2019-2020の山スキー最新記録へ

 

 

1.白山初滑り2019.11.17

昨日は湯涌温泉に泊まって早起きして朝風呂に入ろうとしたら大魔人から白山初滑りのラインが入った。山頂から南竜分岐まで滑走可能だったようだ。ムムム、これは行くしかない。時間を計算した。朝飯は7時半、宿は8時過ぎには出れそうだ。自宅へ戻ってスキーの準備をして11時に別当出合を出れたとして6時間で往復できれば暗くなる前に下山できそうである。

果たしてうまくいくだろうか?そんなの関係ない、行くしかない。湯涌温泉から飛ばして自宅着、スキーとシールを出してスキーザックに荷物を詰め込んだ。最初から準備しておけば良かったが行くつもりはなかったから仕方がない。

自宅から飛ばして白峰へ、別当出合まで車が入れて10台ほど止まっていた。10時半過ぎスタートできた。最後尾確定、半年振りのスキー靴は重くて歩きにくし、一本橋を渡りガシガシ行くがスキーは重し、足も重しでペースは上がらない。

日がサンサンとしてメチャ暑いので半袖で問題なかった。雪は覗き手前から繋がった。甚之助手前で15cm、甚之助をカットするトレースありこんな物好きは大魔人しかいない、付いていく。少し藪っぽい、帰りは使ってなかった。南竜分岐まで来ると大魔人のシュプールがあった。ライン通りだ。ここから少し雪は増え20cm、夜明け前ならシール歩行可能だがこの時間ベチャ雪でダンゴ必発なのでツボ足で進む。

黒ボコ下で先行者が見えた。まずはこの人にロックオン、少しペースは上がった。弥陀ヶ原で抜いてここからスキー歩行した。弥陀ヶ原を抜け進路を左に取り室堂をパスして逆くの字から山頂を目指した。雪はまずまずだった。山頂手前でカチカチになりクトーを付けた。このまま山頂まで直にスキーで登り上げて登頂、奥社に移動してお参りをした。

これで明るいうちに下山の目処が立った。山頂からスキーで滑ろう。岩を抜けてダイレクトに滑走した。久しぶりの感触は嬉しい。弥陀ヶ原まで石を踏むことはなかった。ここでもう一人先行者を抜いた。黒ボコから観光新道斜面に入り黒ボコ下トラバースに合流した。しばし滑って石を踏む前に終了。標高差で500mチョイ滑降、初滑りとしては満足だった。

後はスキー靴でガンガン下った。17時前には別当出合に戻ることが出来て助かった。11月中旬の初滑りは例年並みだろう。雪さえあれば毎週白山でも良いがこれから先しばらく雪は降りそうもない、

白山初滑り詳細記録へ

10.33 1240m 別当出合
11.13 1500m 中飯場
12.30 1980m 甚ノ助小屋
13.35 2325m 黒ボコ
14.00 2450m 室堂
14.59 2702m 白山山頂
15.15 2702m 白山山頂発
16.15 1980m 甚ノ助小屋
16.53 1240m 別当出合

ホームへ戻る