大喰岳 (3101m) 岐阜県・大喰沢滑走

3000mを越す飛騨乗越からの飛騨沢滑走は言うまでもなく素晴らしい。しかしワンランク上の大喰沢は標高3100m

の大喰岳から滑り出す,急峻な沢でありバリエーションとしてはおもしろい。シュプールは皆無だから自己陶酔に浸れる。

飛騨沢2200m

新穂高から標高差2000mを越すので,早朝スタートしかない。ようやく飛騨沢に朝陽があたりだしてきた。

クトーを使えば飛騨乗越付近までスキーで上がれる。

飛騨沢を登る登山者

振り返ると中崎尾根,笠が岳が見える。

飛騨沢2600m

写真右に3000mを越す飛騨乗越が見える。なかなか近づかない。

飛騨乗越

ようやく到着すると槍が出迎えてくれた。乗越は風の通り道であり強風の洗礼を受けることも多い。

大喰岳山頂で

大喰岳は3101mであり槍より80m低いだけである。この高さからスキーができるのは魅力である。

大喰山頂の展望

笠が岳の上に白山が輝いていた。

大喰沢源頭     

いよいよ滑走である。40度程度の斜面が延々と続く。デブリのない快適な斜面であった。

大喰沢2800m

雪は途切れることなくずっと続いていた。

大喰沢を見上げると

見上げると真っ新な斜面に僕だけのシュプールが刻まれていた。

大喰沢中間

落石もほとんどなく快適であった。

大喰沢2500m

ずっと下に飛騨沢が見える。標高2150mで合流する。

大喰沢全景

大喰沢は広くはないがスキーを滑るにはそれほど支障はない。

              山行記録2003年5月3日(土)

GW第三段は大喰岳からの大喰沢滑走である。この沢3000mを越す稜線からダイレクト
に標高差1000mを落ちる急な沢である。飛騨沢滑走に飽きたら次は此処でしょう。
シュプールはまずありません。自己陶酔の世界にはまります。

【山域】大喰岳 3101m 
【場所】岐阜県  
【日時】5月3日(土)
【コース】新穂高−白出−槍平−飛騨乗越−大喰岳−大喰沢−槍平−新穂高
【メンバー】単独
【装備】アトミックβライド9.22 160cm,ディアミール,TR12
【天気】快晴

3000mを越す飛騨乗越から展望を楽しむなら左槍が岳だがスキーを楽しむなら右大喰
岳,急斜面のスキーが楽しめる。今日が初挑戦です。

5月2日(金)連休明けの金曜は予想通り超忙しい一日だった。夜8時ようやく仕事か
ら開放され目指すは新穂高。GW後半は新穂をベースに大喰沢と奥穂高直登ルンゼだ。
深夜遅く新穂に到着。登山届けを提出後,駐車場で数時間の仮眠をとった。

5月3日(土)朝2時起床。急いで荷物をまとめいざ出発。今日の標高差は2000mちょい
である。

2.35 標高1080m 新穂高発。ここでもやはりMTBでしょう。スキーを担いでギコギ
コ漕ぎ出す。林道は未舗装でガタガタのためMTBでもかなりきつかった。雪はたまに
あるが問題なくどんどん進む。

3.25 1350m 穂高平避難小屋。ここからもしばらくはMTBで行く。白出手前約500mで
雪が全面に出てきたためスキー歩行としMTBはデポした。

3.59 1510m 白出沢。ここからスキーを手に持ち約500m進み河原が最も近づいた地
点で河原まで下り川伝いに左岸を進むことにした。雪はそれほど多くはないがシール
で問題なく進めた。

5.09 1650m チビ谷出合。デブリは例年より少なかった。

5.33 1735m 滝谷出合。此処でもデブリはわずかであり石伝いに川を飛んだ。

6.21 1990m 槍平。ようやく到着。テントが5〜6張りと言ったところだ。
槍平の手前で単独スキーヤーを抜いた。抜いてしばらくして早川さんですか。と尋ね
られた。HP見てますと言われ,少し照れくさい。今日は大喰沢を滑ると書き込みして
あったのだ。このかたも2時過ぎに新穂を出たという。しばらく話をすると高山在住
の産婦人科の先生であった。奇遇である。今日中に帰らないとやばいと言っていた。
やはり職業上泊まりの山はできないそうである。僕と同じである。

飛騨沢はデブリもなく超快適でほぼ飛騨乗越付近までスキーで登れた。

9.26 3010m 飛騨乗越着。ようやく3000mを越した。ここから進路を右に取り大喰岳
をアイゼン歩行で目指す。

10.08 3101m 大喰岳着。今日は展望は良かった。槍の穂先に2〜3名見える。まだ静
かである。槍沢を登る人もわずかだ。写真を取りまくってさあ行きますか。

10.33 3101m 大喰岳発。山頂裏からエントリー少し下れば目の前に大喰沢が見え
た。雪はずっとつながりダイレクトに槍平近くまで落ちている。もちろん誰のシュプー
ルもない。急斜面に一気に飛び込んだ。ザラメの素晴らしい雪質だった。何処までも
落ちていく僕。これを極楽と言わないでなんと言おう。

10.59 2150m 飛騨沢合流。あっという間に標高差1000mを落ちて合流。あとは惰性
で下りるのみ。

11.21 1990m 槍平着。

11.24 1735m 滝谷出合。此処でまたスキー単独行に早川さんですかと尋ねられる。
スキーの達人村石さんであった。初対面だが固く握手を交わしてお別れした。彼は明
日滝谷を滑るという。みんな好き者である。

11.50 1580m 白出沢手前左岸スキー終了。ここから少し登り返して白出へ急ぐ。

12.32 1450m 林道MTBデポ。さあお楽しみのMTBショー。やっぱり持ってきて正解だっ
た。この楽ちんさは試した人でないと分からない。

12.56 1080m 新穂高着。バス停前で風呂に入り,村営食堂でビールを飲みながら
パソコンをちまちま打っている。今日は十分に時間がある。明日は深澤君と新穂で合
流し白出経由の奥穂ピストンである。

ベースはやはり新穂ですね。風呂有り,飯有り,ビ−ル有り,パソコン有りで至れり
尽くせりですね。

HOMEへ戻る