名前;YSHR   

住所金沢               

生年月日19@@年生まれ

仕事開業医:専門は内科(消化器)特に大腸関係

登山経歴大学卒業後仕事が忙しくて自然を楽しむ余裕はなかったが,30歳を過ぎて富山の病院に出張に行った際立山有料道路を走るバスの窓から剣岳を見て感動。それまでさしたる登山経験もなかったが,早速登山店に出向いてテント,シェラフなど登山用具一式を購入。その1週間後一念発起して剣岳に単独登頂を果たした。以後剣岳に没頭。単独で別山尾根,早月尾根,源次郎尾根,小窓尾根,北方稜線,長次郎雪渓,平蔵谷,池の谷など各ルートから登頂。ついには子供の名前にも剣と付けてしまった。その後も北アルプスを中心に登山を行う。仕事が忙しいため主として単独速攻の登山が中心。7年前からは山スキーにのめり込み最近は山スキーがメインで11月から6月頃まで可能な限り山スキーを利用した登山を行っている。昨年日本百名山も8年かけて登頂した。次の目標は百名山をすべてスキーで滑ることである。毎年のシーズン開幕は11月の白山から。山岳会には属さず。勤務医時代には文科省の登山研修所で長らく医療講師を努めていたが開業後は忙しくて御無沙汰している。将来暇になれば是非講師活動を再開したいと考えている。

2000年4月から胃腸科・内科・肛門科のクリニックをオープンしており,山に行くのが多少窮屈になったが,相も変わらず日帰り速攻で北アルプスや白山山系を中心に活躍をしている。医院の待合室に飾られた山の写真は僕の作品である。

内科学会専門医,消化器病学会,消化器内視鏡学会の専門医であり,胃腸の内視鏡が専門。山スキー同様,大腸内視鏡を如何に楽に・早く・正確に・安全に施行するかということに人生をかけている。仕事も遊びも妥協はしたくはない。内視鏡検査は開業15年目で年間で7000件を超えてしまった。特に大腸カメラは年間3000件を超え毎日が検査と外来の格闘の日々である。

好きな言葉即決断即実行,完全燃焼  やるしかない 

過去の記録山行;厳冬期槍が岳ワンディ,厳冬期立山’ワンディ 、厳冬期薬師岳ワンディ、冬期笠が岳五の沢日帰り滑降,厳冬期西穂高西尾根日帰り滑降,厳冬期五龍岳日帰り滑降,

           クリニック待合室に飾られた冬山の写真

印象深い山行;笠が岳(五の沢)冬期滑降,槍ヶ岳北鎌尾根,涸沢岳西尾根,鹿島槍北又本谷など

写真機用具;キャノンNewF-1(35mm),フジGA645professional(中版),

      デジカメ:フジFine Pix 2700,ミノルタディマージュA2,キャノンEOS Kiss

      フィルム;フジクロムベルビア,フジクロムプロビア

朝日新聞社発行medeicalASAHI の取材記事2002.11月3日;

HOMEへ戻る