまだ余力十分。

12.47 1998m 寺地山 あっという間にここまで登り返して来た。
ここからは素敵なパウダーを頂きながらどこまでも軽い雪に満足。

13.31 1524m 地図上1524m平坦地 ここからまた登り返して沢筋に楽しいラン。

14.18 1230m 神岡新道登山口 あっという間でしたか。ここからも林道はよく滑っ
てくれた。

14.52 946m 山ノ村打保 ようやく雪に埋もれたアルファードを発見。財政難か山
ノ村は本日除雪無し、村の脱出に難儀した。

悪天候の北アルプスは甘くはなかったです。

18人形山周回 2010.2.28

雪の多い2月中には一度人形山周回を行こうと考えていました。
総距離21km、累積標高差は約1700mです。カラモンから先はホワイトアウトで難儀しま
した。

【山域】人形山 1726m 周回
【場所】富山県
【日時】20010年2月28日(日)
【コース】五箇山猪谷−大滝山−カラモン峰−人形山−宮屋敷−田向−猪谷
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ165cm,TLT,ガルモント
【天気】雪のち晴れ、ホワイトアウト

前夜五箇山に入り車中泊、朝4時に起床するも激しい雨が降っている。アカンともう一
度寝た。雨は6時過ぎに次第に雪に変わりようやく重い腰を上げて出発する。

6.46 290m  五箇山 猪谷発 雪はまだ豊富で北北東尾根も問題なく進める。一晩
で新雪が10cmほどあったので歩きやすい。ガシガシ登って行く。暑い暑い。

8.17 765m  林道交差 林道ミラーが出ていたので積雪は2m弱か。ここからもハイ
ペースで登って行く。ずっと雪が降り続いている。視界は悪い、何とか晴れて欲しい
が。

9.37 1350m 尾根終点稜線(北東尾根との合流)祈りが通じたか、ようやくこの辺り
で視界が少し出て来た。徐々に晴れ出し大滝山がすっきり見える。

10.11 1498m 大滝山 無事着いた。3時間20分程で着いた。まずまずのペースだ。さ
あここから先はまだ歩いた事の無い人形山への稜線だ。雪庇がずっとそそり出ており
要注意だ。新雪のおかげで多少ラッセルはあるがクトー無しでも登りやすい。

稜線は風が強く難儀する。カラモン峰を目指すが視界は再び徐々に悪くなりカラモン
手前でホワイトアウトになった。弱ったな。登りは良いが下りは前が見えず怖い。
GPSを握りしめドキドキで進んで行く。

11.35 1679m カラモン峰 多分この辺りがカラモンだろう。人形山はもうすぐだろ
うがホワイトアウトで気が重く雪庇を踏み抜かぬように慎重にGPSで進む。

12.12 1726m 人形山 ようやくGPSで山頂を認識した。晴れていればここから一気に
滑り込むのだが視界が無いのでシールで慎重に行くしかない。宮屋敷まで慎重にシー
ルで登り返す。ワンパーティのトレースが宮屋敷方面から続いていたが視界が無くど
こですれ違ったか分からない。

13.14 1610m 宮屋敷 ここでようやくシールが外せる。さあ一気に田向まで滑り込
むのみ。雪は重く決して楽しくはないがまだポケロケなので滑りはまずまずだ。

13.35 875m 林道終点駐車場
 あっという間に滑り込んだ。ここからも林道はカッ
トカットでガンガン下りて行く。

14.20 330m 田向集落
 ようやく到着。ここから歩きで1kmちょいで猪谷へ

14.40 290m  猪谷集落 無事到着。ようやく念願達成。大満足です。

17白山 2010.2.24

今年の白山は雪は多かった。白峰ゲートで既に1m、林道は至る所で雪崩が起きており
別当出合まで随分難儀しました。山頂まで10時間半を要し、往復約50kmの15時間行動
でした。

【山域】白山 2702m
【場所】石川県
【日時】20010年2月24日(水)
【コース】白峰−市ノ瀬−別当出合−砂防新道−白山山頂−観光新道下大斜面
     −別当出合−白峰
【メンバー】単独
【装備】フォルクル158cm,TLT,ディナフィット
【天気】晴れ

0.11 510m 白峰ゲート発
1.54 640m 百万貫岩
3.33 830m 市ノ瀬
5.39 1240m 別当出合
7.54 1970m 甚ノ助ヒュッテ付近
8.55 2320m 弥陀ケ原
9.44 2450m 室堂
10.44 2702m 白山山頂
11.00 2702m 白山山頂発
11.33 2320m 弥陀ケ原
12.11 1240m 別当出合
13.02 830m 市ノ瀬
14.11 640m 百万貫岩
15.29 510m 白峰ゲート

火曜仕事が終わると気合い十分で白峰を目指す。2時間仮眠して深夜0時発とした。

0.11 510m 白峰ゲート発 今年は随分雪は多い、おとといの新雪が20cm程ありス
キーは沈む、長い長い林道は体力を奪われそうだ。

林道は至る所で雪崩れておりデブリの通過は危うい、滑って川に落ちると終わり、ア
イゼンを出したりクトーを出したりその都度とんでもなく時間はかかる。

1.54 640m 百万貫岩 市ノ瀬の半分までにもう2時間近くかかり先が思いやられる。
正直帰りたい気持ち、ただ荒行に耐え頑張るのみ。
 
3.33 830m 市ノ瀬 ようやく到着、もう疲れ果てました。靴づれも出来まくり、
テープで固定、気温が高いため板が沈みもう勘弁して欲しい。ここから別当まで更
に2時間の試練だった。

5.39 1240m 別当出合 ようやくスタートラインに着いた。ここまですでに5時間半、
体力はかなり消耗。でも行くと決めた以上行くしか無い。橋を渡ると一転してクラス
ト斜面、クトーで慎重に行くが、中板場でスリップ、数m滑落した際雪面で顔面を強打。
顔から血が滴り痛々しい。

鏡が無いので状況不明。先を目指す。ガシガシ登る。

7.54 1970m 甚ノ助ヒュッテ付近 小屋は当然雪の遥か下。この上でアイゼンに履
き替え板を担ぐ、カチカチ斜面を慎重に登ると稜線に出た。

8.55 2320m 弥陀ケ原 白山が真っ白、今日は貸し切りだ。ラスト頑張るのみ。

9.44 2450m 室堂 鳥居はかなり埋まっていた。室堂から上は氷の斜面、斜度は緩
いがアイゼンしか使えない。山頂が近づくが疲労困憊、もう気力のみ。ようやく手が
届く位置まで来た。やったー到着。

10.44 2702m 白山山頂 素晴らしい景色です。風は弱く絶好の山日和だ。写真をとっ
てさあ滑り支度。

11.00 2702m 白山山頂発 室堂まで氷の世界なので慎重に下りて行く。転けたら終
わり、エッジに命を託す。貸し切りの大斜面は素晴らしい。頑張って良かった。

11.33 2320m 弥陀ケ原 黒ボコから観光新道下の大斜面を別当出合まで滑る事にす
る。どこまでも続く大斜面、この時期ならではです。気温が高くなるので雪崩に気を
つける。

12.11 1240m 別当出合 ここまではあっという間だった。ここから気温の高い林道
は滑りが悪く、押しの忍耐の下山となる。

13.02 830m 市ノ瀬 フッー、ここからが面倒だ。またデブリとの闘いか。

14.11 640m 百万貫岩 滑らない雪に懸命に漕いで行く。クロスカントリーか。

15.29 510m 白峰ゲート ようやく着いた。今日は単独で頑張り抜けた。数年前に
名人と行った時とほぼ同じ時間だった。

疲れ果てましたが頑張り抜けて大満足です。今日は荒行だった。
帰ってかみさんにその顔どうしたのと、、、、、明日の仕事どう言い訳しようか。

詳細な写真解説に

16僧ヶ岳 2010.2.21

今週の戻り寒波のおかげで山はリセットされ激パウを楽しむことができた。
今日は単独で片道10kmのつらいラッセルに耐え、新たなルートから僧ヶ岳を目指した。

【山域】僧ヶ岳 1885m
【場所】富山県
【日時】20010年2月21日(日)
【コース】片貝集落(別又谷林道)−成谷山北西尾根−僧ヶ岳往復
【メンバー】単独
【装備】バーティクト 180cm,TLT,ガルモント
【天気】晴れ

3.00 249m 片貝集落(別又谷林道)発
3.40 300m 尾根取り付き
5.26  700m 林道交差
6.49 1019m 地図上1019
10.20 1600m 成谷山
11.45 1855m 僧ヶ岳
12.00 1855m 僧ヶ岳発
12.24 1600m 成谷山
13.22 700m 林道交差 
13.35 300m 尾根取り付き
14.00 249m 片貝集落

20010年2月21日(日)前夜片貝に到着、雪は多い、朝まで一晩中小雪が降っていた。こ
こ数日の寒波のおかげで山は生き返った。

3.00 249m 片貝集落(別又谷林道)発 今日は単独ラッセルなので山頂まで何時間
かかるか分からない。朝3時発とした。暗闇の中林道を歩くがGPSを見ながら取り付き
尾根を目指す。

3.40 300m 尾根取り付き 予定通りだが取り付き尾根はかなりの斜度で薮もそこ
そこ、このコースは厳冬期の雪の多い時にしか使えないだろう。
今日はヘルベントにするか迷ったが、ファット最強の180cmバーティクトを選択した。

暗闇の中厳しい尾根のラッセルが続く、トップが反っているヘルベントの方が良かっ
た。後悔しても遅い。もう気力で高見を目指すのみ。

5.26  700m 林道交差 ようやく林道に交差して斜度が緩む。ここからもつらいラッ
セルが延々と続く。二人なら休んでいてもトレースは伸びるが一人ならおちおち休ん
でいられない。林道交差からは帰りの事を考えてアップダウンを避けてうまく尾根を
巻いて行く。

6.49 1019m 地図上1019 ようやくこの辺りで明るくなって来た。安堵感漂う。こ
の先1261ピークの巻きを右から巻いたため崖にぶち当たる。参ったな、何とか引き返
して左で巻き直して難を逃れた。さあ成谷山がすぐだ。

10.20 1600m 成谷山 稜線に出てようやくラッセルは楽になった。ここまで本当に
試練だった。毛勝山や駒ヶ岳が素晴らしい。今日も頑張って良かった。さあ僧ヶ岳が
ドンドン近づいて来る。

11.45 1855m 僧ヶ岳 やった。万歳、今日は単独で頑張り抜いた。自分との闘いだっ
た。素晴らしい展望に酔いしれたらさあパウダー頂きます。

12.00 1855m 僧ヶ岳発 稜線は雪も硬く快適に滑って行ける。丁度、成谷山手前で
雲がわき太陽を遮ってくれた。雪はサラサラだ。

12.24 1600m 成谷山 ここからは激パウの嵐だった。生き返った山に僕も生き返っ
た。今日も頑張って良かった。

13.22 700m 林道交差 あっという間に着きました。
この少し下で尾根を外れチビ沢を快適に林道まで下った。

13.35 300m 尾根取り付き もう安パイです。

14.00 249m 片貝集落 無事到着、今日は11時間行動だった。

往復20km、標高差1600m、久しぶりの激山行に体重は57kまで落ちていた。
新たなコースも開拓出来大満足でした。

15三方岩岳 2010.2.10

最初から雨の山行だと分かっていたので、今日は体力作りと割り切って雨の中ポンッー
ンを引きずって三方岩を目指してみた。ポンッーンは最強のラッセルマシーンだが雨
でだんごが出来まくると最強の筋トレマシーンに変貌する。

【山域】三方岩岳 1710m
【場所】石川県
【日時】20010年2月10日(水)
【コース】白川郷馬狩−三方岩岳往復
【メンバー】単独
【装備】ポンッーン 179cm,TLTspeed,ガルモント
【天気】雨

6.00 705m 白川郷 馬狩発
6.15 770m 白山スーパー林道口
9.58 1710m 三方岩岳山頂
10.15 1710m 三方岩岳山頂発
11.12 705m 白川郷 馬狩

先日の大笠で源ちゃんの若いパワーを見せつけられ、ならもう一段パワーアップをし
なければと今日は最初から体力作りと割り切って一番負荷のかかるだろうポンッーン
を選択する。

20010年2月10日(水)朝5時に起きると小雨とガス、体力作りにはもってこいの天候だ。

6.00 705m 白川郷 馬狩発 トヨタ学校付付近まで除雪されており、駐車スペー
スもあるのでこの辺りも山スキーにはもってこいのフィールドだ。

雨の中早くもシールはベチャベチャになり、場所によってはだんごが出来る。スーパー
ファットでだんごが出来ればもう負荷はかなりのもの。深雪ラッセルよりもきつい。

6.15 770m 白山スーパー林道口 しばらく進んで尾根に取り付く。今日の雪じゃ
帰りの滑りもあったものでない。ただただ忍耐の登りが続く。

だんごのポンを引き回しながら高度を上げる。星飛雄馬の大リーグ養成ギブスも真っ
青だ。おまけにガスガスでたまに白谷が見えると全層雪崩で怖い事になっている。

今日は尾根を忠実に登り下るしか無い。山頂まで視界も無く、ただただ体力作りに徹
するのみ。山頂付近はホワイトアウトで何も見えないがGPSを握りしめて山頂を目指す。

9.58 1710m 三方岩岳山頂 着きました。山頂は激しい風で雪はすべて飛ばされて
おり地肌が見えている。もう十分体力付きましたから早く帰りましょう。

10.15 1710m 三方岩岳山頂発 重い雪にしゃもじタイプのポンですからターンも難
しい。帰りも足に来る一粒で二度おいしいグリコ真っ青の体力作りだ。ガスでルート
を見失わないようにトレース脇を忠実に滑っていく。

11.12 705m 白川郷 馬狩 もう着きましたか。

今日の様な雨の日はポンッーンが最も体力作りに適していると改めて再認識した。
今後の山行を考えると雨の日でも体力作りをしておかなければならない、努力は必要
です。

14大笠山 2010.2.8

そろそろ今シーズン記録に残る山行を決行しようと大笠山厳冬期ワンデイに挑戦した。
全国的な知名度は低いかもしれないが北陸の岳人ならこの時期大笠山の山頂に立つ事
が如何に困難か分かってくれると思う。

山頂までほとんど視界が無く、吹雪にも見舞われましたが帰りは晴天に恵まれ念願が
果たせました。

【山域】大笠山 1821m
【場所】富山県
【日時】20010年2月7日(日)
【コース】国道156−境川ダム−主稜線東尾根−大笠山往復
【メンバー】僕、名人、源ちゃん
【装備】ポンッーン 179cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(名人)
スヌープダディ        (源ちゃん)
【天気】雪のち晴れ

3.00 330m 国道156付近広場発
3.33 443m 打越トンネル
4.28 600m 境川ダム
4.39 597m 主稜線東尾根
6.34 1100m
7.24 1240m 黒池
8.58 1414m 稜線下核心部分手前鞍部
9.59 1594m 主稜線
11.09 1821m 大笠山
11.38 1821m 大笠山発
12.16 1407m 核心部分過ぎた鞍部
14.30 597m 尾根取り付き林道
15.30 330m 国道156付近広場

前夜五箇山で待ち合わせ、今回は福井のファイヤーマン源ちゃんから是非参加したい
とのメールがあり、これで鬼に金棒かと嬉しくなった。折角だから源ちゃんには40mザ
イルを持って来てもらう。

夜9時前五箇山に着いたが激しい雪の量、明日のラッセルが思いやられる。車内宴会中
も雪が断続的に降っていた。さあそろそろ会はお開き、明日は朝3時発。

20010年2月7日(日)朝2時に起き急いで握り飯を食べた。朝までにさらに15cmほど雪が
積もった。

3.00 330m 国道156付近広場発 悲しいかな除雪は国道からわずか200m程で終了。
境川ダムまで4.5kmの林道ラッセルだ。今日は最強のマシーンポンッーンだ。僕が先頭
でぐいぐいラッセルする。今日は30代、40代、50代のコラボだ。

3.33 443m 打越トンネル ようやくラッセルから解放、板を背負い1.6kmの暗闇ト
ンネルを歩く。長いトンネルだった。

4.28 600m 境川ダム ようやくダムに着いた。もう随分疲れましたがこれまでは
前菜、これからが本番。

4.39 597m 主稜線東尾根 いきなり痩せ尾根に取り付く。斜度が増しラッセルも
きつい、GPSを持つのは僕だけなので明るくなるまでは僕が先頭でルートを作るしか無
い。雪の中黙々と高見を目指す。

6.34 1100m さあこの辺りから尾根は非常に複雑かつ細かいアップダウンの連続、帰
りも難儀しそうだ。明るくなってようやくラッセル交代、お役御免です。

7.24 1240m 黒池 この辺りも実に複雑だ。GPSでうまくルートを探るが無いと多分
はまる。地図を見て最大の核心部分は1470mの小ピークだ。右は崖、左は谷ここの突破
がすべてだと思っていた。

8.58 1414m 稜線下核心部分手前鞍部 取り敢えず核心部手前鞍部に着いた。ここ
からどうルートをとるか。名人は一旦谷に下りようと主張。僕は核心部を左から巻く
事を主張。視界が乏しい中僕が責任を取ってトップでルートを延ばした。落ちたら助
けて下さい。

核心部分を抜け一旦下降。さあこれでもう大笠は大丈夫だろうと確信した。ここから
は元気な源ちゃんがガンガンラッセルしてルートを延ばしてくれた。
 
9.59 1594m 主稜線 さあ着いた。残り200mちょい、しかし相変わらず視界は悪く
おまけに大笠までまたもや細かいアップダウンにもう精根尽きた。最後のガンバでよ
うやく山頂の標識が見えた。

11.09 1821m 大笠山 万歳!!三人で固く握手して労をねぎらう。よく頑張った。記
念写真を撮ったらさあ行くぜよ。

11.38 1821m 大笠山発 下山の頃からようやく視界が効いてくれた。助かった。こ
れで稜線を離れてスキーを楽しめる。かなり急な斜面も視界がきけばもうあんパイだ。

12.16 1407m 核心部分過ぎた鞍部 ここまで一気に滑り込んでここからシール歩行、
登り返してシールを剥ぐが1100mまで細かいアップダウンに泣かされる。もう勘弁して
よー。

それでもおいしい斜面は激パウだった。ゴッサんです。標高1100mを超えたらもう一気
に林道まで飛ばした。

14.30 597m 尾根取り付き林道 あっという間でしたね。楽しかったですね。ここ
から林道をまた黙々と滑り、トンネルを歩いてようやくゴールが見えた。

15.30 330m 国道156付近広場 往復時間12時間半、累積標高差1650mラッセルと自
分との闘いでした。厳しいコースを完登し感無量でした。皆さんの協力のおかげです。

厳冬期の大笠ワンディは記録無しと思いますが、もしあれば連絡下さい。

詳細なコースガイドへ

13横前倉山 北東斜面 2010.1.31

北東斜面と言えば乙妻山が有名ですが、横前倉山の北東斜面も負けず劣らず豪快で雪
も良く楽しめました。初めての山域ですが期待を裏切りませんでした。

【山域】横前倉山 1907m
【場所】長野県
【日時】20010年1月11日(月)
【コース】北小谷.来馬温泉−横前倉山往復
【メンバー】僕、名人
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】曇り時々晴れ

4.00 437m 北小谷 来馬
5.45 960m 林道上部下降点
5.59 884m 南俣沢横断
9.30 1907m 横前倉山山頂
9.44 1907m 横前倉山山頂発
10.14 884m 南俣沢横断
10.27 884m 林道登り返し
10.58 960m 林道上部
11.11 437m 北小谷 来馬

前夜小谷道の駅で待ち合わせ、来馬温泉から少し上がった集落の先で除雪は終わって
おり終点に車を止めて宴会、満月の夜に酒がすすんだが明日も4時発と別れた。

20010年1月11日(月)朝3時起床、今日はチャーハンを食べて栄養満点。初めての山域は
ワクワクする。この辺りで積雪は1mぐらいだろうか。十分だ。

4.00 437m 北小谷 来馬 さあ行くぞ、暗闇だが高見を目指せば良いので楽だ。林
道はカットカットでガンガン高度を上げる。複雑な地形だがとにかく無駄をしないよ
うに心がける。高度が上がると集落の灯りは小さくなって行った。

5.45 960m 林道上部下降点 良いペースで林道上部だ。地図ではここから100m弱高
度を下げて南俣沢を渡るようだ。上部林道は積雪3mを超えていた。暗闇の中シールで
下って行く。

5.59 884m 南俣沢横断 ようやく横断だ。ここから山頂まで登り一辺倒なので気は
楽だ。今日は硬い雪の上に新雪が20cm程のっている。ここからも林道はカットしなが
ら黙々と高度を上げる。

標高が上がると原生ブナ林が広がり何とも良い雰囲気になって来た。正面には横前倉
がドーン。広大な北東斜面をサクサク上がる。対岸には雨飾や金山など展望が美しい。

標高1600mを超えた辺りから斜度が増して来た。スキーではかなりつらいがツボ足はもっ
とつらいだろう。僕がトップで名人に安全地帯で待機してもらい万が一の雪崩に備え
る。

雪は安定しており安心感はあったが斜度はかなり急で下を見るとビビるのでとにかく
大汗をかきながら全力で休まず登り切る。ようやく登り切れた。名人も随時安全地帯
での待機から次へと足を伸ばしている。

登り切れば斜度は緩み最後プラトーを少し上がると横前倉山山頂に着いた。

9.30 1907m 横前倉山山頂 ようやく着きました。かなりビビりましたが、この展望
はさすがに素晴らしい。風吹岳も下に見える。風も無く今日は穏やかだ。

9.44 1907m 横前倉山山頂発 さあそろそろ北東大斜面を頂きますか。ここ数日の暖
かさにしては北東なので良い雪は残っていた。素晴らしい斜面です。雪崩に軽快しな
がら交代でドンドン攻めてみる。来て良かった。

ブナの原生林のランも素晴らしい、どこまでも快適な斜面が続く。もうたまらず一気
に滑り込んだ。

10.14 884m 南俣沢横断 ようやく横断点です。

10.27 884m 林道登り返し さあ最後の登り返し。標高差で100もないので楽勝です。

10.58 960m 林道上部 さあここでシールを外して、後はトレースを外さないように
一気に集落まで下るだけ。

11.11 437m 北小谷 来馬 無事終了。
この山域も中々静かで楽しめる山域だと思った。 詳細な写真解説へ

12大門山 2010.1.27

大門山は金沢の平野部からは山容が富士山に似て美しく「加賀富士」または「金沢富
士」の別名がある。厳冬期のアプローチは長く厳しいためこの時期山スキーを楽しむ
人は稀である。

先週挑戦したが予想外の高温でヘルベントに猛烈な下駄ができてしまい身動き取れず
敗退した。今日はポケロケでリベンジした。ここ数日の降雪で山はまたしっかりリセッ
トされ素晴らしい雪が楽しめた。

【山域】大門山 1571m
【場所】石川県
【日時】20010年1月27日(水)
【コース】五箇山−ブナオ峠東尾根−ブナオ峠−大門山往復
【メンバー】単独
【装備】ポケロケ 165cm,TLTspeed,ガルモント
【天気】晴れ

3.41 320m  五箇山国道156号ブナオ峠林道口
4.47 550m  ブナオ峠東尾根取り付き  
7.06 1100m 主稜線  
7.13 970m  ブナオ峠
9.21 1571m 大門山山頂着
9.33 1571m 大門山山頂発
9.46 970m  ブナオ峠
10.17 1100m 主稜線登り返し
10.53 320m  五箇山国道156号ブナオ峠林道口

五箇山周辺の山は自宅から1時間以内に大概の登山口に着けるのでもってこいの山域で
ある。今日も気温は上がりそうだから午前中に勝負をつける事にし先週以上に早出と
した。

20010年1月27日(水)朝3時起床、今日も気合い入れまくりだ。下駄ができてもポケロケ
なら引きずってでも進めるだろう。寝袋に入れておいたおにぎりを2ヶぱくついてさあ
行くか。

3.41 320m  五箇山国道156号ブナオ峠林道口発 放射冷却で林道は雪がしまってお
り快適に進める。林道でも1m以上の積雪はある。

4.47 550m  ブナオ峠東尾根取り付き 1時間の歩きで尾根取り付きだ。このまま林
道でもブナオ峠には行けるがスキーを楽しむなら東尾根を使う方が安全ではるかに楽
しめる。尾根の上部は平坦になるのでうまくアップダウンを避けるようにトレースを
付ける。
 
7.06 1100m 主稜線 うまくトレースを付けたので帰りは快適に下れるはずだ。こ
こから100mちょい下ればブナオ峠だ。帰りの登り返しのラッセルは避けたいのでシー
ルのままうまくジグを切りトレースを付けておいた。 

7.13 970m  ブナオ峠 ようやく日が差し始め明るくなって来た。ここ数日の雪で
ラッセルは靴程度とややつらく、ヘルベントでも良かったかなと少し後悔。ブナオ峠
から大門山までは樹氷やブナを楽しみながら快適にラッセルした。

右手の純白の大門山を見ながら気分は高揚する。分岐まで来れば山頂までもうすぐだ。
360度遮るものの無い素晴らしき展望、北アルプスから白山までよく見える。

9.21 1571m 大門山山頂着 無事到着。時間も早いので雪もまだサラサラと快適だ。
北の方向に金沢平野が見える。僕の家はあの辺りだろうか。

9.33 1571m 大門山山頂発 さあ素晴らしき雪を楽しもう。サラサラの軽い雪にポ
ケロケも十分浮いて楽しく滑れる。楽しくて楽しくて一気に滑り込んでしまった。ブ
ナオ峠まで13分だった。ちょっと早過ぎ。

9.46 970m  ブナオ峠 ここからシールで登り返す。トレースはバッチリ付けてあ
るので苦労無く登り返せた。

10.17 1100m 主稜線登り返し さあ後は東尾根を快適に滑るのみ。上部の平坦地も
トレースを利用して無難に進む。斜度が出て来たら軽い雪を快適に滑り込む。

林道に合流しても時間が早いため雪はまだ氷化しており滑る滑る。あっという間に五
箇山集落に着いた。

10.53 320m  五箇山国道156号ブナオ峠林道口 今日も大満足。

今シーズンからポケロケもTLTspeedに変えましたが実に軽くなって快適。ほぼすべて
の板のビンディングもディアミールからTLTに変えどの板も軽くて快適です。

11佐渡山-御巣鷹山周回 2010.1.24

土曜ブナの会主催のパウダーミーテイングに参加して日曜に名人、鉄人、操、篠崎Dr
と5人で佐渡山—御巣鷹山周回コースを楽しんできました。累積標高差は1450mでした。

【山域】佐渡山—御巣鷹山周回
【場所】長野県
【日時】20010年1月24日(日)
【コース】大橋−佐渡山−御巣鷹山−大橋
【メンバー】僕、名人、鉄人、操Dr、篠崎Dr
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(名人)
    シュガダディ,TLT,スカルパ (鉄人)
    ポンッーン 179cm,TLT,ガルモント(操Dr)
    ポンッーン 169cm         (篠崎Dr)

6.00 1150m 大橋発
7.58 1827m 佐渡山山頂着
8.39 1462m 佐渡山東面平坦地
8.52 1462m 佐渡山東面平坦地発
10.30 2048m 御巣鷹山着
11.04 1854m 御巣鷹山南面平坦地
11.29 1928m 外輪山鞍部
12.12 1150m 大橋着

年に一度のミーテイングに参加するため土曜は気合いで仕事をこなす。何とか6時には
仕事を終えることができた。250kmの雪降る高速道をそこそこ飛ばす。途中土産のます
寿司を買い込んで夜10時前にようやく戸隠に着いた。

既に会は盛り上がっていた。30名以上の山スキー熱中人が各地から集まっていた。ス
ライド上映をしながら色々な情報交換をする。酒を飲みながら夜は更けて行く。

深夜会が終わると明日に備えて僕は車に戻り仕込みをする。他のメンバーも仕込みの
ため車中泊をしたようだ。

20010年1月24日(日)朝5時起床、既に大橋は満車状態、急いでお茶を飲んでさあ行くか。

6.00 1150m 大橋発 既にトレースはバッチリ出来ていて寒いのでそこそこハイペー
スで飛ばす。佐渡山に取り付いても相変わらずいいペースでドンドン登る。

佐渡山は初めてで中々眺めの良い山だと感激した。東面には雪庇が張り出しており慎
重に進む。

7.58 1827m 佐渡山山頂着 無事皆さん到着、ここでシールを剥いでいざ東面を底
付きパウダーラン。先日の雨で氷化斜面に新雪20cm、正直板が当たって滑りつらい。

一気に標高差400m滑り込んで平坦地に着いた。

8.39 1462m 佐渡山東面平坦地 ここでシールを付けて今度は御巣鷹山を目指す事
にする。ラッセルを適宜交代しながら山頂を目指す。高度が上がるにつれ妙高、焼山、
雨飾、高妻など展望は良好だ。

さすがにこの辺りはもう静かでトレースはない。山頂が近づくと斜面は氷化して来た
ためクトーで登り上げる。

10.30 2048m 御巣鷹山着 無事着きました。皆さんやる気満々です。さあおいしい
斜面を頂こう。御巣鷹山の南面を一気に滑り込んで行く。おいしい斜面に奇声を上げ
ながら自己陶酔。あっという間に下部平坦地へ

11.04 1854m 御巣鷹山南面平坦地 さあここから外輪山に登り返し、本日3度目のシー
ル歩行。

11.29 1928m 外輪山鞍部 さあ最後大橋までパウダーランを頂きましょう。底付き
ですがそこそこ楽しめます。ノンストップで一気に滑り込んで行った。

12.12 1150m 大橋着 今日も大満足でした。往復500km遥々来た甲斐がありました。
山スキー熱中人の皆さんお疲れさまでした。それではと挨拶をして金沢へと車を飛ば
して帰った。

10四ッ岳 2010.1.17

甲府の名人、横浜の鉄人、古川の☆の気合い入れまくりメンバーで四ッ岳激パウを楽し
んできました。それにしても寒かった。

【山域】四ッ岳 2744m
【場所】岐阜県
【日時】20010年1月17日(日)
【コース】平湯キャンプ場−北東コースで四ッ岳往復
【メンバー】僕、名人、鉄人、☆
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(名人)
    シュガダディ,TLT,スカルパ(鉄人)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(☆)
【天気】晴れ時々ガス

5.00 1310m 平湯キャンプ場発
5.53 1600m 大滝川徒渉
8.45 2554m 三角岩
9.34 2744m 四ツ岳山頂着
9.54 2744m 四ツ岳山頂発
10.45 1600m 大滝川徒渉
11.38 1310m 平湯キャンプ場着

久しぶりに山スキーオタクの混成メンバーで四ッ岳を目指す事になった。
平湯キャンプ場で前夜待ち合わせ。

土曜仕事を終えて夜7時平湯を目指したが、先日からの寒波で富山を過ぎてから神岡方
面はすごい雪、凍結道路を慎重に進む。

平湯に着くとちょうど名人と鉄人も到着、久しぶりにアルファードで宴会。明日は5時
発と打ち合わせ、☆は自宅から来る予定。

深夜一台の車が到着、この人たち何と深夜2時半に四つ目指して先に出て行った。負け
た、夜中に出るのは僕たちの定番だが上手がいた。

20010年1月17日(日)朝4時起床、寒過ぎ、車内も氷点下だった。外は氷点下10度以下、
急いで朝食、寝袋で暖めていたおにぎりを2ヶぱくつく。

5.00 1310m 平湯キャンプ場発 ☆も到着、さあ行くぜ。トレースは前夜の入山者
のものがバッチリ、膝から膝上ラッセルの連続で大変だったと思う。感謝感謝。

5.53 1600m 大滝川徒渉 トレースのおかげであっという間。もうブリッジもしっ
かり雪も豊富、どこでも歩ける。僕たちは最初から北東コースで山頂を目指す予定だっ
たがこのトレースも北東コースを進んでいた。

標高が上がり槍穂が真っ赤に染まった。素晴らしき景色。早起きは三文の徳、立派な
トレースに助けられドンドン標高が上がる。帰りは激パウだろう。

8.45 2554m 三角岩 ちょうど朝2時半に出た二人組が滑って来た。お疲れさま。
お一人は僕のHPにリンクしている<山追い人>であった。僕ら以上に気合い入れまくり
ですね。ではごきげんよう。

この辺りから雪面はクラスとしているが135mmのジャンボクトーで皆問題なく登り上げ
る。しかし風も強くなりめちゃ寒い。なんちゅう寒さや。さあ山頂がすぐだ。

9.34 2744m 四ツ岳山頂着 僕が一番乗り、名人、鉄人、☆の順に無事到着。たま
にガスが晴れると槍穂がきれい。早く滑りましょう。

9.54 2744m 四ツ岳山頂発 さあ行きますか皆の衆、クラスト斜面を過ぎればも
う激パウの嵐、前も見えないくらいの底なしパウダーだった。☆はあっという間に消え
て行く。バイバイ。皆大満足でパウダーを楽しんで最後大滝川にジャンプ一番。

無事徒渉点です。今日も大満足でした。 

10.45 1600m 大滝川徒渉 少し登り返して最後はトレース皆無の左の沢からキャ
ンプ場を目指す。最後まで激パウでした。

11.38 1310m 平湯キャンプ場着 お腹いっぱいパウダーが頂けました。前日の入
山者の方々、感謝感謝です。有難くトレースを利用させて頂きました。

9天狗原山周回 2010.1.11

白鳥に続いて今日は厳冬期素晴らしいモンスターに会える天狗原周回コースを楽しん
できました。言うまでもなく激パウでした。

【山域】天狗原山 2197m
【場所】新潟県
【日時】20010年1月11日(月)
【コース】小谷.山田温泉−天狗原山−浅海川−金山南西尾根−栃の樹亭−山田温泉
【メンバー】僕、名人
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】晴れ時々ガス

2.51 850m 小谷.山田温泉発
3.28  980m 栃の樹亭
4.23  1100m 林道・小谷-妙高線
5.35  1500m 天狗原南西尾根稜線上
6.19  1645m 雪庇のある平坦地
9.21  2197m 天狗原山着
9.38  2197m 天狗原山発 浅海川へ
10.18 1650m 浅海川1650m登り返し
11.10 1750m 金山南西尾根
11.57  960m 栃の樹亭下橋
12.37  850m 小谷.山田温泉着

20010年1月11日(月)前夜夕方小谷温泉に着くと丁度堀米パーティが1泊で天狗原を往復
して戻って来たところだった。明日は気合い入れまくりで頑張ろうと酒を飲んで早め
に就寝。

気合い入れまくりの時は目覚まし無しで目が覚める。深夜1時半に目が覚めた。早めに
起きてすし活の細巻きを朝食にして準備をする。

名人には朝3時発と言っていたが、もう10分程かかると言うのでじゃあ先にちびラッセ
ルしてるからとスタートした。

2.51 850m 小谷.山田温泉発 この辺りも近年にない豪雪である。ワクワクで歩く。
林道は前日の入山者のおかげでトレースばっちりでサクサク足を進める。

3.28  980m 栃の樹亭 ここで少し下ってまた林道を進む。分岐からは風の影響で
トレースは切れ切れになっていて少し苦労するがそれでも楽である。

4.23  1100m 林道・小谷-妙高線 この辺りから堀米隊は稜線に取り付いていた。ト
レースはあるにはあるがかなり怪しく不明瞭になって来た。暗闇でもあり自分で歩き
やすいように高度を上げる。ラッセルは厳しくなって来た。

10分遅れの名人は中々追いついてくれない。仕方なくガンガン単独ラッセルを続ける。

5.35  1500m 天狗原南西尾根稜線上 結局稜線上まで一人で頑張って休憩している
とようやく名人到着。えらいのんびりしているじゃん、と皮肉たっぷり。さあここか
らは名人に頑張ってもらおう。

この辺りからトレースはもうほとんどはっきりしなくなって消えている。名人頑張っ
てラッセルしてもらおう。

6.19  1645m 雪庇のある平坦地 ここを過ぎてしばらくでモンスター帯に出た。素
晴らしきモンスター、景色を楽しむなら雨飾より格段に上のコースである。ようやく
朝日も上がって来た。さあ今日は絶好の山スキー日和だ。

アップダウンをうまくかわしながらガンガン高度を上げればもう山頂が間近だ。

9.21  2197m 天狗原山着 やりました。山頂です。焼山が火打が素晴らしい。雨飾
も眼下に見える。今日も来て良かった。

9.38  2197m 天狗原山発 浅海川へ さあ今日も激パウ頂きますか。浅海川は雪崩に
警戒しなければならないがこの時間なら問題ないだろう。そのためにに早起きしたの
である。

どこまでもすばらしいV字谷が続く。この雰囲気がたまらない。正面に北アルプスを見
ながらのパウダーランである。S字岩峰が左手に見えればもうすぐで登り返しだ。

10.18 1650m 浅海川1650m登り返し さあまだ余力十分、100m登り返して金山南西尾
根に上がる。名人ラッセルご苦労様。

11.10 1750m 金山南西尾根 尾根状でシールを剥いでいたらいきなりズドーンと地
響きがした。雪崩だ。ビビった。登り返した尾根の裏側で全層雪崩、巨大なものであっ
た。これだから自然は侮れない。

あとはブナ林のパウダーランを楽しむだけ。あっという間に橋が見えた。

11.57  960m 栃の樹亭下橋 ここから少し登り返して後は林道をカットカットで山
田温泉に下った。

12.37  850m 小谷.山田温泉着

素晴らしきコース、山スキーをやっていて本当に良かった。

8白鳥山 2010.1.10

折角の連休、名人と激ラッセル激パウダーを楽しんできました。

【山域】白鳥山 1289m
【場所】新潟県
【日時】20010年1月10日(日)
【コース】上路集落−北西尾根−白鳥山往復
【メンバー】僕、名人
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】雪

5.23 220m 上路集落発 
9.43 1289m 白鳥山山頂  
10.22 1289m 白鳥山山頂発 
11.12 220m 上路集落

白鳥も年に一度は行かなければならない、天気は悪い予報なのでまあ無難な選択だろ
う。前夜上路で待ち合わせ、小雪が舞う夜だった。

夜中にいきなり右足がつって悲鳴を上げ目が覚めた、外は激しいみぞれが降っている。
山では吹雪だろう。朝4時半起床、白鳥は午前中で楽勝だろう。

20010年1月10日(日) 

5.23 220m 上路集落発 湿っぽい雪の中スタート、雪は林道終点で60cm程か、暗闇
の中先にラッセルさせてもらう。名人お先に。正面尾根はまだ薮っぽいのでまだ薮の
少ない北西尾根で山頂を目指す。

ラッセルはスーパーファットで靴から膝下、まあ細板で登っていた頃を考えると隔世
の感がある。この時期はこの板のおかげで随分楽が出来る。雪は絶え間なく降ってい
る。帰りのトレースは分からなくなるだろう。

かなりハイペースでラッセルしたせいか、いつまでたっても名人が来ない、標高700m
付近でしばらく待つ事にした。ようやく名人登場、この辺でラッセル頑張ってもらお
うか。

名人は体力作りをしたいとヘルベントではなく189cmのポンッーンでガシガシ漕いで行っ
た。実に頼もしい板。標高800m付近で積雪調査300cm以上あり測定不能、やはりここも
雪は多い。

北西尾根はまだ多少薮っぽい場所もあるが帰りの滑りも全く問題ないだろう。ガスで
視界は30m程度、山頂手前は吹雪で視界は全く無し、GPSで何とか山頂を当てていきな
り小屋が見えた。

9.43 1289m 白鳥山山頂着 小屋は1m以上の雪の外堀に囲まれていた。急いでシャベ
ルでドアを除雪して二階に転がり込んだ。ようやく生きた心地がした。火が無くても
暖かい、ここは天国である。ゆっくり帰り支度をしてまた吹雪の中に飛び出した。
  
10.22 1289m 白鳥山山頂発 視界が無いので慎重に下る。トレースは既に消え消えで
ある。こんな吹雪の日はGPS様々である。吹雪をものともせずパウダーランで快感。僕
たちは本当に物好きだ。

天気も悪いので写真も撮らずに一目散に滑って行く。あっとう言う間に集落が見えた。

11.12 220m 上路集落着 ふーっ楽しかった。車は雪がたんまり

さあ腹が減っては山スキーはできぬ。すし活で特上ちらしを頂いて次は小谷温泉に移
動、明日はメインの天狗原周回、モンスターに会いに行かねば。明日はもっと厳しい
ラッセルが待ち受けているだろう。

7取立山 2010.1.6

年末年始の海外旅行からの時差ぼけで体調が悪かったのでこんな時は山で思いっきり
ラッセルした方が良かろうと出掛けてみた。

【山域】取立山 1307m
【場所】福井県
【日時】20010年1月6日(水)
【コース】国道157−取立山往復
【メンバー】単独
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント
【天気】雪時々曇り

5.17 620m  国道157発
6.10 835m  林道終点駐車場
6.47 1095m 稜線
7.54 1307m 取立山山頂
8.10 1307m 取立山山頂発
8.58 620m  国道157着

20010年1月6日(水)朝4時起床、金沢では小雪がちらついていたが鶴来から白山山麓に
進むにつれ雪がドンドン増えて行った。

取立山の登山口付近ではもう路肩の雪は山積みで2mくらいあった。雪も激しく降って
いる、こんな日に山へ向かう人はまずいないだろう。

5.17 620m  国道157発 いきなりヘルベントで膝ラッセルですか。それでも板の先
端が出るのでまだましである。年末年始および昨日からの降雪でもうふかふかの雪が
たんまり、ツボ足なら胸まで潜る。

林道のラッセルは疲れるのでもうダイレクトに山頂を目指す事にする。林道はカット
カットでもうどうでも歩けるくらいで薮は全く気にならない。

6.10 835m  林道終点駐車場 林道カットカットで高見を目指したので気が付いた
ら駐車場は下に見えていた。ここからの登山道もドンドン斜度を上げて山頂を目指す。
斜度が増してラッセルが厳しくなってもヘルベント、ポンツーンクラスならそれほど
気にならない。

6.47 1095m 稜線 相変わらず天気は悪く雪は激しく降っている。視界も悪い、た
だこれくらいのラッセル正直問題ない。ただ昼からの仕事が気になるので時間との闘
いである。

稜線に出てから強風のおかげで少しラッセルはましになりようやく登頂の目処はつい
た。ガスの中山頂が間近に見えた。

7.54 1307m 取立山山頂 今日も無事着いた。まずゾンデで積雪調査だ。比較的風
が強い場所にも関わらず260cmのゾンデは刺さる気配無し。肩まで突っ込んでようやく
ヒット。ゆうに3mは超えている。風下ならいかほどの積雪か怖い。

風も雪も強いしもう帰ろう。さあ急いでシールをはがす。

8.10 1307m 取立山山頂発 帰りはもう激パウ過ぎて粉が巻き上がり何も見えない、
底なし激パウ、普通のファットでは多分沈み過ぎて滑りにならないだろう。

帰りは一直線に国道を目指す事にする。頑張った甲斐があった。

8.58 620m  国道157着 無事雪に埋もれた車に到着。

この雪で標高差700mの単独ラッセルはさすがに良い運動になりました。時差ボケもも
う解消です。今年は楽しいシーズンになりそうだ。

6猿ヶ山 北東尾根 2009.12.23

折角の休日、天気は良くないとの事だったがパウダーを楽しむなら太陽が出ない方が
良かろうとまた行くしか無かった。

【山域】猿ヶ山 1447m
【場所】富山県
【日時】20009年12月23日(水)
【コース】五箇山小瀬集落−北東尾根−猿ヶ山往復
【メンバー】僕、名人
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(僕)
    ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】雪時々曇り

4.00  390m 五箇山小瀬集落手前路肩
6.10  1000m  第一鉄塔
6.47  1221m 地図上1221m
7.54  1447m 猿ヶ山山頂着
8.10  1447m 猿ヶ山山頂発
8.58   390m 五箇山小瀬集落手前路肩

今日も名人と小瀬集落で落ち合わせ、名人は山梨から400kmの道のりを徹夜で運転し深
夜2時にやって来た。

五箇山は最近の寒波でとんでもないくらい雪は増えていた。今日も期待出来そうだ。
小瀬集落まで除雪はされていたが雪が多く集落内の駐車スペースはわずかなので民家
に迷惑がかからぬように集落下の広くなった路肩に車を止める事にした。

20009年12月23日(水)朝3時起床。起きると小雨が降っている。暗い、周囲も当然まだ
暗い。今日も昼から用事があるので早く出て早く下りるつもり。

4.00  390m 五箇山小瀬集落手前路肩発、集落までとぼとぼ歩いていく。名人は
初めての山なのでありがたく僕が先頭でラッセルさせてもらおう。

先日の雨飾より多少雪はしまっているがそれでも普通の板なら大変だろう。ヘルベン
トで今日もサクサクラッセルだ。林道はガンガンカットして急な傾斜をガシガシ行く。

寝不足の名人には悪いが急いでいるのでハイペースに付いて来てもらう。雪は多くど
こでもトレース可能。薮はほとんど気にならない。尾根に出てからも豊富な雪で快適
快適。

6.10  1000m  第一鉄塔 かなりハイペースで来た。まだ真っ暗で、五箇山の明か
りが見える。第二鉄塔も過ぎあっという間に上部の平坦地だ。

6.47  1221m 地図上1221m ここから山頂まではルートを慎重に選び帰りの登り返
しを一切しないコースで。ラッセルに飽きて来た頃ようやく山頂が見えた。

7.54  1447m 猿ヶ山山頂着 標高差は先日の雨飾と同等だが今日は半分の時間で
来れた。気合い入れまくり。積雪調査では2m50cm、まあまあだろう。しばし休めばい
ざ滑降だ。

8.10  1447m 猿ヶ山山頂発 今日も素晴らしいパウダーです。狂ったように奇声
を発しながら二人もう自己陶酔。今日も頑張って良かった。

雪も多く太陽も出ていないので雪質は良くどこまでも快適パウダーだった。ええもう
集落ですか。
 
8.58   390m 五箇山小瀬集落手前路肩着 今日も大満足でした。名人大喜びでま
た400kmの帰路についた。

折角ですからビンディングについてこれまでディアミールを主に使用していました
がTLT speedに変えてからこの軽さと信頼性にはまり今シーズンからディアミールはす
べて外して名人と二人TLTに変えました。おまけに今シーズンからTLT純正のジャンボ
クトー135mmが発売されもう迷いは無くなったと言う感じです。

5雨飾山P2 2009.12.20

これだけ雪が降れば雨飾も激パウ間違いないだろうとスーパーファットを持ち出して
激ラッセル、激パウを楽しんできました。

【山域】雨飾山 P2 1850m
【場所】新潟県
【日時】20009年12月20日(日)
【コース】山田温泉−P2往復
【メンバー】僕、名人
【装備】ヘルベント 169cm,TLT,ガルモント(僕)
    ポンッーン 189cm,TLT,ガルモント(名人)
【天気】曇り時々雪

4.00 850m 小谷.山田温泉発
5.26 1040m 林道合流
7.22 1160m 登山口休憩所
9.54 1500m P1
11.59 1850m P2
12.24 1850m P2発
14.17 1160m 登山口休憩所
15.01 850m 小谷.山田温泉着

前夜仕事を夜7時に終わらせ名人が待つ小谷温泉へ高速を飛ばした。高速は激しい雪で
視界は悪い、所々事故った車が停車している。勘弁して欲しい、泣きが入るが名人と
の約束は破れない。行くしか無い。

かなり低速でやっとのこと糸魚川に、いつものすし活で遅い晩飯を食べてまた車を走
らせた。小谷温泉が近づくと雪はドンドン増えて行った。雪も絶え間なく降っている。
明日は厳しいラッセルになる。

温泉下シェルターには名人号が待っていた。明日の打ち合わせをしつついつものよう
に宴会だ。20日は僕の50回目の記念バースディだ。今宵はかみさんではなく名人に祝っ
てもらおう。

思えば山スキーを初めて17年間何とか怪我も無く生き長らえて来た。ただもう無茶な
事をする年ではない、名人と酒を交わしながらそう思った。ただ明日は記念日にふさ
わしい山行をしよう。

20009年12月20日(日)朝3時起床。数時間仮眠をすればもう元気一杯だ。さあ今日は激
ラッセルするぞ。

4.00 850m 小谷.山田温泉発 小雪の中温泉裏からいきなり膝ラッセルだ。スー
パーファットでなければ太刀打ち不可能な雪だ。暗闇の中ガンガン交代でラッセルを
続ける。GPSを頼りに上部の林道を目指す。

5.26 1040m 林道合流 ようやく林道に合流出来た。林道に出て延々と長くつら
いラッセルが続いた。今日は絶対P2に立つ覚悟だ。

7.22 1160m 登山口休憩所 厳しいラッセルにもがいてここまで3時間半も要して
しまった。ここでゾンデ調査90cmの積雪だった。いつもならここから下って尾根に取
り付くが、今日は尾根を左回りで下る事無く尾根にはい上がる。

うまくブリッジを渡り左回りで尾根を登り上げる。厳しいラッセルが続く。おまけに
薮はかなり濃い、修行が続くが交代で先頭を代わりながら高見を目指す。

9.54 1500m P1 ようやく付いた。ここの積雪は1m50cmだった。こんなものだろ
う。ここから少し下ってまた薮を強引にラッセルする。斜度が増せば膝上になるが頑
張るしか無いだろう。どこまでも厳しいラッセルが続きようやくP2が近づいた。もう
すぐだ。

11.59 1850m P2 やった。ハッピバースディ、今日は野郎二人の寂しいバースディ
だ。雨飾山はたまにちらりと顔をのぞかせるが相変わらず天候は良くない。早く激パ
ウ楽しもうぜ。

12.24 1850m P2発 ウヒヨー、素晴らしい!スーパーファット激浮き、激パウです。
頑張って良かった。薮もあるが気にしない。ガンガン滑る。P1からは薮を避けうまく
沢筋に入り激パウを楽しんだ。うまくトレースに合流した。最高でした。

14.17 1160m 登山口休憩所 ここからもチューンした板は良く滑ります。林道途
中で外れて山田温泉目指してまた激パウを楽しみます。

15.01 850m 小谷.山田温泉着 お疲れさま、今日は最高のバースディでした。名
人アリガトさん。

ここ数日のドカ雪は僕にとって最高のプレゼントであった。

4白山 2009.12.9

11月の初滑りの頃より少しは雪は増えただろうか。工事は終わったようで既に市ノ瀬
ゲートは閉ざされておりここからMTBを使うしか無かった。

【山域】白山 2705m
【場所】石川県
【日時】20009年12月9日(水)
【コース】市ノ瀬−別当出合−砂防新道-白山-南竜経由で下山
【メンバー】単独
【装備】シュガダディ 153cm,TLT,ガルモント(僕)
【天気】曇り

2.00 830m 市ノ瀬 MTB発
2.58 1240m 別当出合
3.40 1500m 中飯場
5.01 1970m 甚ノ助小屋
6.09 2330m 黒ボコ岩
6.34 2450m 室堂
7.22 2702m 白山山頂
7.51 2702m 白山山頂発
8.42 1970m 甚ノ助小屋
9.50 1240m 別当出合
10.06 830m 市ノ瀬着

今回は単独で挑戦する。さすがに別当までは車は入らないだろう。夜到着、案の定市
ノ瀬ゲートは閉ざされていた。明日は昼から用事があるので仮眠をしたら速攻で攻め
る事にした。起床は1時半にした。

20009年12月9日(水)寝る時は満天の星であったが起きると星は見えなかった。天気は
下り坂だ。さあお茶を飲んだらすぐに出よう。

2.00 830m 市ノ瀬 MTB発 重荷を背負ってガシガシこいで行く。たまに道路が凍
結しておりスリップする。難儀だ。頑張って急ぐ。

2.58 1240m 別当出合 工事も終わっているようだ。一本橋を慎重に対岸へ渡る。
先日の降雪も昨日の快晴で下部では融けたようだ。

3.40 1500m 中飯場 この辺りでも5cmほどと寂しい。初滑りではここから板を履い
たが今日はチュンナップしたばかりの板なのでしばらく歩く。

標高1700m付近から積雪は増え岩は完全に隠れているのでここから板で歩く事にする。
ファットスキーは快適だ。

5.01 1970m 甚ノ助小屋 この辺りで50cmほど、まだまだ雪は少ない。ここから夏
道で黒ボコを目指す。まだ真っ暗な上、氷化した斜面を歩くので慎重に。

6.09 2330m 黒ボコ岩 ようやく着いたが今日はペースが早めでまだ真っ暗で白山
は見えなかった。この辺りからは雪はかなり増えているようだ。もう石を踏む心配は
無い。

6.34 2450m 室堂付近 室堂には寄らず正面のくの字ルンゼを黙々と登り上げる事
にする。時折小雪がちらほら、天候は今一だが気にしない。さあ山頂がすぐだ。
 
7.22 2702m 白山山頂 無事着きました。今日も山頂までスキーで登り上げた。こ
の時期にしては暖かい山頂だ。ゆっくり写真を撮ったら帰り支度だ。

7.51 2702m 白山山頂発 今日も山頂付近は石が出ていてエントリーは一段下がっ
た場所からにする。今日は単独なので写真は適当で滑りに専念す。氷化した斜面をエッ
ジを効かせながら快適に下る。たまには南竜経由で帰ってみるか。

弥陀が原も氷化しており早い早い、南竜経由で甚の助を目指す。甚の助まで石を踏む
事は一度も無かった。

8.42 1970m 甚ノ助小屋 さあここからも板で狭い登山道を飛ばす。標高1700mまで
滑って終了。今日は一度も石を踏まなかったので気も穏やかだ。ここで板を担いで下
りていく。

9.50 1240m 別当出合着 ここからはMTBで一気に下る。スキーと同じくらい楽しかっ
た。

10.06 830m 市ノ瀬着 無事到着。貸し切りでした。これから行く人はもう自転車
必須です。白峰ゲートはもうしばらく開いているかも。

3猫岳 2009.12.6

そろそろ猫岳もそこそこ滑れるだろうと挑戦してみた。
平湯峠からは雪はずっと繋がっており、スカイラインは思い通りにカット出来たので
かなり効率的に山頂を踏めました。

【山域】猫岳 2581m
【場所】岐阜県
【日時】20009年12月6日(日)
【コース】国道−平湯峠-スカイライン-猫岳往復
【メンバー】僕、名人
【装備】バース7 150cm,ディアミール,ガルモント(僕)
    シュガダディ 153cm,TLT,ガルモント(僕)
【天気】曇り

4.00 1450m 平湯トンネル付近ゲート入り口発
4.47 1680m 平湯峠
6.26 1973m 夫婦松
9.03 2369m スカイラインから樹林へ
10.21 2581m 猫岳山頂
10.34 2581m 猫岳発
10.45 2500m スカイライン猫岳-四ッ岳鞍部
11.50 1450m 平湯トンネル国道脇ゲート入り口着

前夜仕事を終えると名人の待つ平湯トンネル国道脇に急いだ。
途中携帯でトンネル付近は雪は皆無で雨が降ってますと悲しい連絡を入れてくれた。

今回も体力作りと割り切ってMTBを持って来た。どこまでMTBが使えるだろうか。
夜10時前到着し早速名人と宴会を始めた。名人は松本のブンリンに寄って色々と山ス
キーグッズを物色して来たとの事。ブンリンは最近名人のお気に入りのようで、とて
も主人は親切だと話していた。

20009年12月6日(日)朝3時起床。空は曇り、急いで支度をする。さあ今日も気合いしか
無いだろう。

4.00 1450m 平湯トンネル付近ゲート入り口発 MTBで重たい荷物をしょってガシガ
シ漕ぐ。問題はどこで雪が出て来るかだ。予想に反してわずか500mで路面に雪が出て
自転車終了。無くても良かった。これは期待出来るかも。

シールで歩き出すが平湯峠までは所々雪は切れていた。難儀だ。

4.47 1680m 平湯峠 この辺りまで来ればもう雪はずっと繋がっており昨日の降雪
もあり快適に歩行出来た。これはスカイラインもかなりカット出来るかも。ルンルン。

夫婦松手前で最初にカット。少し笹は出ているが僕たちには十分の雪であった。

6.26 1973m 夫婦松 ここからのスカイラインも大概カットカットで随分楽な思い
が出来た。完全に薮は埋まってはいないが登りも滑りも僕たちにはそれほど問題ない
だろう。樹林に入ると膝下ラッセルになるが体力作りにはもってこいだ。

例年の11月のシーズン初めよりは雪は多く。スカイラインは30−50cmほどの積雪で板を
傷つける心配は無かった。交代でガンガンラッセルして高見を目指す。

9.03 2369m スカイラインから樹林へ 大崩と猫の鞍部付近のスカイラインから樹
林に入った。雪不足だが根性で樹林を漕いで行く。樹林を抜ければ這松との格闘になっ
たがこれも山スキー、気合いで登りますか。

多分スカイラインを直進して猫岳-四ッ岳鞍部付近から登り上げた方が楽だったが、も
う後の祭り、厳しい登りを強いられてしまった。それでもガスの中猫山頂が見えた。
もうすぐだ。

10.21 2581m 猫岳山頂 ラスト標高差200mに80分も要したが、あの這松ラッセルな
ら仕方なかろう。強風吹き荒れる山頂でシールを剥いで帰りは楽させてもらおう。

10.34 2581m 猫岳発 猫岳-四ッ岳鞍部を目指して尾根を滑る。ここは快適だった。
ここから登れば早かっただろう。あっという間にスカイラインだ。

10.45 2500m スカイライン猫岳-四ッ岳鞍部 さあここからはスカイラインを一気に
行く。気温は低く良く滑る。帰りもカットカットでガンガン薮パウダーを楽しむ。

早い早い、MTBを拾ってあっという間に国道に出た。

11.50 1450m 平湯トンネル国道脇ゲート入り口着 山頂から1時間20分でした。思っ
たより雪は多く僕たちには満足のゆく山行になった。今日は貸し切りで誰にも会わな
かった。

2針ノ木岳 2009.11.29 

針ノ木岳のラストチャンスの本日、山頂から扇沢手前まで標高差1300mの滑りを楽しん
できました。思ったより雪はありました。

【山域】針ノ木岳 2820m
【場所】長野県
【日時】20009年11月29日(日)
【コース】扇沢−マヤクボ沢-針ノ木山頂往復
【メンバー】僕、名人
【装備】バース7 150cm,ディアミール,ガルモント(僕)
    シュガダディ 153cm,TLT,ガルモント(僕)
【天気】晴れのち曇り

4.30 1400m 扇沢駅駐車場発
5.44 1670m 大沢小屋着
8.04 2250m マヤクボ沢出合い着
10.02 2710m 針ノ木-スバリ鞍部稜線着
10.52 2820m 針ノ木岳山頂着
11.00 2820m 針ノ木岳山頂発
11.45 2250m マヤクボ沢出合い
12.30 1670m 大沢小屋
13.01 1500m 作業道入り口
13.18 1400m 扇沢駅駐車場着

前夜夜6時仕事を終えると急いで支度をして名人の待つ扇沢を目指す。道中糸魚川のす
し活で特上ちらしを頂き名人に太巻きの土産を作ってもらいひたすら眠い目を擦り扇
沢へ。

扇沢に深夜到着、路肩に雪が残る。もしかして意外に雪は多いかも名人と酒を飲みな
がら明日に期待をかけ就寝、寝たと思ったらすぐに起床。出発は朝4時半である。

20009年11月29日(日)朝3時半起床。放射冷却でめちゃ寒い朝である。

4.30 1400m 扇沢駅駐車場発 MTBでガシガシ漕いで行く。どこまで自転車が使える
だろうか。舗装道路をこいですぐに作業道入り口にしかしここから路面に雪が残り自
転車はすぐにお荷物になる。無くても良かった。

ここからシールで作業道をシコシコ歩いていく。積雪10cmだが硬い雪で快適に進める。
作業道を終え沢を徒渉して左岸に渡る。ここからも問題なくシールで歩ける。

5.44 1670m 大沢小屋付近 小屋には寄らずそのまま堰堤を二つ超えてから沢に下
りる。左岸右岸と適当に雪を拾いながらドンドン高度を上げる。雪は硬く問題なくシー
ル歩行可能。喉には雪渓が残る。ここもクリアーしてさあマヤクボが見えた。 
 
8.04 2250m マヤクボ沢出合い 所々岩も出ているが問題なくマヤクボをシールで
登り上げる。吹きだまりではチビパウダーも楽しめそうだ。急な斜度もクトーを効か
して問題ない。さあ稜線が間近だ。

10.02 2710m 針ノ木-スバリ鞍部稜線着 無事到着です。剣や立山がきれいです。風
は強いがこの時期にしては優しい。ここで板を担いで山頂まで慎重に進む。

10.52 2820m 針ノ木岳山頂着 無事到着です。山頂で視界がきくのは久しぶりだ。
今日は山頂からダイレクトに滑れそうだ。記念写真を撮ったら行くぜよ。

11.00 2820m 針ノ木岳山頂発 快適にと行きたいところだがモナカ、クラスト、吹
きだまりとめまぐるしく雪質は変化する。おまけに地雷も至る所にありそうだ。これ
こそ山スキーの神髄。ガンガン快適に滑っていく。たまに岩も踏むが気にしない。

マヤクボに入れば吹きだまりを快適にチビパウダー、大満足としよう。

11.45 2250m マヤクボ沢出合い 早いですね快適でしたね。さあここからが山スキー
ヤーの足の見せ所、名人と二人、石を微妙にかわしながらドンドン滑っていく。一度
も板を脱ぐ事無く大沢小屋付近までラン。

12.30 1670m 大沢小屋付近。 さあここからも作業道をぶっ飛ばす。堰堤で一度板
を脱いだ以外作業道もどこまでも快適に滑っていく。
 
13.01 1500m 舗装道路手前 無事着きました。ここでMTBを拾ってあっという間に扇
沢へ。

13.18 1400m 扇沢駅駐車場着 誰にも会わない快適な滑りでした。雪不足とは言え
針ノ木岳は僕たちの期待を裏切らなかった。

これでこの山域は来年の春までさようならだろう。

次はどこへ行くか。悩ましい日々が続きそうである。

詳細な写真報告へ

1白山(初滑り)2009.11.23 

11月に入って何度か白山に出掛けるも雪不足で断念、今日ようやく初滑りが出来まし
た。山頂から標高差1000mの滑走でした。

【山域】白山 2705m
【場所】石川県
【日時】20009年11月23日(月)
【コース】別当出合−砂防新道-白山往復
【メンバー】僕、名人
【装備】バース7 150cm,ディアミール,ガルモント(僕)
    シュガダディ 153cm,TLT,ガルモント(僕)
【天気】曇りのち晴れ

4.29 1270m 別当出合発
5.20 1500m 中飯場
7.20 1950m 甚ノ助小屋手前ベンチ
8.32 2320m 黒ボコ岩
8.59 2450m 室堂
9.47 2705m 白山山頂
10.00 2705m 白山山頂発
10.42 1950m 甚ノ助小屋
11.15 1700m スキー終了
12.12 1265m 別当出合

名人と半年振りの山行だ。日曜は夜7時まで仕事が続く、山に行きたい気持ちを押さえ
てがんばる。夕方名人から市ノ瀬ゲートは開いているので自転車はいらないと連絡が
ある。ラッキーだ。

夜9時半別当出合に到着。夕方から激しい雨が降り続いているとの事、山では雪がかな
り降った事だろう。久しぶりの宴会を楽しみ明日4時半発と言うことで別れた。

20009年11月23日(月)

4.29 1270m 別当出合発 空には星が出ている。今日は必ず晴れると確信した。一
本橋を渡ると登山道には雪がのっている。

5.20 1500m 中飯場 この辺りで積雪20cmほど、よーしここからシール歩行にしよ
う。昨夜の積雪で石は大方隠れている。久しぶりのシール歩行にウキウキ気分。やは
りスキーは楽しい。

7.20 1950m 甚ノ助小屋手前ベンチ ベンチは完全に雪に埋まっている積雪40cmと
十分だ。ここから登山道をショートカット、潜る潜る。ここからも雪は増えて石を踏
むことなく黒ボコを目指す。

8.32 2320m 黒ボコ岩 ようやく着きました。快適です。ここから見る白山は真っ
白だ。山頂直下から問題なく滑れそうだ。

8.59 2450m 室堂には寄らず正面の沢をドンドン進む。昨日の雪で這松も隠れてい
た。さあ山頂がすぐだ。

9.47 2705m 白山山頂 素晴らしい眺めです。快晴です。天は味方してくれた。名
人と写真を撮りながら休憩したら行きますか。

10.00 2705m 白山山頂発 山頂から滑りたかったがまだ岩があるので少しダウンし
て直下からスタート。イイ雪です。新雪はよく滑ります。今日も来て良かった。やは
り山スキーに勝る快楽は無いかもしれない。

二人で写真を取り合いながら登山道を一気に下る。

10.42 1950m 甚ノ助小屋 まだまだ雪はあります。ガリもあるが気にしない。滑れ
るところまで行こう。

11.15 1700m スキー終了 もうこの辺りで終わりか。標高差1000m楽しめれば十分
だ。ここで板を担いで一気に下っていく。

12.12 1265m 別当出合 今日も大満足です。

名人1000円高速で帰っていく。今年もようやく楽しい季節がやって来た。

ホームへ戻る