2013-2014山スキー

 

54.奥穂直登ルンゼ 2014.5.11

今シーズンラストはDr7の一周忌お参りも兼ねて白出沢から奥穂直登ルンゼを滑降した。

白出沢、奥穂直登ルンゼとも例年になく雪は多くまだまだ十分楽しめそう。

2.00  1100m 新穂高発
3.06  1540m 白出小屋
5.06  2200m 白出大滝巻いた白出沢末端
7.45  2983m 穂高岳山荘着
8.40  3190m 奥穂高山頂
9.06  3190m 奥穂高山頂から直登ルンゼ
9.13  2800m  涸沢2800m
10.00  2983m 穂高岳山荘
10.18  2983m 穂高岳山荘発
10.38  2200m 白出沢末端
11.41  1540m 白出小屋
12.20  1100m 新穂高着

53.羊蹄山 2014.5.6

2.10 380m 京極登山口脇発
2.53 530m 北東沢
5.10 1300m 標高1300mアイゼン歩行開始
6.56 1898m 羊蹄山山頂
7.23 1898m 羊蹄山山頂発
8.13 380m 京極登山口着

詳細な写真コース記録へ

52.斜里岳 2014.5.5

2.00 480m 根北峠発
3.10 700m 斜里岳東面沢
5.21 1370m 稜線 
6.11 1545m 斜里岳山頂着
6.35 1545m 斜里岳山頂発
7.16 1380m 稜線登り返し
7.30 700m 斜里岳東面沢登り返し地点
8.02 480m 根北峠着

詳細な写真コース記録へ

51.羅臼岳 2014.5.4

2.30 239m 岩尾別温泉発
5.00 820m 極楽平
7.05 1535m アイゼン歩行開始
7.52 1659m 羅臼岳山頂
8.12 1659m 羅臼岳発
8.54 820m 極楽平
9.31 239m 岩尾別温泉

詳細な写真コース記録へ

50.オプタテシケ 2014.5.3

1.30 565m 殿狩橋過ぎ林道発
2.26 700m 三股橋
4.00 1000m オプタテシケ南東1000m
5.24 1500m オプタテシケ南東1500m
6.48 2012m オプタテシケ山頂
7.08 2012m オプタテシケ山頂から南東ダイレクトルンゼへ
7.44 1000m オプタテシケ南東台地1000m
8.28 700m 三股橋
9.13 565m 殿狩橋過ぎ林道駐車地点

詳細な写真コース記録へ

49.トムラウシ 2014.5.2

3.30 640m 東大雪荘発
5.42 1050m 夏道尾根短縮路合流
6.50 1300m カムイサンケナイ川へ下降
7.04 1268m カムイサンケナイ川合流
8.03 1500m 前トムラウシ西の沢合流
9.55 2141m トムラウシ
10.18 2141m トムラウシ発
10.42 1400m カムイサンケナイ川合流
11.02 1300m 夏道尾根
12.07 750m スキー終了
12.17 640m 東大雪荘

詳細な写真コース記録へ

48.剣岳周回(大窓)2014.4.27

今日も深夜に自宅を出て髭とNOZAと三人で馬場島を目指す。金曜夜にゲートは開いて馬場島まで車が入れる様になった。剣周回ワンディは三ノ窓、小窓、大窓を実践しているが5年振りに再度大窓に挑戦した。大窓は累積標高差3200mになる。

1.00   760m 馬場島発 深夜1時に馬場島から立山川を遡り室堂乗越を目指す。暗闇の中ゴーゴー川の音がする。心臓に悪い、右岸左岸と雪を拾いながらガンガンスキーで登って行く。

2.55 1390m 東大谷出合 この辺りまで来るともう完全に谷は埋まり激しいデブリの嵐となった。立山川は上部に行くに連れ斜度は急になるがガシガシスキーで登り上げた。4時間半でようやく室堂乗越に着いた。

5.38 2350m 室堂乗越 ここに上がると正面に立山がドーン、振り返ると朝陽に染まる奥大日が、ここから雷鳥沢をから御前小屋を目指す。上部で髭がスリップして50mほど滑落したが辛うじてピックストックで止めた。ヤバかった。油断は禁物である。

6.31 2780m 剣御前小屋 御前小屋に着くと剣岳がドーーン、素晴らしいやはり剣は王者である。さあここから標高差1200mの素晴らしい滑り,アルペンチックな景色を楽しみながらどこまでも快適に落ちて行く、あっという間に近藤岩に着いた。

7.36 1600m 近藤岩 ここから池ノ平に登り返す。八ッ峰が素晴らしい,紅葉の時期も良いが残雪期も最高の景色である。途中に水場があり救われた。気温も上がり本当に暑い、さあ池ノ平乗越だ

9.46  2050m 池ノ平小屋 小屋は完全に埋っていた。小黒部谷を見下ろすとデブリも多い、大窓出合を目指して滑降する

9.58 1525m 大窓出合 雪は緩み滑りは辛いが大窓出合に来た。見上げると大窓が圧倒的な迫力、さて最後700mのきつい登り返し、雪は緩みチビラッセルになる。大窓にはどでかい雪庇がゴロゴロ、どうか落ちないで下さい。最後根性出して三人で先頭を変わりながらようやく大窓へ

11.30 2255m 大窓 ここは風は吹き抜けて寒いくらいだった。さあ後は白萩川を馬場島まで滑るだけ、楽勝かと思われたが人生甘く無かった。雪は途切れ際どい巻きが一度

12.46 1050m 池ノ谷出合 タカノスワリも谷は割れており濡れるのが嫌なら高巻きだが、もう濡れて行くしかない。馬場島まで三度の徒渉があった。さあ直馬場島だ。

13.34   760m 馬場島 ゴール、今日も完全燃焼,山スキー万歳!!

詳細な写真とコースへ
 

47.薬師岳 2014.4.23

深夜0時に起床して髭魔人とサブの待つ亀谷温泉へ急ぐ。サブは先に着いていた。サブは徹夜、僕たちは仮眠のみいつものパターンで行くしか無い。

2.00 390m  有峰林道(亀谷)ゲート発 サブのロードを先頭に隊列を組んでヒルクライム、折立まで標高差1000m、足は軽いが荷は重い根性しかない。スキーの為には頑張るのみ。

もう直きアリミネンコと言うところでパンク、オーマイゴッド、寒さにこらえて修理する。全くついてない。

2.49 935m パンク修理 25分ロス さあもう一度ヒルクライム再開。有峰ダム到着。

3.32 1100m 有峰ダム ここからも湖岸を漕いで行く。さあどこまで行けるか、この辺りから路面は凍結して押し歩きも多くなる。帰りの事を考えて行けるとこまで自転車を押す。

4.15 1200m 除雪終了点 さすがに終了。チャリをデポしてスキーで進む。林道カットで折立へ

5.11 1350m 折立 ようやく登山口へここまで3時間超のアルバイトしかし足は生きている。ここからがスタートだ。キャンプ場を横断してこの時期限定の沢を詰め三角点目指す。まだ雪は豊富でどこでも歩ける。

6.43 1869m 三角点 さあ薬師の展望がバーン、稜線を右から巻きアップダウンは避ける。森林限界を抜けると大雪原素晴らしい。雪はとても豊富でどこでも快適なザラメが楽しめる。

8.02 2170m 五光岩ベンチから岩井谷へ ベンチ付近で稜線を離れて岩井谷へ下りる。シールを剥いで標高を落とさない様に沢の上流目指す。うまくルートが取れ標高を50m落とす事でかなり先まで下れた。スキー様々です。

8.19 2120m 岩井谷沢床 ここから薬師峠も行けるが欲張りな僕たちはさらに先の薬師平目指す。

尾根から沢にまた出てハーフパイプを快適に登り上げると薬師平に出た。ワンダフル、素晴らしい眺め先日縦走した北ノ俣から五郎、三俣、双六が一望出来る。今日も貸し切りだ。

10.43 2761m 薬師岳山荘 さあ薬師は近い,雪は豊富で石はほとんど出ていない,この辺りから新雪も

避難小屋を過ぎるとようやく薬師岳山頂が見えた。今日ももちろん山頂までスキーで行く。さあゴールだ。

11.21 2926m 薬師岳山頂 素晴らしい眺め、風も穏やかでウーンマンダム、記念写真を撮り合いさあ行くぜ。

11.46 2926m 薬師岳山頂発 カールまでは慎重に滑る。避難小屋からは大斜面の快適スキー、薬師岳山荘付近まで快適に滑って進路を右に取り沢伝いに滑るのが新コース、ハイライトの沢は快適で岩井谷2080mまで滑るつもり

この沢予想通り雪は豊富で日陰で雪質も良く超快適、太郎平経由より遥かに楽しめる。次回からはここしかないかな。どこまでも落ちて行き2080mまで滑り込んだ。

12.14 2080m 岩井谷2080m 楽しかった。皆でここは快適だったと賞賛の声、どういたしまして常にコース開拓をこれが僕のポリシーです。ここから100mのわずかな登り返しで稜線に出た。

12.50 2170m 五光岩ベンチ登り返し さあ稜線ここからも大斜面を快適に落ちて行く。雪面はフラットで快適なザラメ。雪も豊富なのでどこでも滑れて折立まであっという間。

13.35 1350m 折立 楽しかった。自転車までもスキーで滑ってデポ地点へ。除雪は少し進んでいた。

14.15 1250m 除雪終了点 さあ自転車の活躍です。水跳ねを気にせずガンガン飛ばして行きます。林道は至る所で工事中、工事中の場所はゆっくり行きます。

14.56 390m  有峰林道(亀谷)ゲート ゴール、最高に楽しかったです。完全燃焼,山スキー万歳!このコース超お勧めです。薬師岳もまだまだ開拓の余地あり。

詳細なコース開設と写真へ

46.北アルプスワンディ縦走 2014.4.16

神岡から新穂への北アルプス大縦走は10年前に名人と行っている。久しぶりに今の自分の気力と体力を試そうと魔人たちと決行する事にした。

仕事を終えると神岡の山の村を目指す。着いたのは深夜10時過ぎ、仕度やら気の高振りやらでほとんど眠れず、深夜11時半髭魔人号を新穂にデポして大魔人号が和佐府に到着。さあこのコース逃げ場はない、行くしか無い。

0.00 1000m  神岡町和佐府発 満月の夜黙々と飛越トンネルへの林道を歩き出す。全く除雪はなく長い長い5km以上の林道歩きに早くも靴ずれ気味。

1.32 1455m 飛越トンネル 1時間半歩いてようやくトンネルに来た。ここからも雪は豊富で尾根伝いに歩いて行く。満月なのでライトは要らないくらいだ。

3.10 1842m  旧道合流 出発から約3時間で旧道に合流して寺地山へ

4.06 1996m  寺地山 寺地山はパスして斜面をトラバースした。寺地山から下って北ノ俣岳への登りが辛かった。もう眠くて眠くておまけに直前ひいた風邪の影響で呼吸が苦しかった。風も強くなり試練の登りだった。魔人たちは快調に先行して行く。行くしか無い。

6.20 2661m  北ノ俣岳 ようやく明るくなって到着,振り返ると薬師がキラキラ。ここからは中俣乗越まで一気の滑り、これが山スキー、超快適です。

中俣乗越からは黒部五郎の登り氷化斜面をクトーを効かしてガシガシ行く。

8.34 2839m  黒部五郎岳 まだ時間は早い、今日は楽勝かなと思った。五郎山頂から少し戻ってカールへエントリーさあ大滑降だ。チョー気持ちいい、五郎小屋まであっという間の滑りだった。

9.16 2345m  黒部五郎小屋 小屋前で休憩してさあ最後の登り返し、雪は多いので快適な稜線歩き。ここは北アルプスど真ん中どこを見渡しても山山々、素晴らしい。

10.59 2841m  三俣蓮華岳 ようやく着きました。遥か向こうに水晶岳が、山スキーでワンディしたのが懐かしい。さあ強風は辛いですが写真を撮ったら先を急ぎましょう。スキーがあれば双六小屋まであっという間です。

11.51 2500m  双六小屋ここから双六谷を大ノマへ 大ノマ出合から最後250mの登り返し
 
12.53 2480m 大ノマ乗越 無事着きました。大休止して槍穂の大展望を楽しみます。最後は小池新道の大滑降。
ウーンマンダム、素晴らしいザラメ斜面をどこまでも落ちて行く。これが山スキー、あっという間に林道へ

林道から先しばらくデブリが行く手を防ぐ、うまくコースを取ってワサビ小屋が見えた。

14.20 1400m ワサビ平小屋 ここから先は快適な林道滑り、新穂手前まで滑り込んで板を洗って終了

14.50 1100m  新穂高 ゴーーール!!しめて15時間弱、10年前よりタイム短縮。頑張りました。
今日も完全燃焼、山スキー万歳!!

詳細報告へ

45.白山東面周回コース 2014.4.13

【山域】白山東面周回 
【日時】20014年4月13日(日)
【コース】平瀬ゲート−大白川ダム−自然休養林林道−ワリ谷−中宮道
     −翠ケ池−白山御前峰−東面台地−大白川ダム−平瀬ゲート 
【メンバー】僕 大魔人 髭魔人 名人 NOZA 
【天気】曇りのち晴れ

2.00  630m  平瀬ゲート発
2.55 1000m 間名古谷過ぎてしばらく
4.14 1250m  自然休養林への林道分岐
5.13 1400m  ワリ谷堰堤
7.04 2180m  中宮道合流
9.03 2550m  翠ケ池
9.35 2702m  白山山頂
9.53 2702m  白山山頂発
10.18 1900m  コブラツリー
10.46 1250m  林道橋合流
11.51 1000m 自転車デポ地点
12.11  630m  平瀬ゲート

MTBを使った白山東面台地ワンディを開拓して11年、毎年の様にここを訪れているがそろそろ
魅力的な周回コースを開拓してみたい,地図を見てこのコースならどうだろうと挑戦したが
中々魅力的なコースに仲間たちも大満足してくれた。

深夜0時半髭と医院で待ち合わせして平瀬へと高速を飛ばす。出発は深夜2時の予定。
体力不足の名人は30分先にゲートを自転車で出ていた。

2.00  630m  平瀬ゲート発 この時期除雪はまだだった。大荒れの林道を髭を先頭にNOZA、
僕、大魔人の順に飛ばす。僕の自転車はギアの調子が悪く変則の際にチェーンが外れ、後続の
大魔人に抜かれた。最近自転車を買って密かに鍛えているらしい。

林道は所々デブリで雪が残り10回以上は押し歩きとなる。倒木や落石も多く、除雪前のこの林道は難儀だ。

2.55 1000m 間名古谷過ぎてしばらく この辺りで雪一面となりチャリをデポしたがしばらく進むと雪がまた
切れていた。もう少し押し歩きをすればよかった。九十九折手前1150mくらいは行けたと後悔した。
この辺りから以降雪はずっと繋がり出した。

4.14 1250m  自然休養林への林道分岐 ここから先は未開拓ゾーンである。果たしてどんな景色が待っているか。
湿原地帯は平坦で明るければ素敵な場所であろうがまだ真っ暗である。ドンドン進むと堰堤に来た。

5.13 1400m  ワリ谷堰堤 堰堤は雪で埋まりワリ谷はほぼ割れる事無く快適な斜度でとても登りやすい。
ドンドン高度を上げると1650mで分岐となるが緩やかな右俣を進む。1800-1900mは急だがクトーを効かし
ガシガシ登る。1950m辺りで斜度は緩み眼前に広大なカール状地形が広がる。来て良かった。
振り返ると奥三方、遥か向こうに間名古の頭が見える。このまま谷を突き上げると中宮道に合流だ。

7.04 2180m  中宮道合流 ここから一カ所だけ50mほどの下りがありお花松原の広大な雪原に出る。
雪原に出ると左手剣が峰を見ながら翠ケ池を目指す。登り切ると池のある窪地に出た。

9.03 2550m  翠ケ池 ここで大休止、白山は近い,ここから少し登ると御前峰が正面にドーン
さあ待ってなさい,ラストクラスト斜面を登り上げると山頂奥社が見えた。

9.35 2702m  白山山頂 ゴーール!今日も長い道のりでした。今日も安全祈願してさあ行きますか。

9.53 2702m  白山山頂発 もちろん山頂から御前峰と剣が峰の鞍部に滑り込む。カチカチ斜面なので
慎重に行くしか無い。僕を先頭に皆落ちて来る。ガリガリとエッジを効かせて鞍部まで滑ると後はハイライト
東面台地に落ちて行く。素敵なスベスベのザラメでした。曇り空ゆえ斜面は腐らず生きたままどこまでも快適

10.18 1900m  コブラツリー さあこの東面台地のシンボルコブラツリーに挨拶してさあもう少し、あっという間に
台地末端です。最後板を担いで斜面を下ると橋のたもとの林道に出た。

10.46 1250m  林道橋合流  ここで大休止してしばらく滑り、後は歩きでデポ地点に

11.51 1000m 自転車デポ地点 ここからは10回以上押し歩きもあるが概ね快適20分の走りでゲートに

12.11  630m  平瀬ゲート 泥だらけになった自転車を近くの水場で洗って今日も完全燃焼
東面台地一押しの周回コースでした。山スキー万歳!

詳細な写真解説へ

44.白峰起点加賀禅定道縦走 2014.4.9

過去に加賀禅定道、中宮道ワンディを行っているがいずれもGWに市ノ瀬を起点にしていた。ただこの時期はもう雪も少なくなり板を担いでかなり難儀な思いをした。もっと雪の多い時期にワンディしたいと思えば白峰を起点にせざるを得ない,しかしスキーやザックを背負って白峰-市ノ瀬間をどうするかずっと悩み続けていた。何か良いアィディアはないか?

いやあるじゃないか!走り大好き人間がいる。マラソンやウルトラマラソンも平気でこなす若手たちがいる。今日はみさごとサブに白峰から市ノ瀬まで空身で走ってもらい、彼らの荷物は僕と大魔人が全て持ってチャリを漕ぐと言うことにした。ノザの都合がつかないので相方のいない髭魔人は周回後ロードで市ノ瀬まで走りチャリを担いで戻って来ると提案した。

しかし計画数日前に手取ダム付近で起きた土砂崩れの影響で夜間通行止め夜7時半までに通過しなければならない、僕と魔人二人は仕事を終えダッシュで白峰へ髭魔人の車は一里野デポして何とかギリギリ白峰へ間に合わないサブスリーとみさごは高速飛ばして勝山経由で深夜白峰へ入った。

深夜0時前皆集結して荷物分担、大魔人は大型ザックに二人分の荷物を押し込み、僕はザック一個を二台に付け後は全て担いだ。

0.15 510m 白峰ゲート発 さあスタート自分の荷物だけ担いだチャリの髭魔人を先頭に僕、大魔人の順で進むが市ノ瀬手前の変電所で空荷のサブが追いついて抜かされた。さすがマラソン2時間40分の足はすごい。髭は何とか逃げ切り髭 サブ 僕 大魔人 みさごの順に1時間程度で市ノ瀬に到着ここで自転車をデポしてスキーで歩き出す。

1.05 850m 市ノ瀬着 ここで自転車をデポしてスキーで歩き出す。林道はカットして除雪は釈迦岳分岐まで進んでいた。別当出合まで気合いでハイスピードで歩いた。

2.44 1200m 別当出合着 市ノ瀬から1.20分程度で別当出合にここで大休止、ツェルトに包まって寝ている登山者が一名前日入山して白山目指すと言う。下山後下りて来たがピークは踏めず敗退したとの事だった。

底のない吊り橋を渡りスキーでガシガシ登り上げる。雪は多く砂防新道は雪の台地と化していた。

4.50 1980m 甚の助小屋 まだ真っ暗、この辺りから風が少し強くなり寒い。エコーラインに登り上げるとようやく朝が上がる。白山がドーン、さあ待ってなさい。

6.05 2400m 室堂 風が強く建物の陰で大休止、鳥居はまだ大半埋っていた。今年は雪が多い。さあラスト白山へ

6.56 2702m 白山山頂 ゴール白峰を出て約7時間でした。

7.20 2702m 白山山頂発 さあ記念写真を撮ったらいざ加賀禅定道ロングコースへ大汝を巻いて御手洗いまで一気に滑り込みたいがカチカチの荒れた斜面で僕は転倒して滑落しかけた何とか止めて事無きを得た。慎重に滑らねば。御手洗から七倉へ登り返し

8.04 2557m 七倉山 ピークからは中宮道がよく見えた。雪は多くどこを見ても真っ白だ。ここから長い長い下りスキーの機動力が生きる。やはりスキーは素晴らしい。あっという間に滑り込んでちょこっと天池へ登り返す。

9.20 2120m 天池 ここから下も雪は多かった。奥長倉は巻いて口長倉手前鞍部までトラバース出来てスキーあっという間に滑り込んだ。口長倉へは登り返す。

10.49 1660m 口長倉 さあ着きました。振り返れば長い縦走路が見渡せる。スキーで一気でした。後はしかり場までスキーでうまく進む。

11.28 1549m しかり場 無事到着後は一里野まで滑るだけ,ハライ谷下部はギリギリ雪は繋がり無事堰堤まで滑り込み林道に合流

12.23 710m 林道 ここで板を担いでデポ車まで歩く。

12.46 600m 白山スーパー林道ゲート ブナオ観察舎下にデポした髭号に乗って白峰へ戻る。

白峰へ戻り髭魔人とサブ、みさごは一里野へチャリの回収に旅立つ。サブとみさごは走り、髭はロードに乗ってチャリを回収しに誰がトップでゴールするか?

予想通りチャリを担いだ髭が58分で一番、サブが1時間17分、みさごが1時間35分、皆さんあっぱれです。まっている間に荷物を乾かして全てパッキング終えました。皆さんトンでも山行に参加して頂きお疲れ様でした。今日も完全燃焼,山スキー万歳。

詳細な写真へ

43.乗鞍岳 岩井谷から 2014.4.6

3.30 1070m 岩井谷集落林道発 林道除雪は無く集落を出てすぐに雪が出て来てシール歩行となった。林道はたまに雪が切れるが快適にシール歩行出来た。

5.28 1630m 岩魚見小屋 長い長い林道をようやく小屋に着いた。しばらくで林道を離れて岩井谷を目指す。

6.49 1850m 林道から岩井谷へ 標高1850mから谷へ入る。後は雪の多い岩井谷を快適に高度を上げる。所々穴があり注意が必要。この谷は緩く長い谷で山頂まで快適にスキー歩行が可能である。帰りも楽しめるお勧めの谷である。予定通り南面から大巻きして山頂を目指す。山頂まで雪は繋がりスキーで登り上げる。

11.06 3025m 乗鞍 剣が峰 無事到着するが天候は急速に悪化。滑降準備中に完璧なホワイトアウトとなる。

11.33 3025m 乗鞍 剣が峰発 ホワイトアウトの中いざ滑降,パウダーだった。しかしながら視界は全くなく雪面と空間の区別も出来ない,クラクラ酔うが根性で2500mまで下るとようやく樹林が見え快適に滑れる様になる。後はパウダー三昧。

12.52 1630m 岩魚見小屋 無事小屋に着けば後は林道を快適に飛ばす。標高1250mくらいまでスキーで滑り後は板を担いで集落へ

13.42 1070m 岩井谷集落 ゴーール完全燃焼、今日も大満足、山スキー万歳。

詳細写真報告へ

42.三ノ峰-別山周回コース 2014.4.2

【山域】三ノ峰-別山周回
【場所】石川県
【日時】20014年4月2日(水)
【コース】白峰−市ノ瀬−巨木の森−三ノ峰−別山−チブリ尾根
     −市ノ瀬−白峰
【メンバー】僕と髭魔人
【天気】快晴

0.35 510m 白峰ゲート
1.11 765m 市ノ瀬手前橋チャリデポ 
1.27 820m 市ノ瀬 
6.12 1340m 桂の巨木
7.42 1578m 地図上1578 
9.51 2128m 三ノ峰 
11.50 2399m 別山
12.14 1900m チブリ尾根避難小屋
13.15 820m 市ノ瀬 
13.49 510m 白峰ゲート

白山の秘境巨木の森を訪れたのは10年前、久しぶりにここを経路とする三ノ峰-別山周回の
新コースを開拓してみる。

自宅を深夜11時に出て待ち合わせの白峰ゲートへ急いだ。出発は深夜1時の予定,
深夜0時半髭魔人も到着してさあ新ルートの開拓だ。
このコースを山スキーで周回した人はいないだろう。

0.35 510m 白峰ゲート まずはチャリバトル、除雪は市ノ瀬手前の橋までここまで46分だった。

1.11 765m 市ノ瀬手前橋チャリデポ ここでチャリをデポしてスキーで歩く。

1.27 820m 市ノ瀬 チブリ尾根方向に進みさて対岸に渡ろうとしたが水量が多く渡る場所がない,
ウロウロし少しましな場所でポリ袋を足に被らせてさあ、、、ヤバイ水没,僕も髭も早くもスキー靴を
濡らしてしまう。厳冬期ならここで敗退だが残雪期なのでちょっとちびたいくらいか。
何とか対岸に渡りガンガン登り上げるが日当りが良くて雪が所々切れていておまけにカチカチ斜面で
滑落したら終わりである。ここでかなり体力を消耗する。

6.12 1340m 桂の巨木 目指す巨木は1340m薄明るくなった頃キターーー巨木の森
10年振りこの森の中でもひときわでかい桂の木がある。いかにもこの森の主である。
巨木の森で癒された後いよいよ三ノ峰目指して痩せ尾根を進む。

7.42 1578m 地図上1578 三ノ峰の肩から日が昇る。この尾根痩せていて崖場も多く難儀、難儀、
今日はただでは済まないかも、次々現れる難関を二人で超えて行く、これが山スキーの醍醐味

最後は沢筋に入りヤバイ滝を巻いてようやくガスガスの三ノ峰へ、

9.51 2128m 三ノ峰 ここで大事件、髭のビンディングのねじが一本はずれていた。
ヤバイ、今日は大胆な滑りも封印か。
三ノ峰から鞍部まで滑り込んでうんざりするほど稜線を歩いてラスト這々の体で別山へここもガス。

11.50 2399m 別山 しかし後は市ノ瀬へ滑るだけガスは徐々に晴れ渡り髭と写真を撮り合い
大斜面を快適シュプール。白山がとてもきれいだった

12.14 1900m チブリ尾根避難小屋 ここで別山に別れを告げブナの森を快適に抜け市ノ瀬へ

13.15 820m 市ノ瀬 除雪は本日市ノ瀬まで到達 
ここでチャリにまたがり白峰まで16分でした。やっぱ自転車です。

13.49 510m 白峰ゲート 今日は大変でしたが昨年の白山宮谷周回に続いて三ノ峰-別山周回コース
を開拓出来て大満足 山スキー万歳!!

詳細記録へ

41.火打北面ルンゼ 2014.3.26

以前から火打北面ルンゼを狙っていたが雪質や視界が悪くて中々エントリー出来ずにいた。今日も天気予報は悪くてダメ元で挑んだが予想に反して天候は回復して無事北面ルンゼを滑降することができた。

深夜1時に髭と待ち合わせ帰省中のあんちゃんと三人で笹倉温泉を目指した。今年は雪は多く笹倉温泉でも2m近くの積雪があった。

3.11  450m 笹倉温泉発 出だしは南風で暖かく歩くだけでも暑い,しばらくで橋を渡り九十九折林道をカットしてガンガン標高を上げる。

4.01  750m 九十九折り林道終点 もう暑くてウェアーを脱いでようやく夜景の見える場所に来た。ここから複雑な地形をうまくルート工作して行く。アマナ平まで一切アップダウンはなかった。

4.46  1000m アマナ平 ようやくこの辺りで薄明るくなって来た。ここから少し登り返して北面台地に出た。

5.40  1235m 焼山北面台地 ここで焼山がドーン、しかし焼山も火打も上部はガスでよく見えない。モチ低下、ここから北面台地をうまくルート工作して賽の河原へ

6.10 1359m 賽の河原横断 賽の河原はうまく平行に進んで帰りも登り返しをしない計画,うまくトレースを付けて無事河原を横断して対岸に登り上げる。ここからもう一カ所賽の河原を横断してさあ火打を目指す。

8.07 2000m 尾根乗越し 最後急登をこなして尾根を乗り越せばさあ影火打が近い。この辺りから斜面は氷化し出した。背後には焼山が、空には青空ものぞいて来た。天は我にあり,今日は北面に入れそうだ。

9.05 2350m 火打と影火打間の鞍部 ここまで来れば山頂はすぐ間近、雪は多くはい松は隠れていた。さあ山頂まみえた。
9.20 2461m 火打山頂 ゴーール,今日も頑張りました。祈念写真を撮り合い北面を覗き込む,氷化しているが凍ってはいなさそうだ。雪はずっと繋がっている。

9.42  2461m 火打山頂発 さあ行くぞ、僕を先頭に慎重に落ちて行く,滑落すればただでは済まない,ガンガン滑って行く。北面台地が眼下に見える。素晴らしい景色である。これが見たかった。ノドも無難にこなしもうすぐ安全地帯だ。ようやく扇状のボトムが見えた。雪質はまずまずだった。無事滑り降り振り返れば山頂からのシュプールが見える。

10.09 1400m 焼山北面台地 ようやくここで大休止、満足感に浸り後は台地を横断して行く。北面台地から一気下りでアマナ平に

11.12  1000m アマナ平 ここからは登りのトレースを利用して最後は九十九折林道をガンガン下りて笹倉温泉へ

11.42 450m 笹倉温泉 ゴール、今日も完全燃焼、山スキー万歳!

写真入り詳細報告

40.間名古谷 2014.3.23

間名古の頭には過去に野谷橋からオモ谷経由、白山から中宮道経由、三方崩から奥三方経由で登頂しているが今回新たなコースを開拓しようと魔人、名人の四人で挑戦した。深夜に起床して1時半平瀬ゲートスタートの約束で車を走らせた。

平瀬大白川林道ゲートに着くと既に大魔人、名人はスタンバイしていた。急いで準備をしてさあスタートだ。

1.40  630m  平瀬大白川林道ゲート発 林道に除雪はまだであった。雪はまだらだが徐々に増えて行く,水が出ている箇所には雪はないが路肩には豊富にあり雪をうまく拾いながらドンドン進んで行く。林道は落石、倒木、雪崩さらに片斜面など大荒れ状態、気温が低くて雪が安定している深夜以外には登りに使いたく無い。

二カ所のトンネルがあるが雪崩で出口は半分埋まっていた。2時間以上かけてようやく7.5km歩いて間名古谷出合に来た。

4.08 1000m 間名古谷出合 まだ暗闇で周囲の状況は分からないが目指すコースで展望尾根に登り上げる。しかし痛恨のルートミス、スキーで登れなくなりアイゼンで稜線1400mを目指す。

6.02 1400m  白山東面展望尾根稜線 ようやく難儀して尾根上に着く、既に朝焼けは始まっていた。白山が真っ赤に染まるが撮影ポイントに届かなかった。ルートミスが悔やまれる。さて展望尾根は左手に白山を眺めながらブナの原生林やダケカンバ帯をゆったり進んで行く。予想通り素晴らしい尾根である。

7.57 1891m  展望尾根1891m 前日までの降雪で交代でラッセルを回す。

8.40 2050m 展望尾根2050m ここまで高度を上げてここでシールを剥いでなるべく高度を下げない様に間名古谷経滑り込み最後頭を目指す作戦とした。

9.31 1950m 間名古谷1950m 無事間名古谷に合流。ラスト200mの登りである。さあガンバ、山頂直下は少し難儀して無事ゴール。

10.14 2123m 間名古の頭 素晴らしい眺めです。白山北縦走路がよく見える。視界も良く360度の大展望です。今日も来て良かった。写真を撮り合いさあお楽しみです。

10.14 2123m 間名古の頭発 山頂から間名古谷に飛び込んだ。雪質は良かったが下るにつれて重くなる。既に気温は上がり雪崩も頻発しだした。先を急ごう。林道手前は試練の滑り、ようやく林道が見えた。

11.19 1000m 林道合流 後は雪を拾いながら一目散に平瀬へと急ぐ。

12.53  630m  平瀬大白川林道ゲート着  ゴーール、今日も大満足、山スキー万歳

詳細な写真とコースへ

39.紅滝山 2014.3.19

北ノ俣岳の疲労が残るが人生楽しんだ人が勝ちと言うことで今日も深夜に自宅を出て髭魔人と新開拓コース紅滝山(仮称)を目指した。地図を見ると距離は長いが面白そうなポコである。名前がなければ付けてみよう紅滝の近くのポコと言うことで紅滝山と名付けた。

白峰緑の村対岸を深夜2時半に出て約8kmの長い長い林道を歩いて行く。出だしからしばらくは除雪されていたがその後ずっと雪はほぼ繋がっていた。この林道斜度はそこそこあるので市ノ瀬林道より楽である。髭と人生とは何ぞやなんて話をしながら楽しげに歩いて行く。林道はたまにカットして950m辺りで林道を離れて山腹から紅滝山を目指す。

ブナ林を抜け標高1500mを過ぎた辺りでいきなり眼前にドーンと壁が見えた。素晴らしいやっぱ来て良かった。紅滝山は壁の右端だろうか。氷化斜面をガンガン登りようやく壁に上がると紅滝山はすぐ先だった。このピークを踏んだ人はいるだろうか?いても数えるくらいか、ピークからは釈迦岳、加賀禅定道、大長山など360度の大展望、今日も期待を裏切らない素晴らしい山旅であった。どんな山でも自分で開拓した感動は何ものにも代え難い。

さあ山頂から行くよ,堅い雪だったがガンガンシュプールを刻みあっという間に林道までまだ雪は堅いので一気に滑って白峰まで、白峰では工事中の方がアルファードが止まっていたからYSHRさんだとすぐ分かりました。どこ行ってたんですかと、紅滝山と言っても分からないでしょうから奥の奥まで行ってましたと 髭は急いで職場に帰って行く。

今日も大満足 紅滝山 万歳!!

2.30 520m 白峰村緑の村対岸発
3.22 640m 下杉谷横断
4.00 750m 北俣谷横断
5.21 950m 林道から紅滝山方向へ  
7.31 1500m 地図上1500m
8.15 1712m 紅滝山
8.32 1712m 紅滝山発
8.54 930m 林道合流
10.16 520m 白峰村緑の村対岸

38.北ノ俣岳周回 2014.3.16

1.40 980m 山ノ村打保発
2.59 1230m 神岡新道登山口
4.48 1640m 地図上1793m南鞍部
5.14 1300m 北ノ俣川
6.51 1410m 北ノ俣川横断橋
9.08 2050m 避難小屋
10.57 2661m 北ノ俣岳
11.12 2661m 北ノ俣岳発
11.47 2050m 避難小屋付近
13.15 1534m 地図上1534m平坦地
13.57 1640m 登り返し
14.33 1230m 神岡新道登山口
15.01 980m 山ノ村打保

この時期の北ノ俣岳は打保集落から飛越トンネルを経由するか神岡新道を経由するかだが新しい道を開拓したいと以前から考えていた。北ノ俣川を遡って行けないものか未知のコースに挑戦した。

前日夜11時半金沢の医院で髭魔人と待ち合わせして一路山の村へ交代で運転して食事をとり後部席で少し横になった神岡から難儀な九十九折林道を経て雪深い山の村に着いた。終点打保集落に着くと名人も甲府から着いていた。彼もほとんど寝ていない皆睡眠不足だが行くしか無い。激ラッセルを期待してスーパーファットPontoonで行く。

1.40 980m 山ノ村打保発 まずは神岡新道への林道を歩いていく,気温は低く林道はガチガチだった。スーパーファットの選択間違いだった。これならの細板で十分だった。重い板にため息をつきながら根性で歩いていく。

2.59 1230m 神岡新道登山口 ようやく分岐まで来たが今日は林道終点を詰めていく。林道終点から北の俣川を目指す為に地図上1793m南鞍部へ複雑な沢を詰めてようやく鞍部に着いた。

4.48 1640m 地図上1793m南鞍部 ここから北の俣川へ標高差350mの下り暗闇の中ガチガチの急斜面を滑っていく。心臓に悪い。

5.14 1300m 北ノ俣川 ようやく北ノ俣川に着いたが右岸が崖になっていて厳しい、対岸は平坦だが水が多くて渡れない。協議、来た道を戻るしか無いと言う意見や裸足で徒渉と言う意見も どちらも却下、板を担いで崖を高巻いて突破を提案した。崖の高巻きは難儀したが川に落ちない様に慎重に突破して安全地帯へ少し歩けば右岸林道に合流出来た。

後は右岸林道を快適に足を進める。道は歩き易くて快適だ。山深い人が滅多に入ることができない場所である。

6.51 1410m 北ノ俣川横断橋 林道は右岸から左岸に進みドンドン詰めて林道終点にここからは北ノ俣川を詰めていく。沢は雪で埋まり快適に足は進める。気温が上がれば雪崩の巣になるから要注意である。沢詰めはガチガチ斜面で難儀した。ようやく沢を詰め避難小屋付近まで上がった。

9.08 2050m 避難小屋 この辺りから天候は悪化。ガスで先が見えず視界は悪い上風が強くなって来た。おまけに氷化斜面の連続で気は抜けない。もう勘弁して欲しいが行くしか無い。ようやく稜線まで上がるがホワイトアウトで全く方向感覚なし山頂までのわずかな距離に難儀した。吹き付ける風雪が辛かった。ようやく山頂へ

10.57 2661m 北ノ俣岳着 地獄の中急いでシールを外す、板が飛ばされない様に注意した。

11.12 2661m 北ノ俣岳発 さあスタンバイ後は下るだけしかし全くのホワイトアウトでスキーはめまいがする。GPSでトレースを追いながら必死に高度を落とす。もう滑りは楽しめない、安全地帯へ一刻も早く下らなければ

11.47 2050m 避難小屋付近 ようやく安全地帯まで来てホッと一息、休憩出来た。帰りは寺地山経由で変える。通常アップダウンが多いがスキーで巻きの連続登り返しはしないで寺地山も巻いて快適に地図上1534地点へ。

13.15 1534m 地図上1534m平坦地 無事着きました。ここから100mほどシールを使い登り返せば快適な沢にエントリー出来るはず。

13.57 1640m 登り返し さあラストランと言いたいところだが斜面は最後までカチカチ長くて重いスーパーファットで帰りの滑りも難儀の連続

14.33 1230m 神岡新道登山口 無事ここまで来れば後は林道滑り雨の中びしょ濡れになりながら打保に着いた。

15.01 980m 山ノ村打保 しめて13時間20分、今日も完全燃焼とっても辛くて厳しい山行でした。新しいコースを開拓出来てまあ良しとしましょう。

詳細記録へ

37.僧ヶ岳 2014.3.12

深夜1時半待ち合わせして一路魚津インターへ片貝集落に着くと前日までの降雪で雪は多かった別又林道は除雪がされいなくて邪魔にならない場所に止め出発

3.00 240m 片貝集落(別又谷林道)発 湿り雪で重い足のラッセル暗闇のラッセルが続く

3.20 350m 尾根取り付き 尾根の下部は例年雪が少ないが今日は降雪で問題なく足を進める。しばらくで杉林の快適な登りとなる。雪は多く薮は無かった

4.43  735m 地図上735 この辺りで積雪2m以上であった。ここからも激ラッセルが続く、尾根に続くとポコの連続だがうまく左右から完璧に巻いてこれで帰りの登り返しは無し

5.42 1019m 地図上1019 この辺りもうまく巻けてガンガン高度を上げる。振り返れば日本海が見える。

8.24 1600m 成谷山 この辺りでようやく朝日を受ける。成谷山の巻きでようやく僧ヶ岳がドーン、振り返れば毛勝や大明神の山陽が立派、ここからの稜線もうまく巻いてピークに迫る。稜線は東側に雪庇群がさあ山頂間近

9.32 1855m 僧ヶ岳 ゴール風は強いが素晴らしい景色、駒ヶ岳が見事だった。駒山頂から滑ったのは山スキーを初めて間もない頃だった懐かしい

9.48 1855m 僧ヶ岳発 さあ行くぞ軽い雪を蹴散らして快適なパウダースキー、今日も大満足です。

10.03 1600m 成谷山 ここからは沢筋にパウダースキーを楽しむ。標高1200m頃から雪は湿り試練の滑りとなったが傾斜はまずまずあるので根性で滑る。

10.44  735m 地図上735 ここからはなるべく林道の先に出れる様にうまくコースをとる。

11.03 240m 片貝集落(別又谷林道)しめて8時間、この時期の僧ヶ岳は最高です。是非

詳細記録へ

36.笈ヶ岳 一里野から 2014.3.9

先週NOZAが一里野から山毛欅尾山経由で単独で笈ヶ岳を目指した。久しぶりに感動した出来事であった。ならば必ずピークに立ってもらおうと本日魔人たちと四人で新ルートで笈ヶ岳を目指す事にした。このコースなら面倒なアップダウンをほぼ割愛出来、これこそ優れた山スキーコースと言う事になる。

深夜0時に起床して2時発と約束したスーパー林道ゲートへ向かう。1時過ぎに着くと魔人たちはもう着いていた。NOZAが最後に着いて1時半にはスタートだ。スーパー林道の除雪は4月から数日前からの本格的寒波で山は厳冬期の様相を呈していた。もちろん皆スーパーファットで行く。林道からラッセルだった。1時間で目指す取付に来た。

暗闇の中取付から高度を上げるが激薮だった(下りに確認すると少し右にずれれば快適な疎林だった)。たまらず沢に下りたら滝で登れない、また仕切り直し、しかし大魔人の突破力で少し高度を上げると快適な疎林となり後は山毛欅尾山の東面をうまく巻いて過ぎた鞍部にどんぴしゃり、ここから冬瓜平までのアップダウンもガンガン巻いてこれで帰りは完璧だ。

冬瓜平から80mほど高度を落としてうまくシリタカ山過ぎた鞍部へ,これも完璧だ。後は主稜線に上がりしばらくで笈ヶ岳ピークに着いた。今日も大満足雪は2週間前よりグーンと増えていた。これこそ厳冬期の景色であった。

山頂で互いに記念写真を撮ると激パウを頂きます。コース取りは完璧で冬瓜の80mのシール登り以外は全て快適な滑り,スーパー林道まで山頂を出て1時間半であった。登りで苦労した激薮も帰りは快適な疎林地帯を滑った。スーパー林道でNOZAを少し待ち後はシール無しでゲートまで1時間の歩きであった。

多分誰も歩いた事の無い新ルートだと思うが山スキーと言うのはこのようにオリジナリティーを楽しめるスポーツなのである。NOZAももう一軍で十分活躍出来るほど上達してくれた。嬉しい限りである。

1.30 600m 白山スーパー林道ゲート発
2.32 600m 尾根取付
4.33 1045m 地図上1045
5.51 1200m 山毛欅尾山過ぎ鞍部
8.51 1450m 冬瓜平
10.13 1580m シリタカ山過ぎ鞍部
10.37 1730m 主稜線
11.02 1841m 笈ヶ岳山頂
11.24 1841m 笈ヶ岳山頂発
11.36 1580m シリタカ山過ぎ鞍部
12.06 1500m 冬瓜平
13.20 1200m 山毛欅尾山過ぎ鞍部
13.55 600m 白山スーパー林道尾根取付
14.49 600m 白山スーパー林道ゲート

35.大明神山 2014.3.2

今日は天候は悪い事は承知していたが体力作り、思い出作りと深夜0時に自宅を出て魔人たち三名で大明神山を目指した。もし大明神山頂で視界が良ければ毛勝まで足を伸ばす予定。深夜2時前に片貝に着き2時ジャスト片貝第二発電所ゲートを出発。積雪は60cmほどと十分まずは片貝第四発電所まで4kmの林道歩きである。コースは昨年開拓した片貝第四発電所前の沢を詰め大明神北西尾根稜線上の取水施設に出るコース、さらに北西尾根を完璧に読んで一切のアップダウンをしないで帰りは楽々スキーで下りると言うものである。

1時間チョイの林道歩きで第四発電所に着きここで休憩、ミゾレまじりの雪で全身グズグズだ。すぐに沢を詰めて取水施設へこの沢今日はデブリが多かった。雪の条件が悪いと雪崩れるのでエントリーはかなり慎重を要す。無事問題なく取水施設まで上がれば後は尾根を進むだけ。

問題は1149ここは痩せ尾根で通常板を担いでつぼ足になるが今日は早めに巻いて楽々板のまま突破した。さらに最大の難所1525の巻き、ここはかなり難しい,ここが巻ければもうプロだろう。昨年も今日も大魔人が完璧に巻いてこれで帰りも楽勝となった。

1793を過ぎると大明神がガーン、モチ上がりサー待ってなさい。と言いたいところだがこのあたりから新雪がクラスト斜面を容易に滑り亀裂出まくり、表層雪崩れおきまくり,どう安全ルートを取りリスクを回避するかこれのみに集中して少しずつ高見を目指す。ほぼ完璧に安全性を確保して最後雪庇を超えると山頂に飛び出した。ホワイトアウトで何も見えないし風も強い、毛勝へは100m下って急斜面を400m以上上げなければならない,今日の状況で突っ込むのは自殺行為に等しい、行けるはずが無かった。さあシールを剥いで完璧ルートを安全に滑ろう。雪は良かったが視界が悪く難儀した。少し下ればトレースが確認出来後はトレースを横目に滑り降りるだけ、帰りは一切シールを使わなくてもスムーズに下山できた。

最後取水施設から第四発電所まで楽しい沢滑り、このコースは全く無駄無く林道に合流出来る。林道に出て後は30分のダッシュで車に着いた。午前中に下山して今日も大満足、今日はNOZAも誘ったが敢えて単独で笈ヶ岳ワンディを敢行すると言う事だった。さすが一軍昇格最右翼だけの事はある。若者の熱き思いに惚れました。結果はどうあれその志が素晴らしい。三人でNOZAの事を心配しながら高速を飛ばして帰った。がんばれNOZA!!

2.00 290m 片貝第二発電所ゲート発
3.12 470m 片貝第四発電所(大明神北西尾根取付)
3.50 680m 北西尾根上取水施設
5.04 1149m 地図上1149巻き
6.51 1525m 地図上1525巻き
8.01 1793m 地図上1793
9.09 2082m 大明神山山頂
9.26 2082m 大明神山山頂
10.13 1525m 地図上1525巻き
10.32 1149m 地図上1149
10.52 470m 片貝第四発電所(大明神北西尾根取付)
11.36 250m 片貝第二発電所手前橋

34.大日岳西面ルンゼ 2014.2.26

2.00 460m  藤橋ゲート発
2.15 580m  人津谷出合(喫茶クムジュン)
4.12 1300m 文登研前進基地
6.02 1778m 前大日山頂着
7.31 2040m 早乙女岳着
9.37 2501m 大日岳山頂着
10.00 2501m 大日岳山頂発
10.52 1470m 雑穀谷登り返し
11.50 1778m 前大日山頂着
12.36 1300m 文登研前進基地着
13.15 580m  人津谷出合(喫茶クムジュン)
13.20 460m  立山駅手前藤橋ゲート

詳細記録へ

33.厳冬期笈ヶ岳ワンディ 2014.2.23

【山域】笈ヶ岳 1841m
【日時】20014年2月23日(日)
【コース】国道156−境川ダム−桂橋−仙人窟北東尾根−笈ヶ岳往復
【メンバー】僕 大魔人 髭魔人
【天気】曇りのち晴れ
【装備】スーパーファット Pontoon

1.05 330m 国道156であい橋発
1.29 443m 打越トンネル
2.12 600m 境川ダム
3.13 580m 桂橋
4.06 850m 稜線
5.53 1290m 1290ピーク
6.28 1200m 1200m鞍部
7.20 1300m 沢へdown
7.37 1200m 沢合流
9.40 1680m 主稜線ポコ 
10.04 1650m 主稜線鞍部
11.18 1841m 笈ヶ岳山頂
11.40 1841m 笈ヶ岳山頂発
11.53 1650m 主稜線鞍部
12.32 1680m 主稜線ポコ
13.03 1200m 沢1200m
13.35 1300m
14.03 1200m 1200m鞍部
14.37 1290m 1290ピーク
15.20 580m 桂橋
16.18 600m 境川ダム
16.29 443m 打越トンネル
16.53 330m 国道156であい橋

深田久弥が登っておれば百山に入れたと後記した笈ヶ岳、岐阜県、富山県、石川県から登頂ルート
はあるがいずれもアップダウンや藪漕ぎがきつくGW辺りが唯一の登山適期となっている。

4年前厳冬期の大笠山に立った時次は笈しか無いと心に決めていた。しかし天候を読むのが難しくて昔年の
夢であった。今回ようやく全ての条件が揃い魔人二人と三人で挑戦する事が出来た。予想通り16時間近くに
及ぶ厳しい山行となつた。

深夜0時に髭魔人と医院で待ち合わせして五箇山であい橋を目指した。深夜1時に出発の予定である。
1時少し前に着くと既に大魔人はスタンバイしていた。さあスーパーファット Pontoonでいざ。

1.05 330m 国道156であい橋発 まずは林道歩きここ数日の好天で雪は堅く全く沈まないスイスイ
       歩ける。

1.29 443m 打越トンネル 約1300mの長い真っ暗なトンネルは板を担いでガシガシ歩いて行く。
       トンネルを出ると例年猛烈なデブリを見る事が多いが今年は無かった。ここから
       少し斜度が上がりしばらくで境川ダムが見える。

2.12 600m 境川ダム ダム湖を渡る橋の積雪も1mほど例年よりは少し少なめだ。ここから桂橋
       まで3.5kmの平坦な林道歩きシールを外して快適に進んだ。

3.13 580m 桂橋 当初コースは桂橋から大笠山に登る尾根を使い中間地点で沢に下るつもりだった。
       暗闇の中状況を探る。尾根取付橋は何とか渡れそうだが絶壁を登る梯子は雪で隠れており
       更に上部は今にも落ちそうな雪の固まりがゴロゴロ、ザイルも持って来たが無理と判断
       急遽第二ルート仙人窟北東尾根でいく事にした。

       橋を渡り尾根に取り付かず沢伝いに稜線を目指す。雪も多く快適だった。予想通り
       日陰はパウダーでよく沈むスーパーファット出なければ大変だったろう。

4.06 850m 稜線 標高差300m登り上げ稜線に出た。ここから仙人窟まではアップダウンと厳しい
       コースの連続になる。帰りの事を考えてうまくルート工作が必要だ。
       1109mポコは左からうまく巻けた。帰りは楽出来る。この辺りでようやく
       少し明るくなって来た。少し気が休まる。 

5.53 1290m 1290ピーク このポコから先は複雑で巻きが出来ずピークでシールを剥いでガチガチ
       斜面を先の1200m鞍部まで滑り降りる。

6.28 1200m 1200m鞍部 ここでシールを着け直して1300m付近まで登り上げて右手に見える沢へ滑り
       こむコースをたどる。1300mでまたシールを剥ぐ。

7.20 1300m 沢へdown 帰りの登り返しを考えうまくトレースを着けて沢に滑り込む。
       100mの下りで済んだ。

7.37 1200m 沢合流 この沢両サイドが急な壁になっており雪の状態が悪いと極めて危険な沢だ。
       今日は気温も低く好天が続いたので雪はしまって雪崩の心配は全くなかった。
       パウダーが一杯の沢を主稜線目指してガンガン行く。
       帰りは素晴らしいパウダースキーが楽しめるだろう。

9.40 1680m 主稜線ポコ 仙人窟はうまくスルーでき沢を詰めて主稜線ポコ直下に出た。
       雪庇群が続いている。ここでまたシールを剥いでポコ向こうの鞍部に滑り込む。
       左右とも深い谷で慎重に滑走した。

10.04 1650m 主稜線鞍部 ここでまたシールをつけるが目の前は壁になって板は使えない,板を担いで
       ラッセルして15mほどの壁を上がる。
       さあ笈前衛が前にドーンと聳えている。その奥にちらりと本峰は見える。最後まで
       アップダウンが続く。最後のアップダウンを超えるとようやく本峰が眼前にやった−すぐだ。

11.18 1841m 笈ヶ岳山頂 やりました。出発から約10時間念願の厳冬期笈です。大笠山頂は雲で見えないが
       素晴らしい景色である。辛かった長い尾根が見渡せる。本当に難儀だった。記念写真
       をとってさあスキーを楽しもう。

11.40 1841m 笈ヶ岳山頂発 良い雪でした。スーパーファット全開です。主稜線鞍部まで快適に滑って
       行く。

11.53 1650m 主稜線鞍部 ここからシールでポコに登り上げる。

12.32 1680m 主稜線ポコ さあ今日のメインデッシュ沢の源頭からの快適大滑降です。標高差500mの
       パウダースキーを楽しんであっという間に1200m登り返し地点まで行く。今日は全く雪崩の
       心配は無かった。

13.03 1200m 沢1200m ここから100mシールで登り返して1300mまで

13.35 1300m ここからはまたスキーでしばらく快適に滑る。

14.03 1200m 1200m鞍部 ここからはもうベチャ雪のチビラッセルで登り返す。一体今日何度シールを脱着
       しただろう。

14.37 1290m 1290ピーク もうここから滑るのみでシールはなしだ。桂橋まで快適な滑りであった。
       境川ダムを見下ろしながらのスキーだった。

15.20 580m 桂橋 ここからは試練の長い林道歩き

16.18 600m 境川ダム ようやくダムだ。もうゴールは近い,最後トンネルが見えた。

16.29 443m 打越トンネル 長いトンネルも足取りは軽い。トンネルを過ぎてしばらく滑るとであい橋

16.53 330m 国道156であい橋 ゴール16時間の挑戦だった。計7回のシール脱着、難所のオンパレード
       これこそ山スキーの総合力が試される難コースでした。
       もう二度と行く事は無い完全燃焼であった

詳細記録へ

32.タカンボウ山 2014.2.19

今日は早起きして安近楽(安全 近い 楽しい)の五箇山周辺の山でまだ登った事の無いタカンボウ山を目指した。朝4時前に目が覚めて車を飛ばせばあっという間に目指すであい橋、今日は週末のビック山行の下見も兼ねている。雪量はまずまずである。

4.51 380m であい橋発 少し林道を歩いてどこから取り付くか、フムフムこの辺りなら行けそうだ。
5.11 400m タカンボウ東尾根取付 最初沢沿いを行き途中で尾根に上がる新雪が心地良い、気温は低く雪は北海道のようだ。帰りは期待出来る。
5.51 640m 林道合流 ドンドン快適に標高を上げると林道に合流、どこからどこへ行くのだろうか。さらに快適に高度を上げる。
6.31 840m 第一鉄塔 でっかい鉄塔に出会う、振り返れば大滝山が 
6.42 900m 第二鉄塔 この辺りは切り開かれて楽しそうな斜面だ。さらに高度を上げると北からの尾根に合流したしばらく歩けばブナ林となり山頂は間近だ。
7.17 1119m タカンボウ山 無事着きました。初めての山は楽しいです。今日は午後から用事もあるのでさっさと滑ります。
7.35 1119m タカンボウ山発 素晴らしい雪でした。新雪サラサラやはり厳冬期スキーは最高です。
7.53 380m であい橋着 山頂から 18分で標高差760mの快適スキーでした。 今日も大満足

31.籾糠山 猿ヶ馬場山 2014.2.16

今日は深夜2時に起きて髭と二人で白川郷に向かう大魔人号もNOZAを乗せて向かっているはずだ。4時発の約束で着くともう大魔人号は着いていた。今日はドカ雪直後だが籾糠山と猿ヶ馬場山をダブルで狙う予定、先日の山行から多くの事を学んでいるので今日は快適に進めるだろう。取付尾根も吟味して今日は薮は無く快適だった。1270mのオブジェは右から巻いて1400mポコに着く。

ここで休憩してここから120m下って沢床に出る。後は沢伝いに籾糠を目指す。天気は良く無いが雪は鮮度を保ってくれているので都合が良い。モンスター帯を通過すると籾糠の尖りはすぐだった。視界は無いが大満足、今日はこれから猿ヶ馬場山を目指す。山頂から260m下ってまた沢床までここからはまた沢伝いに猿ヶ馬場を目指すのみ

ラッセルも辛いが最後は絶好調の髭が先頭を頑張ってくれた。ゴーーーール!!、アップダウン多くてラッセルも大変でしたが皆さん頑張りました。帰りもまた二回登り返しもありますが皆さん元気一杯です。

山頂から快適な下り斜度は緩いですがスーパーファットはよく浮きます。このコースはスーパーファットでなければ楽しめません。快適にウキウキで二度の登り返しを経て1400mポコへ後は快適に車まで行けます。オブジェにさよならを言って最後は沢筋をガンガン攻めてゴール。完全燃焼でした。山スキー万歳。

4.00 580m 天生峠林道ゲート前
7.05 1270m オブジェ
8.03 1400m 1400mポコ
8.19 1280m 沢下降地点
9.34 1610m 平坦地
10.14 1744m 籾糠山山頂
10.35 1480m 沢下降
11.57 1875m 猿ヶ馬場山
12.25 1480m 沢下降
13.05 1670m 登り返し 
13.33 1280m 沢下降地点
14.00 1400m 1400mポコ
14.51 580m 天生峠林道ゲート前

30.焼岳(黒谷)2014.2.12

昨夜はちろり庵で魔人たちと宴会をして今朝二時半に起床、早速貸し切り露天風呂に仲良く浸かり大魔人は職場へ直行,僕と髭魔人は近場で激パウ予想の焼岳黒谷へ向かう。久しぶりの黒谷名人以外と来るのは初めてである。この谷雪の条件次第では地獄にも天国にもなろう。今日は天国だろう。朝4時に林道を出てまずは林道を歩いて巨大堰堤に髭にはあそこをダイブするよと少しおどかしておいた。

北面台地に登り上げると雪がサラサラのまま生きていた。ラッセルは辛いが黒谷は最高の滑りを魅せてくれるだろう。北面台地は徐々に狭まり急登になって行く、ビビる髭、このコースは山頂までスキーで行ってなんぼだよと厳しい場面は僕がルートを切り開き、激ラッセルは髭におまかせ、振り返ると昨日滑った抜戸岳が美しい、僕たちのシュプールは見えなかったが昨日は最高だった。

ガンガンクトーを効かせて高度を上げると外輪の一角に出た。さあピークが目前です。ゴール。素晴らしい360度遮るものの無い大展望。昨日の山日和にも人が来た形跡はなかった。さあ黒谷行きますか。ゴー 素晴らしい雪質です。粉を巻き上げながらポンが行く。雪はサラサラ極上です。時間も早く雪崩の心配皆無です。ガンガン滑って滝も難なくスルー、下部もデブリ皆無でまっさらでした。この様な条件は初めて多分二度と味わえないだろう。

巨大堰堤が見え左岸をスルーして後は林道を快適に滑り降りる。今日も大満足、二連休思う存分楽しみました。生きてて良かった。山スキー万歳!

4.00  1215m 中尾温泉奥林道除雪終点
5.18  1400m 焼岳北面台地取付
7.50  2000m 焼岳北面台地2000m
10.02  2455m 焼岳南峰着
10.27  2455m 焼岳南峰発
10.49  1300m 黒谷から林道に合流
11.08  1215m 中尾温泉奥林道除雪終点

詳細コース解説へ

29.抜戸岳 2014.2.11

山域】抜戸岳  2812m
【場所】岐阜県
【日時】20014年2月11日(火)
【コース】新穂高−ワサビ平小屋前尾根−杓子平−抜戸岳往復
【メンバー】僕 大魔人 髭魔人
【装備】Pontoon
【天気】快晴無風

4.00 1075m 新穂高発
5.31 1400m ワサビ平小屋前尾根取り付き
8.14 2000m 尾根2000m
8.58 2236m ヒドンホール墜落
10.08 2320m 杓子平
11.47 2812m 抜戸岳着
12.14 2812m 抜戸岳発
12.27 2320m 杓子平降り口
12.50 1400m 林道
13.25 1075m 新穂高

深夜0時に髭と待ち合わせ一路新穂に向かう。出発は深夜2時半の約束、2時前に着いてさあ2時に出ようと
気合いを入れたが大失態、車内に鍵を忘れドアロックしてしまった。真っ青、すぐにJAFを呼ぶが2時間
遅れの出発となった。皆の衆、ほんまに申し訳ない。

4.00 1075m 新穂高発  仕切り直しで出発、雪は多く、交代でガンガンラッセルを回す。デブリもほとんど新雪で消され快適歩行

5.31 1400m ワサビ平小屋前尾根取り付き 1時間半で取り付きくの字尾根に ガンガンラッセルします。高度を上げると中崎尾根
槍穂の大展望が、この尾根雪の状態を考えないととても危険です。下部でピットを掘って雪崩の危険性は少ないと判断した。

8.14 2000m 尾根2000m 急な傾斜も問題なく高度を上げて行く。2200m付近の岩場地帯はリスクを考え僕が先頭で間隔を
空けて進む様に伝えた。その矢先にトラブった。

8.58 2236m ヒドンホール墜落 いきなり雪が割れ僕は3mほど穴に落ちた。板のおかげで途中で止まったが全く足場がなく上には
上がれないどうにか板を外して魔人たちの持ち上げてもらう。ストック、ザックも上げてもらいようやく軽身で気を掴んでよじ上った。
全く恐かった。こんな事初めてでした。

さあ気を取り直して 杓子平の稜線雪庇が間近

10.08 2320m 杓子平 雪庇の切れ間を辛うじて這い上がりドーンと笠の大展望、後はピーク行くのみ気温も上がり板に雪がこびりつき
重くて難儀したが最後の雪庇を超えて抜戸山頂近く稜線に出た。少し歩けば山頂だ。

11.47 2812m 抜戸岳着 素晴らしい大展望、槍穂が手に取る様に見える。十分展望を楽しんだらお楽しみです。

12.14 2812m 抜戸岳発 雪庇脇からドーン  杓子平は雪質良く自在にシュプールを描く

12.27 2320m 杓子平降り口 さあ後は林道へ滑り込むのみ雪の状態良く日陰の沢を行くしか無い。素晴らしき大ゲレンデ林道まで
標高差1000mの大満足でした。

12.50 1400m 林道 林道も滑りはよく早かった。

13.25 1075m 新穂高 ゴール山頂を出てわずか1時間11分、今日も大満足、山スキー万歳

詳細コースと写真へ

28.ショウガ山 2014.2.9

ドカ雪中でも比較的安全だろうショウガ山を急遽目指す事にした。この山もこの時期甘くは無い,まして小嵐山経由となると大辻経由よりも細尾根と氷化斜面の通過があるのでさらに難易度は高くなる。今日は仕事の髭魔人の代わりに一軍昇格候補のNOZAを誘い大魔人と三人で挑戦した。

深夜1時半に起床して4時発の深瀬大橋を目指す。小雪の中車を走らせる。3時過ぎに着くともう皆集合していた。除雪の邪魔にならない路肩に止めていざスタート、ラッセル厳しそうなので皆スーパーファットで行く。林道を3km程歩いて小嵐隊道を通過してここで尾根に取り付く事にした。いきなりの急登は雪崩の危険性が高くかなり慎重に行く。今回のドカ雪がなければスキーでは取り付けなかっただろう。

何とか尾根に這い上がり細尾根を慎重に進んで行く。所々氷化していてかなり技術が必要だった。小嵐は大きく右から巻いて帰りは登り返し無いようにする。雪崩には特に注意していたが一度雪面が10m、30cm程割れて僕が流されたが警戒していたのですぐに止まった。標高が1300mを超えるとかなり風も強く斜面も氷化してリスキーになるがクトーを効かせてドンドン行く。1550mを超えたポコの巻きはちょっとヒヤヒヤしたが無事巻くと山頂が直であった。

やりました。無事到着です。視界は皆無ですが大満足です。ここでシールを剥ぎ後は一気に下るだけ。細尾根は避け下部で沢に入るが最後の林道の下りは難儀した。それでも何とか無事林道に着いて今日も完全燃焼でした。

3.20 480m 深瀬発
3.59 480m 小嵐隊道出口尾根取付
6.40 1002m 小嵐山
8.45 1550m 氷化した稜線の巻き
9.25 1623m ショウガ山
9.48 1623m ショウガ山発
10.37 1002m 小嵐山
11.14 467m 林道着
11.58 480m 深瀬着

27.マルツンボリ山 2014.2.5

五箇山周辺は猿ヶ山、大滝山、大門山、人形山、三ヶ辻山など色々なコースを楽しんでいるがまだ訪れた事の無いマルツンボリ山へ出掛けてみた。単独で午後から仕事がある時の為にとっておいた山である。昨夜から降り出した雪は久しぶりのドカ雪になっているだろうか?今朝は3時半に起きて雪降る中高速を飛ばして五箇山に入る。

まだ除雪が追いついてないようだ。取り敢えず集落の駐車場に車を止め暗闇の中歩き出す。いきなりの急登ラッセルにため息をつきながら黙々と登る。単独もたまには良いものだ。単独なら逃げ場は無い,自分がラッセルしなければ道は開けない,あまり休みも取れない。

ガンガン急登をラッセルししていくと740mでいきなり林道に出くわした。この林道後で分かったが926mを巻く様にして伸びていた、こんなことなら最初から使えば楽出来たのに

926mの巻きは辛かった。降りしきる雪でトレースは消えそうだから帰りも辛そうである。下を見ると例の林道が走っていた。うまく下らずに合流出来るかな。926を巻いた860m付近で少し下って林道に合流した。帰りはカニで少し登り返さなければならない。巻いた鞍部からはひたすら登って行く、一カ所のみポコがあったが左からうまく巻けた。緩やかな尾根を登って行くとまんまるなマルツンボリ山のピークに出た。視界は無いが初めての山に大満足である。

少し休憩したら後はパウダーを楽しむだけ。文句無しに楽しいが926の巻きは辛かった。鞍部からシールを使えば良かったと後の祭り、帰りのトラバースはカニありスリップありもう勘弁して欲しい急がないと午後の用事に間に合わない、740で林道に交差してからは一気に五箇山へ滑り降りた。

雪まみれになった車が待っていてくれた。初めての山や初めてのコースはやはり楽しいものです。今日も大満足、山スキー万歳。

5.00 290m 五箇山 田向発
6.49 740m 林道交差
8.12 860m 林道合流
9.46 1237m マルツンボリ山
10.03 1237m マルツンボリ山発
10.27 860m 林道合流
11.24 740m 林道交差
11.39 290m 五箇山 田向着

26.三ヶ辻山 2014.2.2

今日は三ヶ辻山に新ルートを開拓した。雨の予報であったが行かないで家にいるよりは濡れても山に行く方が思い出作り、体力作りになるだろう。深夜2時に起きて3時に髭と待ち合わせ大魔人、名人の待つ 白川郷有家ヶ原へ急いだ。

予定通り4時に出発、当初のルートを逸れ谷沿いに進んだがこれが失敗、800mまで上がって猛烈全層雪崩跡に遭遇して進退窮まった。200m下って林道に合流して仕切り直し1時間半ロスとなった。まあ人生無駄は多いものだ。

安全ルートで尾根に上がり後は複雑な地形をアップダウンしない様にうまくトラバースラインを伸ばす。雨は降り続き人生こんなものである。尾根の終点有家の頭まで完璧にルートを作りこれでここまでシールは不要、有家の頭から100m下って鞍部に着いて後は三ヶ辻山登るだけ

無事着きました。雨風強くちと辛いですが新コース開拓出来て嬉しいです。皆大満足、後は帰るだけ鞍部まで滑りここから有家の頭までシールで登り返し尾根を一気に下るだけ、体力不足の名人は遥か後方となったが中間地点で待って後はカットコースで有家ヶ原にゴール。今日も大満足です。

このコース三ヶ辻山へ行く遠回りコースで尾根もアップダウンが多いので山スキーで行く人はいただろうか。多分いないかな,どんなコースでも新ルート開拓は楽しいです。コロンブスのアメリカ大陸発見と同じなのです。山スキー万歳、今日も完全燃焼でした。

4.00 420m 有家ヶ原発
5.22 830m 谷撤退
5.54 630m 林道仕切り直し
6.11 720m 林道終点尾根取り付き
7.50 1263m 地図上1263
8.46 1437m 地図上1437
10.25 1631m 地図上1631(有家の頭)
10.42 1534m 地図上1534鞍部
11.23 1764m 三ヶ辻山山頂
11.35 1764m 三ヶ辻山山頂発
11.43 1534m 地図上1534鞍部
12.08 1631m 地図上1631(有家の頭)
13.18 1263m 地図上1263
13.50 420m 有家ヶ原

25.白山 厳冬期ワンディ 2014.1.29

【山域】白山 2702m
【場所】石川県
【日時】20014年1月29日(水)
【コース】白峰−市ノ瀬−別当出合−砂防新道−白山山頂−観光新道下大斜面
     −別当出合−白峰
【メンバー】僕 大魔人 髭魔人
【装備】Pontoon
【天気】晴れ

0.15 510m 白峰ゲート発
1.43 640m 百万貫岩
3.01 830m 市ノ瀬
4.44 1240m 別当出合
7.27 1970m 甚ノ助ヒュッテ
8.52 2320m 弥陀ケ原
9.10 2470m 室堂
10.00 2702m 白山山頂
10.28 2702m 白山山頂発
11.16 1240m 別当出合
11.41 830m 市ノ瀬
12.17 640m 百万貫岩
13.10 510m 白峰ゲート

火曜日仕事を終え帰宅晩ご飯を食べて少し横になって深夜11時過ぎに目を覚ました。目覚ましを1時間間違えていた。
白峰ゲート発深夜0時の約束、急いで車を飛ばして3分前に合流、準備をして何とか15分遅れでスタート出来た。
皆の衆申し訳ない。

0.15 510m 白峰ゲート発 ゲートの積雪は1mほどか、さあ行くぜよ。大魔人は下山後仕事に行くと言うのでそこそこ飛ばします。
ポンは重いが太いので潜らない、体力さえあれば最強の板だ。暗闇の中黙々チビラッセル。

1.43 640m 百万貫岩 チャリなら早いが歩くと長い,1時間半かかりました。ここで僕から大魔人に先頭交代,仕事があるせいか
この人も早い、そろそろ足の指が擦れて痛くなって来た。別当まで15kmの長丁場、あまり飛ばすと靴ずれが恐い、でも行くしか無い。

3.01 830m 市ノ瀬 ようやく市ノ瀬です。雪は例年より少し少ないか。ここからは斜度が増すのでようやく靴ずれから開放された。
それにしても長い林道です。もう勘弁して欲しいと思う頃ようやく別当出合が見えた。

4.44 1240m 別当出合 無雪期のスタート地点まで4時間半の難儀でした。ここで大休止、舎内はかまくら状態です。
問題はこの先の吊り橋、渡れるかそれとも河原に下りて徒渉か。一本橋に雪はのっているが蹴飛ばしながら綱渡り、ようやく対岸に

対岸に渡り急登をこなし後は豊富な雪をガンガン高度を上げる。昨日の積雪は30-40cmほどでラッセルは楽勝だった。標高1700m
くらいで大長山に朝日が当たる。放射冷却で高度が上がるとかなり寒い,さあ甚ノ助が見えた。8割埋っている。

7.27 1970m 甚ノ助ヒュッテ ここで完全防寒態勢,風も強くなって来た。ここから直にエコーラインに登り上げる。心配した氷化も
無くようやく稜線に上がると真っ白な白山がドーン、ウーンマンダム。これが見たかったのです。

8.52 2320m 弥陀ケ原 さあ後は室堂経由でピークへ行くしかない。

9.10 2470m 室堂 室堂の大鳥居はエビのシッポですごい事になっていた。さあピークまで残り230m、氷化斜面も出て来て慎重に
グイグイ高度を上げて奥社が見えました。ここも雪の固まりと化しています。

10.00 2702m 白山山頂 無事到着です。白峰出て10時間、疲れました。まずは奥社にお参りです。今日も無事登頂出来ました。
無事自宅まで怪我無く帰れます様についでに子供たちの受験合格祈願もしておきましょう。シールをはぐるとさあ下りです。

10.28 2702m 白山山頂発 山頂からガンガン滑ります。良い雪を求めてあっちへこっちへ帰りは早いです。
下りは観光新道下大斜面を頂きましょう。別当谷もそそられますが、、、、まっさらな大斜面をどこまでも落ちて行きます。
この為に生きているのかもしれません。素晴らしい斜面にマンダム連発。日当りの良い斜面は雪崩に警戒です。
ああもう別当ですか。

11.16 1240m 別当出合 別当はパスして林道に合流。市ノ瀬までは斜度があるのであっという間。

11.41 830m 市ノ瀬 山頂から1時間40分で来ました。山スキーの成せる技です。ここからは忍耐です。仕事がある大魔人は
先に飛ばして下さい。僕はマッタリ下ります。

12.17 640m 百万貫岩

13.10 510m 白峰ゲート 無事着きました。今日も大満足、山スキー万歳、今シーズン 立山 槍ヶ岳 白山とワンディ三冠達成です。

詳細記録へ

24.籾糠山 2014.1.22

この山域は猿ヶ馬場山が有名で近年訪れる山スキーヤーも多くなり駐車スペースの問題など正直足が遠のいている。隣にある籾糠山はピークが尖っていてだだっ広い猿ヶ馬場と対照的である。ただコース取りが複雑でアップダウンが有り山スキー向きでないのが難点であった。しかし昨日の1400mポコから1300m沢床に下りここからずっと沢伝いに進めば行きも帰りも随分滑りが楽しめ山スキー向きとなる。出だしから1000mくらいまで多少薮っぽいので初心者は無理だろうが玄人向きの静かな山である。上部ではモンスターも多く雰囲気も良い。駐車スペースも十分確保出来るが除雪の邪魔にならない様に気を使う事が大切だ。猿ヶ馬場の様にまた駐車禁止の看板が立てられたら浮かばれなくなる。

朝3時半に起きて出発。出だしから少し薮っぽいが、まあこれまでの激薮山行に比べればかわいいものである。ガンガン高度を上げて標高1300mのオブジェに到着、8年前と変わらぬ姿に感激、ここから1400mポコまで行って、ここから100m下って沢床へ籾糠山頂手前までは沢伝いに行けるから帰りも楽しめそうである。ラッセルは厳しいが新ルート開拓にワクワクしながら進んで行く。さあ山頂が見えた。今日も無事登頂です。視界は無いが風も無く穏やかだ。

さあ名人激パウ楽しむぜよ、山頂から激パウだった。ルート取りは完璧で1300mの沢床まで滑りは楽しめここから100m登り上げ(行きにトレースは完璧に付けておいた)1400mポコへポコから車までも激パウ三昧であっという間に到着だ。

4.20 590m 天生峠林道除雪終点
7.28 1250m 好展望地
8.34 1400m 1400mポコ
8.54 1300m 沢下降
10.12 1610m 平坦地
10.56 1744m 籾糠山山頂
11.24 1744m 籾糠山山頂発
11.59 1300m 沢から登り返し
12.22 1400m 1400mポコ
13.29 590m 天生峠林道除雪終点 

以前の写真記録へ

23.大門山 2014.1.19

今日は若手三人衆(NOZA、サブ、みさご)の山スキー研修会を行った。魔人さん達にもご協力頂いてマンツーマンでビッチリ勉強してもらった。昨日からの雪は一晩で50-80cmほどの新雪となっていた。今日は雪崩に最警戒と伝えて、ブナオ峠ゲートを出発した。皆スーパーファットだが深い深い、まあ厳しいラッセルであった。それでも体力だけは馬並みの若手達の前にドカ雪もかわいく見えた。

尾根に取付傾斜が急になるとますます厳しい登高になったが皆ラッセル大好きで早く先頭を行かせろとウズウズしていた。適度に合図を入れて先頭を交代してもらう。ルートの読み方、危険地帯の通過の仕方、雪崩の備えなど長年の経験から自分が学んだ事を伝えながら進む。魔人達も手取り足取り若手の為に頑張ってくれた。

主稜線に着くとまずはビバーク時の雪洞堀、雪洞は最強のシェルターだと言う事を身をもって学んでもらう。さらに高度を上げて弱層テストのやり方を学んでもらいながらいつの間にかピークに着いた。予定は谷を滑るつもりだったが今日は禁忌、最も安全なコースで滑り降りる事にした。あっという間にブナオ峠に着いてまた登り返して今度はビーコン捜索訓練、10分以内に3ヶのビーコンを探す出す様に伝えたが25分もかかり皆助からないぞとハッパをかけた。

一日中雪の降る生憎の天候であったが勉強するには厳しい環境の方が良いだろう、皆それぞれ課題を胸に国道に下山した。

3.30 320m  五箇山国道156号ブナオ峠林道口
4.51 550m  ブナオ峠東尾根取り付き  
7.38 1100m 主稜線  
8.19 970m  ブナオ峠
10.38 1571m 大門山山頂着
11.05 1571m 大門山山頂発
11.30 970m  ブナオ峠
12.12 1100m 主稜線登り返し
14.08 320m  五箇山国道156号ブナオ峠林道口

22.フスブリ山 2014.1.15

前夜小谷の北野集落で名人と待ち合わせた。車中宴会時に悪いが腰の状態が思わしく無いので明日はラッセル期待しないで欲しいと念押しした。今朝3時に起きて4時に出発。すぐに座薬を入れ薬も飲んだ。行くしか無い,北野集落から横前倉山、風吹岳、フスブリ山に行く際は南俣沢横断の際に大きく下って帰りに登り返すのが難点だったが昨年このコースなら登り返ししなくて良いとルート開拓した。今日は昨年開拓した新ルートで名人をフスブリ山に誘った。

出発して何とか痛みをこらえながら登って行くが不思議と徐々に痛みは軽くなって行く、山は偉大なホスピタルとはこの事であった。新鮮な空気を吸って汗をかいている内に腰の状態は楽になって行き僕が前に出てラッセル変わるよとガンガン先頭で歩いて行く,最大のポイント南俣沢の合流も完璧でドンドン標高を上げ風吹山荘に来た。風吹大池は完璧に氷結していた。

さあ雪倉も見えモチは上がるフスブリまでは長くてしんどかったが無事登頂して後は下るだけ帰りになんと三人パーティがトレースを追って来た。大きな声で有り難うと叫んでいる。どういたしましてこちらこそ使って頂けて有り難う。帰りは一切登り返しは無いのであっという間に北野集落に来た。

こののコースは素晴らしいしコースだが厳冬期人が訪れる事は少ない,一般的には残雪期に栂池スキー場のゴンドラを利用して小谷に下るコースとして紹介されているがこれだとスタート時間が遅くなる上に車の回収など面倒くさい、やはり日帰りでさくっと滑りたい,風吹大池周辺には魅力的な斜面が満載である。コースの最大のポイントはやはり南俣沢に如何にスムーズに入るか、尾根の回り込みポイントは1210mでここしかなさそう、このポイントには大きな杉の木がある。良い目印だ。但しトラバースは雪の状態が悪ければ雪崩の危険があるので雪を見た上で慎重に行う必要がある。あくまで自己責任で素人が簡単に入れる山域ではない事は確かだ。

4.00 680m 北野集落(除雪終了地点)発
5.01 930m 林道から沢沿いへ
6.51 1230m 南俣沢合流
9.57 1780m 風吹大池
11.17 1944m フスブリ山
11.40 1944m フスブリ山発
12.39 1230m 南俣沢から尾根巻き
12.54 680m 北野集落

21.猫岳 2014.1.13

今日は1年前の同日Dr7と歩いた牛首尾根でリベンジを果たした。1年前も今日と同じくらい激ラッセルだった。しかし雪の状態が悪くて雪崩のリスクが極めて高かったためスカイラインに合流した地点で敗退した。翌日またリベンジするからとDr7に話したところ是非自分もその際は誘って欲しいと言っていた。その思いには応えられなかったが約束通りリベンジを果たすことができた。1年前を思い出しながらこの急登7は必死になって先頭ラッセルしていた場所だと懐かしく思い出に浸りながら今日歩いた。Dr7は天に召されたが期待の若手NOZAを誘って髭魔人と三人で激ラッセルに汗を流し激パウに酔いしれた。昨日今日とこの山域は激ラッセルで敗退を余儀なくされたパーティも多い事だろう。

3.30  1255m  国道発
5.05  1630m  牛首コル
9.00 2400m  乗鞍スカイライン
9.35  2581m  猫岳
9.51  2581m  猫岳発
10.45  1630m  牛首コル
11.02  1255m  国道着

20.焼岳 2014.1.12

大棚経由でピークを目指した。コースは複雑でだからこそ面白い

4.00  990m  宝永集落発
5.24  1400m  大棚
9.01  2090m  地図上2124北の鞍部
10.25  2455m 焼岳山頂着

10.46  2455m 焼岳山頂発
10.57  2090m  地図上2124北の鞍部
11.45  1540m  大棚1569と1593の鞍部
13.33  990m  宝永集落着

19.猿ヶ山 2014.1.8

今日は安近短いや安近楽(安全 近い 楽しい)な猿ヶ山に出掛けた。朝4時に自宅起床で5時過ぎにはもうスタートしていた。午後から仕事があるのでポンでガシガシ登る事にする。橋を渡った最初のショートカットは少し難儀したが無事カット尾根の北側にはパウダーも残っているので帰りも楽しそうである。雪は多くサクサク登って行ける。この山は小さなアップダウンがあるので如何にこれを解消出来るコース取りを作るかで帰りの時間は大いに変わる。

山頂まで全くアップダウンを作らない様に完璧にルート工作をして山頂に無事到着、風も弱く北海道に比べれば天国のようだ。山頂で小休止すれば後はトレースを利用して一気に下るのみ約30分で無事下山。今日も良い汗かきました。猿ヶ山はやはり安近楽でした。

5.13  380m  五箇山小瀬集落発
7.11  907m  地図上907
7.56  1100m  最終鉄塔
8.07  1221m  地図上1221m
8.46  1447m  猿ヶ山山頂着
9.05  1447m  猿ヶ山山頂発
9.39   380m  五箇山小瀬集落

18.恵庭岳 2014.1.4

4.48 580m  オコタンペ湖林道ゲート
8.07 1250m  山頂下スキーデポ
8.30 1319m  恵庭岳山頂
8.55 1250m  山頂下スキー滑降
9.41 580m  オコタンペ湖林道ゲート

17.羊蹄山 2014.1.3

4.45 380m 京極登山口発
6.19 1000m 標高1000m
9.27 1898m 羊蹄山山頂
9.52 1898m 羊蹄山山頂発
10.40 380m 京極登山口着

16.雷電山 2014.1.2

5.00 8m 欄越集落発
6.15 200m 林道終点
8.22 1040m ポコ過ぎ鞍部
9.37 1211m 雷電山
10.01 1211m 雷電山発
11.44 8m 欄越集落着

15.富良野ジャイアント尾根 2014.1.1

2.37 1000m バーデン富良野発
5.10 1500m 森林限界終了
5.27 1500m 森林限界発
6.10 1000m バーデン富良野

14.羅臼岳 2013.12.31

【山域】羅臼岳 1660m 1450m岩清水で敗退
【場所】北海道
【日時】20013年12月31日(火)
【コース】羅臼町 熊の湯−知床大橋−羅臼南尾根取り付き−屏風岩
     ー岩清水敗退
【メンバー】僕、大魔人
【装備】ポンッーン
【天気】上部ホワイトアウト強風

厳冬期の羅臼岳は北海道の山の中でも最難関の一つだろう。
オホークツ海から吹き付ける北西の季節風は羅臼町でもトラックを
ひっくり返したり電信柱を倒す程だと熊の湯で一緒になった地元の人が
教えてくれた。

過去3度挑戦してウトロから知床峠経由で一度成功した事はあるが羅臼側
からの挑戦は2度失敗している。今回三度目の正直で満を持して挑戦した
が山頂下岩清水で暴風の為またもや退けられた。

前日の下見で知床大橋を渡って川を徒渉するには水量が多いと確認しており
ポリ袋対策をした。

深夜0時過ぎに起きて準備を整える。気合いを入れモチベーションを高める。
今日こそはピークに立つぞ。

1.34 130m 熊の湯発 知床横断道を1km弱進み大橋を渡りポリ袋を二枚重ね
して川を徒渉して南尾根に取り付く。帰りの登り返しを避ける事と強風の影響を
避ける事を重点にコース取りを考える。暗闇の中黙々と標高を上げる。

標高800mから1000mは極めて複雑な地形である。ここも帰りの登り返しが無い様に
ルートを探るがまだ夜明け前であり暗闇の中複雑なコース取りに難儀した。

標高1000mの森林限界を超えると風の影響が強く受ける様になるがそれでも何とか
風をかわしながらの登高となる。

登山川源頭から半時計回りに進み屏風岩の夏道に出た。時間は8時前ようやくピーク
が射程圏内に入ったと思った。屏風岩から岩清水を目指すもホワイトアウト状態の中
徐々に風は強くなる。

標高1300mでもう斜面は氷化し出したためここでアイゼンに変え板を担ぐ、時折突風が
吹き荒れる。一度風で倒され滑落するが何とかピックストックで10m程落ちて止めた。
助かった。この時点で先を進むかどうするか迷ったがもう少し頑張る事にした。

しかし風はさらに強くなりもう立って進めなくなった。四つん這いになりながら必死に
岩清水までたどり着くがもう風が強過ぎて前に進めない。背負った板で大きく体が揺さ
ぶられる。板をデポ出来る場所も無い。風で飛ばされるだけだ。大魔人にもう終わりだと
告げる。

8.31 1450m 羅臼敗退1450m岩清水 敗退を決めたものの風が強くて板を履く事さえ
命懸けの状態だった。早くこの地獄から脱出しなかれば。板を履く準備だけで30分かかり
ようやく履けた。

9.09 1450m 羅臼敗退1450m発 板を履けばもう大丈夫強風でも安心である。
ホワイトアウトの中高度を落として行く。標高1000mまだ落としてようやく安堵感
もう大丈夫だ。

ようやくガス帯を抜け国後島が眼下に見渡せた。後は太平洋に向けシュプールを刻むのみ

11.29 130m 熊の湯着 今年の羅臼も苦い思い出に終わった。
無念なり、しかし心は満たされていた。全力で頑張りました。敗退に悔いなし。

写真記録はヤマレコへ

13.知西別岳 2013.12.30

【山域】知西別岳 1317m
【場所】北海道
【日時】20013年12月30日(月)
【コース】羅臼町 熊の湯−知床横断道路−見返り峠−羅臼湖−知西別岳
【メンバー】僕、大魔人
【装備】ポンッーン
【天気】曇りのち晴れ

4.52 130m 熊の湯発
8.15 680m 見返り峠
9.10 730m 羅臼湖
11.02 1317m 知西別岳
11.26 1317m 知西別岳発
12.18 680m 見返り峠
12.48 130m 熊の湯

知床を訪れたら羅臼岳と是非この知西別岳を登頂したいと考えていた。
夏に一度知西別川を遡行して羅臼湖に達したがあの時の神秘的な湖の記憶は今でも
鮮明に覚えている。次は是非厳冬期に訪れたいと思っていた。

苫小牧にフェリーで夜6時到着してこの時間から羅臼町まで430kmの凍結した道をひたすら
飛ばした。羅臼には数日前に道内入りした大魔人がアイスクライミングを終え層雲峡から
先に到着していた。日付が変わった翌日ようやく羅臼町に着いた。遠かった。
さて数時間仮眠して知西別登山開始である。

4.52 130m 熊の湯発 ここに知床横断道路のゲートがありここからスキーでスタート。
知床大橋を渡って明日の羅臼の徒渉点の下見をする。ヤバイ水量は多い対策が必要だ。

知床大橋を渡りまずはショートカットかなり急登を苦労して登り上げた。ここからも道路を
適当にカットしながら夏の羅臼湖入り口付近の見返り峠を目指す。

8.15 680m 見返り峠 振り返ると国後島が見える。あの島が日本に返れば素敵な山も
登れるのだがとても残念である。島を返せ!!

ここから羅臼湖まではアップダウンをしない様にルートを取る。風は強く積雪は少なくシュカブラ
が発達している。さあ羅臼湖が見えた。

9.10 730m 羅臼湖 素晴らしい真っ白な飛行場です。この景色が見たかった。完全に氷結して
どこでも歩けるのでど真ん中を渡って知西別ど真ん中の沢からピークを目指す事にする。

雪は締まっていて雪崩の心配は無かった。右手には中腹からガスに被われた羅臼が見える。
明日は晴れて欲しい。標高を上げるにつれ雪面はさらに堅くなりクトーを付ける。慎重に
高度を上げるとピークが見えた。 さあ待ってなさい。何とかピークまでスキーで行けた。

11.02 1317m 知西別岳 素晴らしい眺めである。正面にはオホーツク海が見える。
振り返れば太平洋の先に国後島が羅臼はやはりガスで隠れるがその他の山は良く見える。
遥々知床に来て良かった。さあ大満足だ。ピークからスキーで行くよ。

11.26 1317m 知西別岳発 堅い氷化斜面を慎重にポンッーンで滑って行く。
帰りも羅臼湖を横断する。帰りはシールを使わず一気に横断道路へ。

12.18 680m 見返り峠 さあもう楽勝だ。後は横断道をカットしながらパウダーを頂く。

12.48 130m 熊の湯 無事着きました。早く熊の湯の入って暖まりたい。
明日はいよいよ羅臼挑戦、風が気がかりである。

写真記録はヤマレコへ

12.天狗原山-浅海川周回 2013.12.25

雪も多く今年もモンスター達に感動の再会

3.32  850m  小谷.山田温泉発
4.15  980m 栃の樹亭
4.59  1100m 林道・小谷-妙高線
6.29  1500m 天狗原南西尾根稜線上
7.20  1645m 雪庇のある平坦地
10.14 2197m 天狗原山着
10.41 2197m 天狗原山発 浅海川へ
11.05 1650m 浅海川1650m登り返し
11.29  1750m 金山南西尾根
12.29  960m 栃の樹亭下橋
13.09  1068m  林道登り返し
13.15  850m  小谷.山田温泉着

11.厳冬期 槍ヶ岳 ワンディ 2013.12.23

【山域】槍ヶ岳 3180m
【場所】岐阜県
【日時】20013年12月23日(月)
【コース】新穂高−飛騨沢−槍ヶ岳往復
【メンバー】僕、大魔人、髭魔人
【装備】皆 ポンッーン
【天気】 晴れ強風

0.00  1110m 新穂高発
1.33  1540m 白出小屋
1.53 1544m 河原
3.03 1750m 滝谷
4.17 1990m 槍平小屋
4.48 1990m 槍平小屋発
8.31 3010m 飛騨乗り越し
9.06 3100m 槍ガ岳山荘着
9.40 3180m 槍ガ岳山頂
9.50 3180m 槍ガ岳山頂発
10.23 3080m 槍ガ岳山荘発
10.51 1990m 槍平着
12.02 1540m 白出小屋着
12.55 1110m 新穂高着

前日四ッ岳でハードラッセルに終始したが、メインは今日厳冬期槍ワンディ、行くしか無い。
四ッ岳下山後平湯の森でまったりして夕方6時に新穂に移動した。出発は深夜0時、午前中が勝負である。

0.00  1110m 新穂高発 連日のドカ雪で3連休の登山者には試練だったようだ。林道は膝上ラッセル果たしてどこまで行けてるか。
先に出た大魔人は林道をカットしていたがラッセルが大変そう。穂高平で追いついたが汗だく状態であった。ここからも白出までは林道
トレースがあった。

1.33  1540m 白出小屋 ここにテント二張り、後で思うにこの人たちは敗退して戻って来たようであった。白出から夏道を行くと
アップダウンで帰りに苦労するので僕たちは激ラッセル覚悟で敢えて蒲田川河原に下りてトレースを付ける事にする。

1.53 1544m 河原 河原に下りて左岸をガンガンラッセルする。帰りの事を考えてうまくトレースを伸ばす。つぼ足登山者は皆白出沢
を過ぎてしばらくで敗退していた様でトレースは消えていた。

3.03 1750m 滝谷 雪は多い、横断も全く問題無し滝谷を過ぎて川もほぼ埋っており川沿いにトレースを伸ばして槍平小屋を目指す。

4.17 1990m 槍平小屋 3連休にも関わらず人が入った気配はなく、槍平は動物の足跡のみでひっそ売りしていた。小屋で大休止して
最終アタック態勢。

4.48 1990m 槍平小屋発 ここから飛騨乗り越しまで標高差1000mのラッセルだがポンの敵では無かった。誰かが休憩している時も
誰かがトレースを伸ばし休む事無く道は出来て行く。標高2700mで夜が明けて笠が赤く染まって来た。飛騨沢上部は猛烈な風で寒かった。

8.31 3010m 飛騨乗り越し 風が強くてアイゼンに変えると早々に板を背負い肩の小屋を目指す。正面には白い槍がドーン、

9.06 3100m 槍ガ岳山荘着  小屋の陰は風が無くようやく安堵して休める。さあ穂先を目指すよ。ピッケルはいらないピックストックが
あれば十分事足りる。ガシガシ穂先を目指す。連休中も人が来なかったのか梯子は凍り付いていた。さあすぐだ。

9.40 3180m 槍ガ岳山頂 今日も無事着きました。360度遮るものの無い展望です。今日も来て良かった。北鎌を覗いて未だ行方不明の
Dさんに手を合わせた。さあ長居は無用だ。下りよう、スキーが待ってる。

9.50 3180m 槍ガ岳山頂発 雪の槍をガシガシ一気に下りてあっという間に山荘に。

10.23 3080m 槍ガ岳山荘発 さあここからスキーで下ります。稜線に北側を巻いて飛騨乗り越しまで快適スキー、飛騨乗り越しからは
貸し切りの飛騨沢を自在にクルージング、楽し過ぎて皆雄叫びを上げてます。激パウ三昧どこまでも快適な斜面が続いて行く。

10.51 1990m 槍平着 あっという間に槍平、山頂を出て1時間でした。ここで小休止、ここからも登りのトレースを適度に使えば早い早い。
白出小屋まで1時間チョイでした。

12.02 1540m 白出小屋着 ここからも林道をカットして激パウを楽しみます。

12.55 1110m 新穂高着 無事帰還13時間コースでした。今日も完全燃焼、山スキー万歳!!

詳細記録へ

10.四ッ岳北面台地 激パウ 2013.12.22

3.00 1310m 平湯キャンプ場発
4.18 1600m 大滝川徒渉
8.38 2554m 三角岩
9.23 2744m 四ツ岳山頂着
9.46 2744m 四ツ岳山頂発
10.00 2554m 三角岩
10.58 1600m 大滝川徒渉
11.43 1310m 平湯キャンプ場着

予想通り雪は多く大滝川のブリッジも十分だった。激ラッセルを三人で回して順調に高度を上げた。視界は悪く三角岩付近からはホワイトアウトになった。猛烈な風に打たれながらピークを目指す。ハーフパイプ手前の斜面で髭の足元から雪崩が起きて僕も巻き込まれ20m程流されたが無事止まって事無きを得た。ピークはいつもの地獄であった。さてスタートしようとしたら視界が無く反対斜面に下りかけたが修正して後はお決まりの激パウ三昧で大滝川に少し登り返して平湯キャンプ場に到着した。今日は誰にも会わなかった。今日の激ラッセルも中々厳しかった。

9.鍬崎山 激パウ 2013.12.15

3.20 570m 粟巣野集落発
4.04 830m リフト終点
5.08 1000m 貯水池横尾根取り付き
7.29 1420m 大品山山頂
7.48 1330m 大品山下り鞍部
11.32 2089m 鍬崎山
11.47 2089m 鍬崎山発
13.17 1330m 大品山下り鞍部
14.00 1420m 大品山山頂
14.16 1000m 貯水池横尾根取り付き
14.23 830m リフト終点
14.34 610m 粟巣野スキー場駐車場

今日も厳しい激ラッセルだった。Pontoonをもってしても深い場所は膝上から腰だった。しかしpon three 三人寄ればナントやらこれくらいの雪で敗退するはずはなかった。

深夜1時過ぎ起床して髭と医院で待ち合わせ、粟巣野へ車を走らせた。立山町に入ると雪はドンドン増えて行く、路肩に雪で埋もれた車もあった。3時前粟巣野に着くと大魔人号があった。余りの雪でスキー場には入れないと仕方無く集落の路肩に車を止めてここからラッセルする事になった。

3.20 570m 粟巣野集落発 暗闇の中スキー場を目指す。スキー場は閉鎖されているのか人気はまるで無し,スキー場に入るとうっすら昨日のトレースが見えるがこれもスキー場途中で力尽きていた。今日はひたすらラッセルするのみ


4.04 830m リフト終点 無事リフト終点に着くがここから斜度が増すと膝上となる。なんちゅう雪の多さや導水管脇をガシガシ交代でラッセルを回す。急登を終え平坦な道となると貯水池に到着、ここが尾根取り付きである。


5.08 1000m 貯水池横尾根取り付き しかし甘く無かった。雪はさらに増えて相変わらず激ラッセルが続く、と言っても楽しんでいる訳だが鍬崎まで行けるんけと大魔人少し弱気、行くしか無かろう今日はピーク狙いです。交代でラッセルを回せるだけで幸せです。さあ山頂が見えました。


7.29 1420m 大品山山頂 無事到着です。しかし鍬崎はここから100m下らなければならない、難儀である。賢く帰りのトレースを斜度良く付けて鞍部へ下る。


7.48 1330m 大品山下り鞍部 ようやく鞍部に着いた。ここに来たからには這ってでもピークを踏む。

残り700m一人200mチョイラッセルするだけだな,皆の衆楽勝でしょう。しかしここから先は微妙なアップダウンが多くて頭をうまく使わないと帰りは辛い,ポコを如何にうまく巻けるかそれにかかっている。

独標はどうするか直登か右巻きか左巻きかどれでも行けない事はないが現場判断で右巻きとする。しかし膝上ラッセルに髭は頑張ってくれた。うまく鞍部に出てこれで帰りはシール無しで行ける。さあもうピークは射程圏内です。後は頑張って進むのみ、風は強く相変わらず視界は全く悪いがGPSがある限り問題無し、さあもう直きピークです。進行方向左手の雪庇には気をつけるがヤバイ場面も無かった訳ではない。さあゴールです。


11.32 2089m 鍬崎山 無事着きました。展望は無しですが今日も達成感100%、生きてて良かった。シールを這いでさあ激パウですよ。


11.47 2089m 鍬崎山発 しばらくは視界が無いので慎重に下るが視界が出たところでゴーゴー楽しいです。激パウです。今日も頑張って良かった。薮も少しあるが滑りには問題ない,ガンガン攻めの滑りあっという間に鞍部まで

13.17 1330m 大品山下り鞍部 鞍部からは100mの登り返し


14.00 1420m 大品山山頂 大品山からの滑りは素晴らしかった。斜度もよく激パウ三昧あっという間に貯水池へ


14.16 1000m 貯水池横尾根取り付き ここからも登りのトレースを利用してあっという間にスキー場へ


14.23 830m リフト終点 さあ貸し切りのゲレンデを激パウで締めくくった。


14.34 610m 粟巣野スキー場駐車場

今日も完全燃焼です。生きてて良かった。大満足!!

8.Pontoon in HAKUSAN 2013.12.12

2.42 510m 白峰ゲート発
3.11 640m 百万貫岩
3.47 750m 市ノ瀬手前チャリデポ
6.41 1240m 別当出合
7.46 1500m 中飯場
9.28 1970m 甚ノ助ヒュッテ
10.13 2200m エコーライン手前退却
11.17 1240m 別当出合
11.52 830m 市ノ瀬
12.27 510m 白峰ゲート

pontoon様々だった。荒れる前に下山

2.42 510m 白峰ゲート発 pontoonをしょってガシガシ漕いで行く。快適なペースだ。
3.11 640m 百万貫岩 ところが百万貫から路面に雪が出て来た。発電所手前からはかなり厳しい漕ぎとなる。橋を渡ると雪はドンドン増えもうあかんギブアップ
3.47 750m 市ノ瀬手前チャリデポ ここからpontoonで歩いて行く事にする。白山を滑ったスキーヤーは数多いるだろうがスーパーファットで激パウ楽しんだ人はいないだろう。ノーマルならかなり潜るだろうがponなら楽勝で進める。ただ眠い眠過ぎだ。仕方無い歩きながらフラフラ眠る事にした。おかげで別当まで3時間近くかかった。いくらponとは言えこの雪量で単独ラッセルなら致し方ないだろう。


6.41 1240m 別当出合 ようやく着いた。雪は多い多過ぎだ。嬉しくて涙が出そうだ。一本橋は雪が付いて慎重に行くしか無い。橋を渡っても雪は多いので石畳は楽勝でスキーが使える。
7.46 1500m 中飯場  ここまで来るともう登山道は完全に無視してどこでも歩けそうである。ponも大喜び、どこでもスイスイ歩ける。帰りも激パウだー。春の様に快適に高度を上げると雪に埋もれた甚ノ助が見えて来た。


9.28 1970m 甚ノ助ヒュッテ 2000m付近で積雪調査220cmウーンマンダム、素晴らしい。もう小屋に入るには二階のドアしかなかった。ここで小休止してさあエコーラインを目指す。この分なら午後過ぎには山頂に着くだろう。青空も少し見え行くしか無い,エコーラインを目指している頃急速に天候は崩れて来た。午前中は何とかもつと思ったのにそんなバナナ、あっという間にガスが湧き上はホワイトアウト、ヤバイヤバ過ぎだ。このまま山頂を目指せば多分帰りはホワイトアウト滑降で全く楽しめなくなる。ピークを取るか滑りを取るか。今日は滑りを取った。


10.13 2200m エコーライン手前退却 2200mでシールを剥いでガスが湧く中大斜面を激パウした。あっという間に甚ノ助、既にその上はホワイトアウト、完全にアウトになっていた。あとは砂防ゲレンデを快適に激パウです。あっという間に別当です。


11.17 1240m 別当出合 ここからもponはよく浮いてくれて市ノ瀬チャリデポまで一気滑りでした。
11.52 830m 市ノ瀬 ここからチャリにまたがり無事白峰へ
12.27 510m 白峰ゲート 帰りは大荒れの天候でジャストインタイムでした。

7.立山ワンディ 2013.12.8

11月でアルペンルートが営業を終えると立山周辺は静寂がよみがえり足を踏み入れる人は皆無となる。
そろそろ立山も旬を迎えると思い山スキーの機動力を生かした絶好の山行が楽しめる。

厳冬期立山ワンディは今年の2月にも成功しているがあの時の経験から多くの事も学んでおり
今日は大魔人、髭魔人と三人で立山駅から自分たちの足で雄山の奥社にお参りに行き激パウを楽しんで来た。

【山域】 立山(雄山) 3003m
【場所】富山
【日時】20013年12月8日(日)
【コース】立山駅—美女平—弥陀が原—室堂—雄山往復
【メンバー】僕 大魔人 髭魔人
【装備】 ポンッーン 169cm,TLT,ディナフイットマウンテン(僕)
     ポンッーン 169cm,TLT,スカルパ(大魔人)
ポンッーン 179cm,TLT,ディナフイットマウンテン(髭魔人)   
【天気】晴れ後曇り

1.10 464m 立山駅
2.05 976m 美女平
4.03 1286m 滝見台
5.50 1553m 弘法
8.04 1993m 弥陀が原ホテル
10.16 2360m 天狗平
10.53 2450m 室堂
11.53 2700m 一の越
13.33 3003m 雄山山頂
13.43 3003m 雄山山頂発
14.17 2450m 室堂
15.09 1993m 弥陀が原ホテル
16.44 976m 美女平
17.08 464m 立山駅

皆仕事が忙しいメンバーばかり、土曜は全員仕事である。三人とも仕事を終えた後移動して深夜1時半立山駅発との約束をしていた。
僕と髭は深夜0時前に金沢の医院に集合して立山駅へ向かう。

1.10 464m 立山駅 ここ数日の降雪でケーブル脇の階段にも雪が積もっていた。氷柱が下がっていると危ないのでヘルメット
            を持参して黙々と階段を歩く。上部ではチビラッセルになったが標高差500mの急登を歩いて最初の難関を突破した。 

2.05 976m 美女平 美女平駅に着いてひと安心。ここでスーパーファットを履いていざアルペンルートを歩き出す。美女平では10cm
             くらいの雪であったが雪は徐々に増えて行った。

4.03 1286m 滝見台 暗闇の中交代でラッセルを回すトレースのない真っ白な道を延々と進む。軽い新雪が30cm 50cmと増えて行った。
             この辺りからショートカットも出来る様になり時間短縮を図る。ポンッーンが正解だった。

5.50 1553m 弘法 この辺りでようやく薄明るくなって来た。まだ薮も出ているがスキーには問題なかった。
            アルペンルートは快適にカットして帰りも楽に滑れる様にルートを延ばした。
            
8.04 1993m 弥陀が原ホテル この辺りは素敵な雰囲気である。ここから急登を乗り上げて天狗原に向かう。ここからのトラバースが大変だった。
            薮をうまく避けながら激ラッセルが続く、ポンッーンでなければ多分無理なくらいに雪は増えていた。この辺りから展望は一段と
        良くなって立山が見えた。劔もちょこっと顔を出す。さあまだまだ長いが、頑張って行くのみ。

10.16 2360m 天狗平 ここまで来ると風が強いのでラッセルは軽減した。正面に雄山が鎮座して剣岳も間近に見える。もう気分高揚で
            まさに行くしか無い、待ってなさいであった。
      
10.53 2450m 室堂  ホテルはひっそりとしていた。一の越まで所々氷化していたがスキーで問題なかった。いつも滑る雄山西面ルンゼには巨大な雪崩
            が起きていた。昨日のものだ。巻き込まれたらひとたまりもないであろう。雄山直下には破断面が数カ所見えた。
            これで西面滑降の選択肢は無くなった。斜度の緩い山崎カールの安全コースを滑る事にした。
            すざまじい雪崩跡を横目に一の越へ競り上がる。
            

11.53 2700m 一の越 さて小屋の陰に隠れて最終アタック準備だ。風は強いが行くしか無い。板を担いでアイゼンで最後の
            300mを登る。登山道は雪が飛ばされカチカチに氷化していた。それにしても強い風である。体ごと揺さぶられ歩け無くなる事も
            顔も痛い、雪煙が舞う中ただただ高見を目指す。神社が近くなって来た。

13.33 3003m 雄山山頂 着きました。ここまで来ると建物の影響で風は弱まった。360度の展望に酔いしれて記念写真を撮ってさあ滑降だ。

13.43 3003m 雄山山頂発 奥社てっぺんから僕が最初にエントリー、皆が続く。滑降コースは神社裏から山崎カールである。
             ポンッーンはよく浮いて激パウであった。雪崩には最大限警戒して安全な尾根下コースを一人ずつ監視の元滑った。
         激パウを楽しんだら尾根を回り込んで一の越方面にトラバース難なく登りのトレースに合流した。

14.17 2450m 室堂   さあ後は一気に下るだけ、明るい内に立山駅に着かねば、時間との闘いである。苦労した行きのラッセルも
             帰りはトレース上を快適な滑り。斜度も手頃でここは日本最大級のロングゲレンデだろう。弥陀が原から下はガスの影響で気温は
             下がり板は良く走った。さあガンガン下りあっという間に美女平に着いた。

16.44 976m 美女平  ここでデポしたヘルメットを回収して板を担いでガンガン階段を下る。

17.08 464m 立山駅 完全燃焼でした。とっても大変だったが達成感は強い今年2月に成功してもう二度とやらないと思ったがまたやってしまった。
             一度楽しんだら病み付きになりそうな山行です。行きてて良かったが実感出来る立山でした。

詳細記録へ

6.白山激パウ 2013.12.1

1.15 510m 白峰ゲート発
1.37 640m 百万貫岩
1.52 750m 市ノ瀬手前チャリデポ
4.20 1240m 別当出合
5.32 1500m 中飯場
7.21 1970m 甚ノ助ヒュッテ
9.02 2320m エコーライン稜線
9.30 2446m 室堂
10.29 2702m 白山山頂
10.48 2702m 白山山頂発
11.01 2446m 室堂
11.44 1970m 甚ノ助ヒュッテ
12.43 1240m 別当出合
13.33 830m 市ノ瀬
12.02 640m 百万貫岩
14.13 510m 白峰ゲート

今日から12月、水曜日に白山で激パウを楽しんだがあの興奮をもう一度味わおうと魔人二人と白峰から白山を目指した。水曜は市ノ瀬まで車が入れたが白峰にもまとまった降雪があったため白峰ゲートも閉じてしまった。今日はここからスタートである。深夜に起きて待ち合わせの白峰へ1時半スタートであったが皆モチベーションは高く既に到着していた。この時期皆忙しく職場の忘年会をすっ飛ばして駆けつける者もいる。行くしか無いのである。

1.15 510m 白峰ゲート発 ガンガンチャリを漕ぐ、道路真ん中だけ除雪されていた。残雪にタイヤをとられない様に慎重に飛ばす。歩きに比べれば楽である。
1.37 640m 百万貫 この辺りでいつもの様に大魔人が遅れ出した。僕と髭はさらに加速した。発電所からは雪が道路に乗っている箇所もあったが転けない様に頑張る。
1.52 750m 市ノ瀬手前チャリデポ 市ノ瀬手前500mでもうチャリは雪で諦めた。ここからスキーで歩く。雪は多く板は潜る。湿った重い雪で髭は早くも下駄になった。辛いこのまま延々とラッセルが続くのか。
4.20 1240m 別当出合 三人でラッセルを回して市ノ瀬から2時間半近くかけてようやく別当に着いた。雪は多い、雪の一本橋を渡るとすぐに板を履いて石畳もガンガンラッセルする。急登ではファットでも膝下になるが三人いるので心強い
5.32 1500m 中飯場 ここで大休止、積雪は1mを超えていた。もう雪が多過ぎてワクワクする。今日も激パウか。皆気合い入れまくりです。中飯場を過ぎてしばらくするともう登山道を外してもどこでも歩けそうである。
7.21 1970m 甚ノ助ヒュッテ 少し手前で積雪は185cmであった。水曜より65cm増えていた。小屋で休憩して直にエコーラインを目指す。ラッセルは厳しく視界は無いが皆やる気満々で登頂する覚悟である。
9.02 2320m エコーライン稜線 今日は白山が見えなかった。室堂を目指す。
9.30 2446m 室堂 鳥居も半分くらい埋っていた。ここで皆目出帽を被り完全防御態勢でラスト山頂を目指す。今日も甘く無いです。さあもうすぐです。山頂が見えました。
10.29 2702m 白山山頂 ゴール、今日も神に感謝です。奥社の裏に身を潜めてシールを剥ぐ、魔人二人はTLTのプラスチックが破損していた。そんなバナナ
10.48 2702m 白山山頂発 今日も山頂から滑ります。全く視界がなくホワイトアウトですがもう慣れました。大丈夫です。室堂までカチカチでしたが無難に滑り降りる。
11.01 2446m 室堂 しかし弥陀が原も完璧にホワイトアウト、まあ12月の白山ですから。2320mエコーラインから甚ノ助へ激パウ三昧です。
11.44 1970m 甚ノ助ヒュッテ ここで休憩、ここからも激パウが延々と続きます。天気が悪いので雪は良いままでした。中飯場からも別当まで快適に滑り降りる。
12.43 1240m 別当出合 ここからは林道を滑ります。雪は湿って来ましたが斜度があるので問題無し。
13.33 830m 市ノ瀬 ここでチャリにまたがり白峰へダッシュです。
14.13 510m 白峰ゲート ゴーール!!大魔人すぐに仕事着に着替えて職場にすっ飛んで行きました。このモチベーション大好きです。

5.白山激パウ 2013.11.27

今朝も深夜1時に起きて市ノ瀬へ車を走らせた。市ノ瀬ゲート前で髭と合流してチャリを漕ぎ出す。重荷+雪の道路を根性で漕いで行く。全身汗だくだ。ウェアーの下は半袖一枚だが暑すぎる。別当手前S字カーブで積雪10cmチャリを諦めデポした。ここからスキーで別当出合へ,雪は多く一本橋を渡るとすぐに板を履いて石畳の急登も板で楽勝だった。

中飯場で60cmくらいあったろうか。雪は多くてもうルンルンしてしまう。甚の助手前の2000m付近で積雪チェツク120cmだった。甚ノ助から上はどこでも歩けてどこでも滑れる雰囲気、甚ノ助から南竜へ少し寄って直に稜線に出た。白山が真っ白だった。これが本当の姿でしょう。

稜線から室堂へ抜ける頃には視界も無くなり風も強くなって行く。今日も地獄ですか。全くガスで視界が無い中GPSを頼りに山頂を目指す。少しウロウロしたがようやくピークです。早く奥社の裏に隠れなければ、、地獄から逃れたい。

奥社の裏に身を潜めシールを剥いでようやく滑走態勢だ。山頂から直に下りるも視界が全くないのでめまいしそう、それでも慎重に下りて室堂に着くとようやくホっ、さあお楽しみが続きます。弥陀が原を一気に滑り稜線から甚ノ助を目指して激パウ頂きましょう。

互いに先を交代して写真を撮りまくる。ウーンマンダム、、、、髭本当にブロンソンになり切ってます。甚ノ助からもパウダーを楽しみながらガンガン行きます。覗き、中飯場、それ別当へ吊り橋まで楽勝で滑り込みました。板も全くきれいでガリ無しでした。

気温が低いので林道も板が走る。チャリデポに着いて後は下るだけ、無事午前中には戻れました。山スキー最高、パウダー最高、今日はファットが大正解でした。週末はついにスーパーファットが出るか。雪よもっと降れ!!

2.35 830m 市ノ瀬発
3.30 1150m S字カーブ 自転車デポ
3.45 1240m 別当出合
4.30 1500m 中飯場
6.07 1970m 甚ノ助ヒュッテ
7.33 2320m 稜線
8.15 2448m 室堂
8.51 2702m 白山山頂
9.11 2702m 白山山頂発
10.01 1970m 甚ノ助ヒュッテ
10.35 1500m 中飯場
11.00 1240m 別当出合
11.33 830m 市ノ瀬


4.四ッ岳2013.11.24

深夜1時前に起きて朝食代わりのおにぎりを頂きちろり庵を出て深夜3時発の平湯トンネル過ぎ国道脇を目指す。既に大魔人髭魔人は到着していた。なら早めに出るよと深夜2時半に出た。黙々と歩いてちょうど汗もかかずに良いペース、とても冷え込んでいたが寒く無かった。猫岳過ぎた辺りで朝日が山を輝きかせ始めた。

スカイラインを2580mまで歩いて四ッ岳に取り付いた。初冬だけに見ることができる素晴らしい光景、岩にエビのシッポがこびりつき何とも言えない神秘的な光景、今日も来て良かった。頑張って良かった。もうピークまで岩をさほど気にせず歩けます。振り返れば乗鞍連山、正面には四ッ岳が、さあ待ってなさい。

通い慣れた四ッ岳、さあゴーール。魔人さん素晴らしい景色でしょう。山頂からは穂高がドーン、乗鞍がドーン、さてお楽しみの滑降としますか。岩をすり抜けながらスリリングな滑降、あっという間にスカイラインへ後はボブスレー山頂を出て47分で国道ゲートに到着です。今日も大満足、山スキー万歳!!  四ッ岳南面コース

2.30 1480m 国道脇スカイライン入口
3.14  1680m 平湯峠
4.21  1970m  夫婦松
5.39 2200m スカイライン・猫の小屋跡
7.34  2580m  四ッ岳取付
8.14  2744m 四ッ岳山頂着
8.35  2744m 四ッ岳山頂発
9.17  1680m 平湯峠
9.22  1480m 国道脇スカイライン入口

 

3.唐松岳2013.11.23

無風快晴の最高の登山日和だった。唐松岳でこのような天候を経験した事は無い,前夜遅くまで白馬でも雪がちらついていた。山では激しい雪になっているだろう。久しぶりに甲府の名人と二人で山スキーに出掛ける事になった。ゴンドラ乗り場でも雪がありここから出れそうだった。いつものように合流後車中宴会を楽しんだ。

朝2時起床して急いで準備を済ませ三時にスタート、名人はパウダーを期待してポケロケ、僕はバース7、スキー場は軽くパスしてアルペンリフト終点まで来るとここから上はトレースの無いきついラッセルになった。僕が前に出ると膝下になるが名人なら靴下なのできついラッセルでは名人に先を譲った。八方池山荘上で朝焼けが始まった。素晴らしい,朝8時ゴンドラ発を待っていたら絶対味わえない景色である。

何度も足を止め写真を撮りまくる,互いに写真を撮り合いラッセルを交代して黙々と高見を目指す。今日は日本一の幸せ者かも知れない、素晴らしい景色に酔いしれて唐松岳を目指す。岩陵帯もスキーで無難にこなし稜線に上がり最後一旦下ってようやくピークへ、標高差約2000mの登りでした。

さあ麓までまた2000mの下りです。ガンガン滑る。気温が上がり忍耐の滑りだったがもう一気に行くしか無い。名人はもう足がガクガクで辛そうだった。ゲレンデまで下り後は一気にゴンドラ乗り場まで滑り込んだ。名人お疲れ様、最高に楽しかったです。

白馬で別れて僕は中尾温泉ちろり庵で今マッタリ中です。明日も深夜2時起きで四ッ岳を目指します。

3.00  740m  白馬山麓ゴンドラ乗り場発
4.25  1397m  兎平
5.12  1684m  アルペンリフト終点
6.06  1840m  八方池山荘
9.21  2460m  丸山ケルン
10.03  2650m  稜線
10.23  2680m  唐松岳山頂
10.52  2680m  唐松岳山頂発
11.07  2650m  稜線
11.53  1840m  八方池山荘
12.20  740m  白馬山麓ゴンドラ乗り場

 

2.白山(二度目)2013.11.20

深夜0時過ぎ起きて待ち合わせの市ノ瀬へ出発は3時の予定だったが2時過ぎに皆スタンバイしており早めに市ノ瀬をチャリで出た。髭を先頭に僕もついて行く、いつもの様にチャリが苦手の大魔人は少しずつ遅れて行く。中間地点から路面に雪も出て来て髭がスパートした。汗だくになって追うが追いつかなかった。別当では5cm程雪があった。少し遅れて大魔人がようやく到着。彼の闘争本能に火がついてしまった。休憩無しでガンガン行くよと言う。

雪の乗った一本橋は慎重に行く,雪は徐々に増え中飯場ではもう板が履けた。帰りはここまで滑るよ。雪の中ライトを頼りに黙々ラッセルする。楽しいです。雪は1週間前と見違える程増えていた。甚ノ助では50cmくらいありそう。中に入って休憩、ここでビーコン捜索訓練をした。二人がビーコンを屋外に隠して一人が2台探して来る。やっぱ普段から練習する事が命を救う事に繋がる。

さあ行きますか、雪はドンドン増えもう石も全く気にならなかった。黒ボコまで登り上げて最終アタック態勢、覆面を被りゴーグルを装備する。今日も地獄ですね。ただ雪が多いので楽しいです。室堂をパスして高度が上がると激しい風雪、まあこんなものでしょう。冬の白山ですから、最後ガスの中板のままピークを踏んで奥社の陰に隠れてシールを剥ぐ。今日は山頂から滑れそうです。

僕を先頭にガンガン行きまっせ、視界は全くないがとにかく滑ります。帰りは室堂に寄って写真を撮りましょう。絶え間なく降り続く雪で弥陀が原は帰りラッセル。黒ボコからボブスレーの様に登山道をガンガン飛ばして甚ノ助へここで大休止、さあまだまだ滑りまっせ、ここからも登山道をガンガン飛ばしてあっという間に中飯場に滑り込んだ。もう大満足です。ここで板を担いで別当へ別当では朝から15cmくらいは雪が増えていた。

ここでチャリにまたがり雪の県道を市ノ瀬まで飛ばした。今日も大満足、貸し切りの白山で完全燃焼でした。魔人さん達の気力体力惚れ惚れします。

2.22 830m 市ノ瀬
3.04 1240m 別当出合
4.01 1500m 中飯場
5.20 1970m 甚ノ助ヒュッテ
7.17 2320m 弥陀ケ原
8.28 2702m 白山山頂
8.50 2702m 白山山頂発
9.40 1970m 甚ノ助ヒュッテ
10.30 1500m 中飯場
11.05 1240m 別当出合
11.33 830m 市ノ瀬

1.白山(初滑り)2013.11.13

ようやく本格的な寒波到来で白山にもまとまった雪が降った。
さあ行くしか無い,ガリが恐くて山スキーが出来るか!

【山域】白山 2705m
【場所】石川県
【日時】20013年11月13日(水)
【コース】市ノ瀬—別当出合−砂防新道-白山往復
【メンバー】僕、ひげ魔人、大魔人
【装備】バース7 150cm,TLT,ディナフイットマウンテン(僕)
    7サミット 156cm,TLT,ディナフイットマウンテン(ひげ) 
【天気】雪のち曇り

3.00 1240m 別当出合発
4.28 1970m 甚ノ助ヒュッテ
5.53 2322m 弥陀が原
7.24 2702m 白山山頂
7.51 2702m 白山山頂発
8.37 2322m 黒ボコ岩
9.30 1970m 甚ノ助ヒュッテ
10.42 1240m 別当出合

平日だが髭魔人、大魔人も都合を付けて是非参加するとの事であった。ゲート閉鎖が心配であったが
チャリもある事だし心配ないだろう。前夜白峰まで来ると雪が降っていた。市ノ瀬までも路肩には雪がうっすら残る。

市ノ瀬から別当出合までは道路は真っ白で5cmの積雪があった。スタッドレスにしていて良かった。
別当に着くと大魔人号が既に止まっていた。髭魔人も直来るとの事であった。

朝3時に起床,屋根には5cmほど雪が積もっていた。ウキウキです。あんぱんを食べてさあ行きますよ。
皆さんもライトを付けてそろそろ出発出来そう。

3.00 1240m 別当出合発 暗闇の中兼用靴で歩き出す。吊り橋の底はまだ外されてなかった。ラッキー
石畳をガンガン登るが久しぶりの重荷で些と辛い。

中飯場では10cm程あったろうか。ここで大休止して燃料補給して備える。ここで大魔人に先頭交代、ハイスピードです。
チビラッセルをものともせず別当覗きへ、ここで髭に交代、この人も早過ぎです。1時間半でこの雪の中着きました。

4.28 1970m 甚ノ助ヒュッテ ここで大休止、装備を点検してここでシールを付けて板で登る事にする。
雪は20-30cmと歩くには問題なかった。この感触待ってました。嬉しいです。感激です。

黒ボコ下水平道も難なく歩いて板のまま黒ボコに登り上げる。問題なかった。帰りも黒ボコ下水平道まで滑れるだろう。

5.53 2322m 弥陀が原 さすがに今日は寒いです。氷点下10℃以下です。風のため雪は飛ばされ少ないが室堂には
寄らないで白山下のいつもの沢をスキーでガンガン行く,真っ白で視界は無いですが地形は完璧に把握しています。
さあ山頂も近い,根性で板で歩きます。ピークが見えた,無事到着です。

7.24 2702m 白山山頂 寒い、奥社の陰に入り荷を下ろしてまずはお参りです。今日も無事着きました。今シーズンも
お守り下さい。皆で手を合わせさあ下りますか。

7.51 2702m 白山山頂発 直下まで板を手に持ちさあ行くぜよ,生きてて良かった。今年もスキーが出来て良かった。
岩を避けながらたまにガリるが気にしない,まだまだ雪は少ないが初滑り白山一番乗りに意味がある訳です。
あっという間に黒ボコに

8.37 2322m 黒ボコ岩 黒ボコに来てここで大休止、ここから観光新道下斜面を滑って水平道手前にこの辺にしときますか
まっさらな板もかなり痛めてしまいました。ごめんなさい許せバース7 ここからは板を担いでガンガン下る。

9.30 1970m 甚ノ助ヒュッテ

10.42 1240m 別当出合 今日は貸し切り誰もいませんでした。今シーズン初滑りがようやく出来て大満足でした。ウーンマンダム

詳細写真入り記録へ

ホームへ戻る