輝山(2063m)北北東尾根(北面滑降) 岐阜県

南尾根は標高差も国道から約600mと手頃で初心者コースである。

これに対して北面は福地温泉を起点に標高差1100mと手強い,しかしながら苦労に余りあるパウダーが楽しめる。

男ならパウダーを目指すしか無いだろう。


登りは青 下りは赤 地図上1651は巻く ここを過ぎた鞍部から山頂までは激パウダー

駐車スペースと尾根取り付き

オソブ谷にかかる橋の脇に駐車スペースがありここからすぐシール歩行可能(写真は帰り)

北北東尾根

北北東尾根も疎林で登りやすい。尾根上には1250m辺りで上がると楽

尾根上の巨木

尾根上には巨木もある。眼下にクマ牧場が見える。

1651を過ぎた鞍部付近

地図上1651は巻く ここを過ぎた鞍部からの展望は素晴らしい

鞍部にて

いよいよ鞍部からラスト450mの登り

鞍部から少し上の景色

鞍部から上の尾根も疎林で快適

標高1850m     

ラッセルは徐々にきつくなる。

山頂到着

標高差1100mに耐え山頂にゴール

北面パウダー

北面の雪はさらさらパウダーでした。

激パウダー

激パウダーにひたる僕

テール滑り

名人に感化されテール滑りを決める

快適

斜度も良し  山スキーはやはりパウダーです

本家

本家テール滑り

          山行記録2007年1月21日(日)

無風快晴の今日、輝山に新たなコースを開拓しました。予想通り北面は快適なパウダー
で福地温泉まで標高差1100mの楽しいツアーを楽しめました。

【山域】輝山 2063m  
【場所】岐阜県
【日時】2007年1月21日(日)
【コース】福地温泉―輝山北北東尾根―輝山―輝山北面
【メンバー】僕・名人
【装備】アトミックシュガーダディ 153cm,ディアミール,ガルモント(僕)   
    アトミックシュガーダディ 153cm,ディアミール,ガルモント(名人)
【天気】晴れ

快晴予想の絶好の日曜、ビックルートに挑戦したかったが名人は仕事の関係で甲府発
が夜10時過ぎと言う。ほとんど睡眠時間が取れないのはかわいそうだから平湯周辺の
新ルート開拓という事でまけといた。

前夜10時、先に福地温泉に到着。名人に携帯すると深夜2時には着けそうだと言う。
温泉街で待ち合わせして5時起床、6時発とした。

1月21日(日)朝5時起床、新ルート開拓はわくわくする。多分この北面はパウダーが
楽しめるだろう。取付きは標高が低いので雪を心配したがさすが北面、車を出てその
ままスキーで尾根に取り付けそうだ。

6.00 955m 福地温泉発 さあ行きますか。植林された杉林はヤブもなく快適だっ
た。積雪は30cmから50cmだが石やヤブもなく快適に高度は稼げる。

標高1250mで北北東尾根に上がる。徐々にラッセルはきつくなる。と言っても踝程度。
帰りは場所を選べばパウダーが楽しめる。快適な疎林をどんどん高度を上げる。
クマ牧場が眼下に見える。

地図上1651mを右から巻いて鞍部付近に出ると素晴らしい展望が広がる。

9.44 1600m 地図上1651過ぎ鞍部 焼岳 穂高 笠 白谷山 金山岳 アカンダナ
とこの展望は素晴らしい。見晴らしが良く新たなルートも確認して大満足。

この鞍部から輝山までの標高差約450mは靴から靴上の厳しいラッセルだった。当然帰
りのパウダーは大満足出来そうだ。やっぱ北面は違う。

交代で厳しいラッセルに耐えて進むと山頂が見えてきた。もうすぐだ。

11.42 2063m 輝山 ご苦労様 ラッセルが厳しい分結構時間はかかりました。南面
から来た人たちのトレースはしっかりしていた。しばし休憩していると南面から来た
二人パーティがいつもHP参考にしていますと嬉しい声掛け。僕たちはこれからパウダー
を楽しませてもらいますと挨拶した。

12.00 2063m 輝山発 さあ名人パウダーしましょう。素晴らしいパウダーが鞍部ま
で続く。粉を巻き上げ自己陶酔。交代で写真を取り合う。

12.36 1600m 地図上1651過ぎ鞍部 もう着きました。大満足でした。ここから1651
をまた巻いて後は北面をダイレクトにパウダーしながら福地温泉を目指すのみ。

標高1150mから下はさすがにもう雪質は悪くなったが十分パウダーは楽しめました。

1.42 955m 福地温泉 お疲れ様 四ッ北面もそうだがこのコースも標高差1000m
を超えるパウダーが楽しめるナイスなコースだとお気に入りに入れようと合点した。

このコース行かれた方はいますか。

HOMEへ戻る